人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Honey Ant

honeyant.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 14日

廃油石鹸と蜜蝋キャンドル

今日は同居人である「手作り石鹸まにまっく」のあきちゃんが廃油石鹸と蜜蝋キャンドルのワークショップをしました。

私も時々は石鹸つくりを見てるものの自分で作ったことがなかったので楽しみにしていたのですが、これがなかなか・・・予想以上におもしろかったです。←失礼?^^;

普通ならば捨ててしまう廃油を石鹸にできて、しかもそんなに手間がかかるわけじゃないし、食器洗いとかなら充分使えそうなので絶対にお薦めです!!

廃油石鹸と蜜蝋キャンドル_b0057979_0123754.jpgまず、苛性ソーダ(薬局で購入。薬物なので取り扱い注意です。水分と混ざると高温になるそうなので注意!!)を耐熱ガラスの中にはかり、もちろん手で触ってはいけません。そこにお水を入れます。ちゃんと混ぜながら溶かしていくとすぐに温度が80℃近くまで上昇します。

廃油石鹸と蜜蝋キャンドル_b0057979_017103.jpg

廃油をボウルの中に入れて50度ぐらいまで温め、苛性ソーダの入った水(お湯)も50度ぐらいまで温度を下げます。そして少しずつ廃油の中に苛性ソーダ入り水を注ぎながら混ぜ合わせます。廃油石鹸と蜜蝋キャンドル_b0057979_0205349.jpg

後はできるだけ保温しながら油が浮いてきたら時々混ぜます。ある程度固まってきたらパックの中に入れて1日置いてから型出しして好みの大きさにカットし、約4~6週間乾かします。
置いとけば置いとくほどマイルドになって石鹸も硬くなるそうです。


廃油石鹸と蜜蝋キャンドル_b0057979_0273699.jpg
今回は牛乳パックを利用して、コーヒー豆入りのものと小麦胚芽入りのものとを作りました。
しかも、保湿効果アップの尿素入り。1ヵ月後が楽しみ~~


そして待ってる間に蜜蝋石鹸を作りました。蜜蝋を溶かしてタコ糸を浸してどんどん蝋を巻き付けていく感じで太くしていきます。これがなかなか自分でするとかわいくなってすぐに形になるし楽しかったです。
廃油石鹸と蜜蝋キャンドル_b0057979_0431920.jpg

蜜蝋を溶かしてます。ちょっと温度が下がるとすぐに固まります。

廃油石鹸と蜜蝋キャンドル_b0057979_0485950.jpg


廃油石鹸と蜜蝋キャンドル_b0057979_0504798.jpg



←始めはこんなに細かったけど・・・



廃油石鹸と蜜蝋キャンドル_b0057979_0535995.jpg


←こんなに太くなりました!!




その他、サザエにろうそくの芯をつけて蝋を流したものとエッセンシャルオイルをたっぷり(私の大好きなラベンダー)入れてアロマキャンドルを作りました。
廃油石鹸と蜜蝋キャンドル_b0057979_0561433.jpg


# by honeyant | 2004-11-14 01:02 | Comments(0)
2004年 11月 13日

クリスマスケーキ

最近、クリスマスケーキの試作をしています。11月はじめには試作開始で、第1週目には案内が出せるようにと思っていたのですがなかなかできずやや焦り気味で作りました。

イメージは出来上がっていたのですが、思うように作れず・・・、あとイチゴもまだ出回ってないので個人でしている私としては手に入れるのも一苦労・・・。ようやく今日完成して写真に収める事ができた。というところです。

今年のケーキは4種類。
クリスマスケーキ_b0057979_3295113.jpg定番イチゴの生クリームのケーキはちょっとかわいくハートのクッキーを飾りました。全体的にイチゴもかわいい赤色なので「かわいらしい!」という感じですが、たっぷりの生クリームといちごってホント定番になるだけの事はある。という感じです。生地もしっとりふんわりと焼きました。



クリスマスケーキ_b0057979_3332080.jpgチョコレートのケーキは深い森をイメージした大人のケーキにしました。オレンジ風味のしっとり濃厚なスポンジにオレンジ風味のチョコムース、そして仕上げはオレンジのガナッシュを・・・オレンジの風味を利かせるため今年はサンドにフルーツは使わず作りました。そのかわり・・・?というか、上にはチョコがけしたドライフルーツをトッピング。なかなか大人の味に仕上がりました。

クリスマスケーキ_b0057979_3345415.jpgモンブランロールははじめは栗のシフォンを生地にして軽く仕上げようかと思ったのですがちょっとフワフワ過ぎてイメージではなかったのでチョコレートの生地にしました。間は生クリームにマロングラッセとカラメルがけしたクルミ入り。マロンクリームを上にかけて渋皮付の栗とイチゴを飾りました。


クリスマスケーキ_b0057979_3364291.jpg
そして今年のタルトはフルーツのタルトバナナのタルトの上にピスタチオを振りかけて焼き、カスタードクリーム、そしてたっぷりのイチゴとピスタチオを飾ってクリスマスカラーに。直径6cmのタルトレットと12cmのタルト、そして大きいものはクリスマスツリーの形をしたタルトにしました。


少し気に入らない部分もあるので手直しをしていきますが、とりあえずこれをベースに考えたいと思っています。

# by honeyant | 2004-11-13 03:39 | Comments(0)
2004年 11月 09日

アメリカのチーズ

最近ようやく英語を勉強する気になり、友達のあきらっちに教えてもらう事になりました。

以前は英語を今更勉強しても、私は日本にいるしあんまり必要ない。と自分に言い訳をしながら旅行とかに行っても友達に全部話してもらっていたので全く話せないし、中学校レベルもできないぐらい私の英語力は衰えてました。

だけど、ちょっと自分のしてる事や、自己紹介、そして旅行に行って何か聞こうと思ったときに話せるくらいの会話力を身につけようという気になり先月半ばぐらいから少しずつ習う事にしました。

英語の勉強って大変そうな気がしたけど、あきらっちは私の興味の持てる資料を持ってきてくれて楽しんで勉強できるようにしてくれています。今日もその英会話を習って来ました。
今日の資料は「シェーブルチーズ」。

私がチーズの中ではシェーブルチーズが一番好き。と前回話していたので用意してくれた資料でした。

そこには英語で書かれたシェーブルの説明が載ってました。英語の勉強として見てたのですがそこにはアメリカでのシェーブルチーズに対する言葉が書かれていてすごく興味深かったです。

日本語でのシェーブルチーズの説明とかしか見たことがなかったのでそれが万国共通だと勝手に思い込んでいたことを今日改めて思いました。

内容はシェーブルチーズというのは山羊のミルクで作ったもので他のミルクで作ったものと違う酸味のあるチーズである。と書かれてました。有名なのは「BANON,BUCHERON、MONTRACHET」である。・・・

まず私が感じた事は私の知る限り有名なシェーブルチーズは?という問いかけにはほとんどが「セル・シュル・シェール」とか、「ヴァランセ」などが挙げられているのに「BUCHERON]??「MONTRACHET」?「バノン」はかろうじて「ウン、ウン、山羊のチーズもあるよな。」という感じでしたが、「BUCHERON」ってどう読めばいいの?という感じです。

とりあえずインターネットで検索・・・でました!アメリカのページで確かにgoat's cheeseと書かれています。やっぱり有名なんだ。では「MONTRACHET」はどうだろうと思い、こちらは有名なブルゴーニュのワインの「モンラッシェ」というのがあったはず。とまずはカタカナ検索を開始。日本語のページがずらっとヒットし、やはりワインの事ばかりかかれています。ワインしかないのか~と今度はアルファベット入力で・・・「おお~やはり出ましたgost's cheese」

ミネソタモンラッシェという文字まで見つけてしまった・・・ということはアメリカでも作られているんだ。山羊のフレッシュチーズのようです。

私の勉強不足で知らないだけなのかな?とかも思いながらやっぱりアメリカでの情報と日本での情報って違うんだ・・・って思いました。

その後は山羊のミルクだけを使ったチーズだとか、ソフトなものやクリーミーなもの、形もいろいろありますよ。という説明があり灰がかかっていたり葉っぱがついていたり胡椒がついていたり・・・胡椒?そうなの?ふ~ん・・・と話が進んでいきました。

最後にきっちりとラップして要冷蔵、2週間以内に食べてください。それ以上は酸味が出るので捨ててください。・・・・

え~~~そうなの?もったいない!!2週間ぐらいで捨てちゃうの?
うそ~~~考えられないっ!

という感じでなかなか英語も勉強できるし、チーズに関するアメリカ事情、ついでに日本事情も調べたりするので良い感じの英語の勉強になります。こうなったらフランス語も勉強してフランスのチーズ事情も知りたい!!と夢は膨らむのでした・・・

# by honeyant | 2004-11-09 01:24 | Comments(0)
2004年 11月 07日

パンだらけ・・・

毎週日曜日は両親のお店の前で店頭販売をしてます。
ということで、土曜日は毎週朝から晩までず~~~っとひたすらパンを焼いてます。

今ももうすぐ終わりだけどまだ発酵中です。
お昼間は暑かったけどさすがにこの時間になると寒くて底冷えしてきました・・・
そしてこの部屋は明日出されるパンがあちこちに山積みになってあり、たまらなくいい香りがします。(この時間になるとお腹が空くんですよね~)でも我慢、我慢・・・

今日の季節商品は栗。グリーンレーズンと栗の甘露煮をちょっとハード系ライ麦パンで作りました。グリーンレーズンは甘みが少ないので栗の甘さとちょうどいい感じになります。
おやつでもいいし、生地自体は甘みがないので食事パンとしてもおいしい。

あと、新作は「オニオン&ベーコン」あめ色になるまでじっくり炒めたたまねぎとベーコンをハード系の生地にたっぷり入れました。そのまま食事パンとして最適!!

今回はこの他、「アップルロール」「ゴマとサツマイモ」などお菓子パンも焼いてます。

お昼過ぎまでは
大阪府守口市藤田町3-45-5  Cafe&Restサムスンにて販売
お昼以降は
大阪府枚方市香里南の町28-24トーカンマンション1F102
ブティック「ル・レーブ」
での販売になります。

お近くの方はぜひ遊びに来てくださいね。

# by honeyant | 2004-11-07 02:41 | Comments(0)
2004年 11月 05日

シュトーレン焼けました!!

ラム酒とブランデーの香りとほのかにスパイスの香りが漂い始めて・・・ピーンッ

オーブンが止まりました。いよいよオーブンを開けるとそこには大きくなったシュトーレンが艶々していました。すぐに上澄みバターを塗り・・・もう冷めたかな?と何度も確認をしてはもう少し待とうということで数時間、いよいよ試食のときを迎えました!!(かなり大げさ・・・)

まだふわっと柔らかいのでやっぱり何日か待ったほうがいいかな?とも思ったけどやっぱりこの香りには負けてしまい一切れ切って食べちゃいました。

おお~~なんとも言えないスパイスの香りとフルーツの甘みが・・・お・い・し・い・・・!!!
去年は簡易ラム漬けフルーツを使ったので(1週間以上は漬け込んだけど)やっぱり1年という月日はすごい!!全てのものが一体になってまろやかでしっとりしておいしかったです。

来年は絶対倍量仕込もうって思ってしまった・・・これでフルーツケーキなんか作ったら本当においしいだろうな。シュトーレン分が残ったら絶対つくろ。

シュトーレン焼けました!!_b0057979_23482870.jpg


# by honeyant | 2004-11-05 23:48 | Comments(2)