人気ブログランキング |

Honey Ant

honeyant.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々の日記( 132 )


2020年 07月 25日

見極め

発酵食や保存食を作る会をしていて、
「あ、そんなんになったら腐ってると思って捨ててしまうところ!」
とか、
「怖くて冷蔵庫に入れてしまった・・・」
とかの意見をよく聞きます。

発酵と腐敗は紙一重とよく言われるし、どの菌が優勢かと言うことで人間にとっての有益なのか害になるのか?と言う線引きなんだろうけど、見極めって本当に個人差があって難しいところだなって思います。

先日、梅にカビが生えてー。。と年配の方がおっしゃってて、カビを拭ってなんなら焼酎で拭いてから重石をしたいところだったけど、重石ができそうになかったので(梅酒用の瓶)うちの梅酢を梅が浸るぐらい入れて対処したのですが、
その時に、
カビが生えてるからそこをふくか、この梅を取りましょうか?と言ったら、
こんなんどうもない。とそのまま梅酢を入れて完了。

味噌についてるカビも、気にする人は気にするけど、全く気にならない人もいたりで、この線引きって何なのかなー?って興味深いところです。

おばあちゃんのお母さん、おばあちゃん世代、2世代前ぐらい。
家でいろんなものを作ったり漬けたり、保存したり。そんな家で適当に作ってるものをずっと見たり食べたりしていた世代はこれぐらいは大丈夫。と範囲が広くて、経験値が高いな。って思います。大丈夫範囲が広い。

でも、私たち世代は、お店で売られたり、お店で食べたもの(ちゃんと丁寧に作られたもの。もっと言うと、少しも失敗していないもの)が基準になっていて、
お家でも茄子に鮮やかなぬか漬けを求めるし、ふっくらジューシーな仕上がりの梅を求めるし、形の揃った、口当たりの良いものを求めがち。
そして、その通りにならなかったら、極端に言うと、捨てちゃったり、失敗した。と思って反省したり・・・。

昔の人って自分でいろいろ作っててすごいなーとか言う話をよくするけど、多分、今だったら失敗した!って思うことでも大丈夫判定だったんじゃないかなー??

昔は家で作ることが基準だったし、その家の味や作り方、大丈夫判定が行われてたけど、今はお店や他人の判定(SNSとか、メディアとか)が基準。それではやっぱり難しいだろうな。
見栄えが大事だし、私もだけど、伝える側に立つと、あんまり大丈夫大丈夫とも言い切れないし。
私だったら、大丈夫だけど、その後のリカバリが上手に出来ないと難しいなとかも思ったりもあります。

やっぱりその人の家状況によって、大丈夫とは言い切れない部分があったりで、そうなると、伝える時に殺菌消毒を徹底するよう伝えるし、腐敗だと思ったら捨てる勇気を!と伝えなければならないなーって。。モヤモヤです。

作り方やノウハウを伝えることができても、大丈夫判定はずっと家にいないとできないので、それを見極めていくことがそれぞれの家庭で作り上げていくことなんだろうと思います。
が・・・、今の食事情でどこまでそれが出来上がるんだろう??

梅干しにカビが生えてても、なんともない!と言い切って一緒に漬け込んだり、味噌にカビが生えててもなんともない!!と混ぜたり。の広い大丈夫範囲は今の時代には難しいんだろうなー。って少し寂しい気もします。

いろんなことがどんどん進んでいく感じ。寂しい気もするし、まぁそんなもんなんだろうなとも思うし。複雑。その時代に合うようになっていくんだろうな。




by honeyant | 2020-07-25 13:02 | 日々の日記 | Comments(0)
2020年 07月 12日

田舎に住みたいな。って思う方へ。

よく、田舎に住みたいけど、なかなか物件がない。という話を聞きます。
どこの田舎にでもある今の現状で、売り物件はまだしも、賃貸はなかなか出てこない・・・。
でも、街中の人がいきなり物件を購入するのも勇気がいる。
賃貸なら、気に入ったら交渉次第で購入という手段もあるだろうし、もし住みづらいな。と思ったら出ていく選択肢もあります。

私たちは幸いにも賃貸で物件を借りることができました。

田舎の人が賃貸にしたくない理由。いろんな話を伺うけど、やっぱり田舎と街は生活が全然違うし、変に負担しないといけない部分や、人とのつながりを大事にしないといけないことがたくさん出てくると思うのだけど、やっぱり、中には折り合いがつかなかったり、住んでみると想像以上に大変だったりですぐに引っ越ししてしまう。
というのを聞きます。

過疎の地域に少しでも人が入ってくれれば・・・。と思う反面、
来てくれてもすぐに出ていってしまったり、地域に協力してくれなかったり。さらに、賃貸で貸した時にいろんなことをそのまま放置で出ていったり。購入した物件も荒れ果てていってもそのまま放置・・・。

こういった話は、住む前は、ふーーん・・ぐらいに聞いていたのだけど、実際に住むことになって、
大家さん(ご近所のお婆さん)から、ここ使っても良いけど前の人が家財道具や粗大ゴミを置いていって・・・。
って。。
こちらでクリーンセンターを往復してあれこれ捨てたけど、
なんでこんな大きなのを勝手に置いていけるのか?って思うぐらいひどいです。

街中と違って口約束だから仕方ない。とか色々あると思うけど、こういうことが人に家を貸したくない理由の一つなのではないかな?って思っています。

田舎の人は本当に優しくて、まぁ仕方ないか・・・。で私からしたら泣き寝入りしてしまってる感じです。
大きな棚や不要な冷蔵庫、子供の服や靴、使えるかどうかわからない古いミシンやバイクまで!簡単に置いて引っ越ししていってしまいます。

お婆さんは、処分もできないし、どうしようもない・・・。という感じ。

別の物件では
畑を借りても道具もそのまま荒れ放題で放置。
飼っていた猫もそのまま放置。
野良猫だった猫をその家族が餌をあげて飼っていたのだけど、放置して引っ越し。
猫は寂しいのか?ご飯が欲しいのか??
地域の方のところに行ってずっと鳴いてます。
お婆さんが
「飼ってあげれんし、どっか行き」とずっと言ってるけど、一度人間からご飯をもらった猫はなかなか野良にはかえれないのか??

遠巻きで見ている私が辛い。
お婆さんも、猫も。

以前は、放置してるんだったら家を貸してくれたり活用してくれたら良いのになーって思ってたけど、
貸したくない理由ってあるんだろうな。って思い始めました。

不動産会社が入る、入らないということは置いといて、
どういう気持ちでいろんなことを放置して引っ越ししていくのだろう?結構そういう考えの方が多かったら、そりゃあ、貸したくない、貸したら地域に迷惑がかかるって思ってしまうだろうなって思います。

田舎の方が頭が硬いから・・・。先祖の土地を守りたいから。。。とか、もちろんそんな理由もあると思うけど、実際の事情を見てみると、なんとなく、あぁ、これは貸したくなくなるな。って思う気持ちもわかる気がします。

せっかく、みんなで綺麗にして貸してくれた物件をこのような形で引っ越ししたりするのを見ていると、感情的ではあるけど、残念で怒りしかないです。

なんか、色々と人間の活動を省みて、残念な気持ちと、自分自身のことも含めた反省とで複雑な気持ちです。
でも、どこかで伝えていきたいな。って思って書いてみました。

不動産会社が入るからちゃんと出て行かなければならないのか?
不動産会社が入らなかったら、適当でも良いのか??

物は捨てれるけど、命は簡単には捨てれないのに。。。
どうしたら良いのか?って思うたびに腹立たしい。

まぁ、こういうことに気づかせてもらった出来事なんだと思い、今からの行動を考えるきっかけにさせてもらったと受け止めるしかない。
と思うことにします。

この辺りの方は本当に優しいです。
なんだろう?何故こんなに優しいのかな?って思うぐらいなんだけど・・・。私の心が狭いのか?

田舎に住みたい。と思うし、住んで欲しいとも思うけど、
田舎だから適当にいって適当に引っ越しする。っていうことを避けてもらいたい。お婆さんが多くて、優しいからいつもニコニコしてくれて、なんでも許してもらえる雰囲気はあるけど、
でもちゃんと、
出ていくときはちゃんと綺麗にして出ていって欲しいな。
そして、私たちがもし出ていく時があっても、
ちゃんと出ていきたいな。って思いました。







by honeyant | 2020-07-12 22:53 | 日々の日記 | Comments(0)
2020年 07月 05日

オーガニックなもの・・・??

以前、お料理教室をしているときに、生徒さんが
「ここは安心できるものしかないので落ち着きます」
と言ってくださったことがあって、何かなー?
って思って、伺ったら、
「食にこだわったお料理教室に行っても、洗剤だったり、置いているものがケミカルなものだったりする場合が多く、残念な気持ちだった・・・。」
と。

また、ある生徒さんが、
「洗い物が苦手です」
というので、なぜ?と聞くと、
「いつまでもヌルヌルしていて洗剤が落ちているか分からないから」
という答え。

Honey Antでは、ヴィーガンなのであまり脂も使わずだし、ほとんど洗剤無くても落ちるのだけど、洗剤は自然に帰るものを使っています。一応、口にしても大丈夫なもの◎

ある時、他所でお料理教室があって、そこの洗剤を使うと、
確かにいつまで経ってもヌルヌル・・・・・・・。
あぁ、このことを言ってたんだなー。と。

たまに、他人に預けた何かしら・・・。例えばケーキの型だったりが返却された時の香り。。。

嗅覚って感覚の中で一番早く鈍感になりやすいとよく言われてるけど、逆を言えば、一番敏感な部分だったりもするのかな?
新しい(未知の)香りはすぐに反応する気がします。

しばらくすると慣れるのかもしれないけど、一番初めの香りってハッとします。
スーパーの中も生活用品の棚には近づけないし、ドラッグストアの近くは通れません。
多分、私自身が化学物質過敏症の症状までは出ないものの(少しは出てるかも・・・)何かしら体が反応します。

探せば確かにオーガニックなものや自然と寄り添うことができるものがたくさんあるけど、探さないと、どこで買うの?高価なの??な位置づけになってる気がします。

発酵食品が人気です。
今、流行りっぽくも感じます。

発酵って、難しくはなかったんだろうと思うけど、
多分、今の現代社会では、かなり難しくなってるんだろうな。って思っています。

食に関すること以外のケミカルな暮らし。
自然と寄り添わない暮らし。
人間本位の暮らし。。。

発酵は微生物との共存で成り立つものだから、
この発酵食をつくるというポイントだけに焦点をあてる作り方では続かないのではないかな???

食に対する考え方を、
人間本位から自然の一部に人間が存在する。という自然本位の考えにならないと
いつまで経っても人間ありきで、
自然から遠ざかっていくんだろうなって思っています。

畑をしていると、
100%人間が収穫しようとすると無理が出てくるけど、
良くて80%収穫できたら良し。
の考え方だと、ストレスなく収穫できます。

虫に食われる株があっても良いし、自然は虫たちのものでもあるし、そこに勝手に種を蒔かせてもらったわけだから。。。

でも、自然はすごくて、50〜80%の収穫はさせてもらえるのかなー?って思ってます。
あとは、鳥や獣害があるかな ??

発酵食も、全て人間本意にはできない。
でも、ちゃんとした環境を作ってあげること、待ってあげることを続けていくと
ちゃんと微生物たちはその環境にあった営みを始めてくれます。

ある一部分にポイントを置かず、情報に振り回されず、
自分(人間)が自然の一部であること、
自然を守ることで生態系が循環することを感じること。
が、
もしかしたら、発酵食を作る、畑をする、そんなオーガニックな暮らしの根本的なことなのかなー?とか思ったりです。

なんか、作り方とかそんなことはどこでも情報は得れるし、
さらに、作り方ってそんなに重要じゃないなって思ってて、生態系を整えることが
いろんな生活に役立つのではないかな?って思ってます。

分量や素材に拘らず、自分ができる範囲で心地よいことを、心地よい暮らしを考えていきたいな。。と思っています。

頭で考えず、
体感で感じることができる暮らしを。それは多分自分自身の暮らしで、他人にとっては“アカン“暮らしかも。でも、それで良いのかな???

他人に線引きされないオーガニックな暮らしを見極めていきたいなと思っています。







by honeyant | 2020-07-05 22:09 | 日々の日記 | Comments(0)
2019年 09月 21日

田舎(山間部)で暮らす楽しみをみつける。

2017年9月末に花背に移住。
京都市内で、まさかこんなに豪雪地帯があったとは・・・。とこの冬季(移住してから3月ごろまで)はただ、山の暮らしを堪能と言ってももちろん、何をするわけでもなく、雪景色を楽しみつつ、除雪に追われてました。

2018年の春に、このままでは生活が苦しくなる!と思い立ち、
街のイベントに出展させてもらったり、お料理教室などをさせてもらったりで忙しい毎日を過ごさせてもらってました。

ふと、街で仕事。帰ってくる山に癒される。。。
けど、せっかくの田舎暮らしのことはなかなかできない。と気づき、

私が街に行くより、
「せっかく京都の街中からこんなに近いのだから是非遊びに来てもらいたい。」
「田舎体験も私もしたいし、体験もしてもらいたい。」
「こんな山の中に暮らし始めたのだからこの体験を満喫したい!」

ということを思い始め、街での仕事を少しお休みさせてもらって、
(街中出店をお休みさせてもらったりです。左京区すみれやさんの月2回のお料理教室は開催してます!)
花背での田舎暮らし、体験を生かせる暮らしを楽しんでいただけたらなー。。と
少し活動方針を変えてみました。(今年の春先ぐらい・・・)

何がしたいだろう?
私だったら何がしたいかなー?
みんなで楽しめること・・・。

畑、田んぼ。
保存食作り。
山野草を採る。食べる。暮らしに生かす。
川遊び。魚釣り。
散策。
火起こし・・・。

火をつけるって、意外に大変。
安全面の確保ももちろん。
火をつけるという恐ろしさや怖さ。でも、火があるからこその今の暮らし。

水も電気もガスも。
ボタン一つで簡単に効率よく供給されてるので、本当に気がつきにくいけど、
飲み水を確保すること、日常の火をおこすこと(暖をとる、ご飯を作るなど)
本当に大変で、燃料を集めたり効率よく燃やしたり。

小さい頃から慣れ親しんでいると、特に問題なく簡単に火を起こせるのだろうけど、私なんか、全く火を起こしたことがないので薪ストーブもなぜ薪に火がつかないのだろうーーー??って
(でも、実際はそんなことすら知らなかった・・・火がついたら勝手にすべてのものが燃やされてしまうと思ってました・・・(汗))

そんなことで、火をおこすことの体験って今は街では無理だし、もちろん田舎でも場所や安全を要することだけど、
街よりは比較的体験しやすいのかな?と思っています。

煙が出てもそんなに問題なしです。

私はパンを焼くので、石釜でパンを焼くのはやってみたいことの一つだけど、
今はまだそのタイミングではなくて、でも、ピザぐらいは焼きたいなー。

そんな時に、ロケットストーブで毎日パンを焼いている南丹市八木町の星野さんと花背で再会。
そのタイミングで、同じ花背内でロケットストーブを作りたい人たちが!!
ということで、先日、わざわざ花背までロケットストーブを作る&パンを焼いてくれる講習会を開催してもらいました◎

お話会だけでも良いけど、聞いてもなかなか作らないだろうから一緒に作って欲しい。というお願いをして、材料も揃えてもらったり、あらかじめ大変な加工もしてくださってたりと、至れり尽くせりなW.Sでその日のうちに完成。そして、みんなお家に持って帰ることができました。

小さな枝を入れて火をつけたらシュゴーー!!と炎が出てすごい!いきなり!とびっくりです。
こんな簡単に火がつくんだったら、私でもできるかも!?とかまぁ、見てたら簡単なんだけど・・・。
さらに、発酵完了のパン生地を持ってきてくれてて、その場で20分ほどでパンを焼いてくださいました。
パンを温めるのではなくて、パンを焼いてくれてこんな簡易で焼けるんだったらー。。。とびっくりの連続です。

まぁ、もちろん星野さん自身が長年の経験値があるのでいきなり同じにはできないけど、できる可能性を見せてくれたというか・・・。

火の扱いが慣れてる人って本当に、簡単にあれこれするなーって感心します。
先日の花背ワンダーランドでも松橋雑貨店の松橋さんたち石窯チームが数日でさっくりと石窯を作られたようで、そんな簡単にできるの!?!?って本当、皆さん多才で器用。
ちなみに、京北(山国)の松橋雑貨店さんの店内は改装を重ね、壁を抜いてピザ窯を作ったという、本気ですごい人です。そして、ピザもコーヒーも美味しいです。

ちょっと話が逸れましたが、
そんなことで、うちにも火のある暮らし第1弾でロケットストーブが来ました。

まずは短時間でお湯を沸かすことを目標に。
そのうち、簡易ピザ窯をもらったのでそれでピザを焼いたり、星野さん方式のパンを焼いたりしてみたいと思っています。
焼き芋も!!(笑)

至れり尽くせりなロケットストーブ作り。ホントにありがとうございました。
やっぱり一緒に作ってもらっててよかった。構造を聞いても多分部品を揃えるだけでもう面倒になってしまいそう(汗)

田舎(山間部)で暮らす楽しみをみつける。_b0057979_10501097.jpg
色々なコツも。
作り方自体は結構シンプルで簡単です。
田舎(山間部)で暮らす楽しみをみつける。_b0057979_10460263.jpg
星野さんロケットストーブ。
あっという間に火が出ます。上部でお湯を沸かしたり。
田舎(山間部)で暮らす楽しみをみつける。_b0057979_10461493.jpg
そして、まぁまぁ大きめの手のひらサイズ越えぐらいのふっくらパンがあっという間に焼けました!びっくり。
田舎(山間部)で暮らす楽しみをみつける。_b0057979_10461931.jpg
そのあたりに落ちてる草木が燃料です。
田舎(山間部)で暮らす楽しみをみつける。_b0057979_10471868.jpg
お湯を沸かす。
田舎(山間部)で暮らす楽しみをみつける。_b0057979_10465598.jpg
朝のコーヒを淹れる。
田舎(山間部)で暮らす楽しみをみつける。_b0057979_10474428.jpg
田舎(山間部)で暮らす楽しみをみつける。_b0057979_10464552.jpg
サンドイッチで朝ごはん◎
田舎(山間部)で暮らす楽しみをみつける。_b0057979_10480816.jpg
灰は畑へ。
灰はカリウムで、実のなるものはカリウムが必要だそうだとこの前聞きました。
なので、今は茄子のそばに撒いてます。
田舎(山間部)で暮らす楽しみをみつける。_b0057979_10475535.jpg
お天気が良かったら、外でご飯。
本当、気持ち良いです◎

田舎(山間部)で暮らす楽しみをみつける。_b0057979_10591875.jpg
田舎(山間部)で暮らす楽しみをみつける。_b0057979_10592769.jpg
花背でピザやパンを焼いて食べたりしたいなーと思ってます◎
またできるようになったらご案内しますねー。














by honeyant | 2019-09-21 11:09 | 日々の日記 | Comments(0)
2019年 07月 05日

梅雨に入った畑

春から梅雨に入るまで、いつになったら暖かくなるのかなー?っていうぐらい朝晩は冷えたりで、畑の植物たちもなかなか大きく育たずでどうなるのかなー??という感じでした。

ズッキーニとキュウリにウリハムシがたくさんついて、キュウリは4〜5苗ダメになってしまって、ズッキーニも5つ定植したのち、今残ってるのはほぼ2つ。二つは完全に消えてしまいました。。

茄子は、びっくりするぐらい成長遅く、ご近所さんからは
「夏は無理やねー秋茄子やね。」と言われたぐらい。
この辺りはタネから育てるのは難しいよー。苗は買ってる。と言われました。
そうやんなーー。。。

トウモロコシ、オクラもゆっくりで、どうなるものやら・・・。

と思ったら、梅雨に入って雨&気温が上がったら、ちょっと待って!!というぐらい植物たちが成長。
雑草もすごいし、育ててる野菜たちも急に元気。もちろん、虫たちも元気!!!!


今年は大玉トマトに挑戦してます。
春に大玉トマトの種まきをしました。

プチトマトも少し蒔こうと思ったら、
なんと、去年あんなに取れたのに種取りするのを完全に忘れてて一つも残ってない!!!

仕方ない。今年は大玉だけ育てよう。
と、思ってたのですが・・・・・、

ズッキーニ、キュウリ、茄子などを苗ポットでタネから育ててたら、なぜかトマトが発芽。
?????

なんで??

考えられるのは、苗ポットに入れた土。
この土は、毎日出る生ごみを畑の端の方で土と葉っぱと混ぜておいているものだったそうで、その中に去年虫に食べられたり、傷んでたりしたトマトの種が残ってたのかもー?ということになりました。
えーー?ほんと?そんなことってあるのーー??
不思議。
しかも、トマトだけ。

それだったら、かぼちゃの種とかも絶対捨ててるはずなのに。なぜトマトだけ発芽??

不思議不思議。自然の不思議。

まぁ、でも、せっかくなのでトマトも植えました。

そんなことで、結局今年も大量トマト。しかも何ができるかはできてからのお楽しみ〜。みたいな感じになってしまった(汗)

それでも、やっぱり今年もトマトが順調です。
肥料もマルチもせず、かなり適当なのでなかなか育たないけど、しかも、トマトの上に雨がかからないようにカバーをするのだけどそれもせず。(というか、範囲が広すぎてできず。)

こんなに毎年トマトを育てる気でもなかったのに、なぜかトマトメインに。

さらに、今日、畝にアリが巣を作っていて、それを偶然発見したのでその巣を取り除き、そこを補うためにまたその生ごみ堆肥土を補ってたら、何か発見。

なんと、もう直ぐ花が咲きそうにまで成長してるトマト(汗)

何それ??

しかも今の今までまったく気がつかないぐらい埋もれてたのに。。

自然ってすごいな。
人間ってなんだろうな。。。。。

ミミズが多くて、見たこともないぐらい大きなミミズがいるけど、
そのミミズを狙ってモグラがくるしで、土の中穴ぼこだらけ。

自然の循環って人間の思い通りにはいかないんだなーー。。。。

ほんと、興味深い。

まぁ、みんなが住みやすい畑になってきたということでー。。
まぁまぁ、作物も楽しむぐらいはいただけてるので良しとします◎

とにかく、これからの畑が楽しみです。

ハーブたちはわさわさしてます。
そんなハーブを使ったお料理教室します。

畑から気づくことが多くて、それらを生かしたお料理ができて、それだけでほんと、嬉しい。
7月14日(日)11:00~14:00.
鞍馬駅まで送迎しますー。
是非是非、ご参加ください。


今日の畑。
育ててるのか、雑草なのか??
梅雨に入った畑_b0057979_22141293.jpg
狙いすぎて、トマト写真はいつもピンボケ。
トマト、できてきてます。
梅雨に入った畑_b0057979_22134553.jpg
大家さんからもらったそうめんカボチャ
梅雨に入った畑_b0057979_22133644.jpg
梅雨に入った畑_b0057979_22132933.jpg
去年のこぼれ種。多分エゴマ。
梅雨に入った畑_b0057979_22132364.jpg
やっとーーー!!念願のズッキーニの雌花っぽい!!
大きくなりますようにー大きくなりますようにーーー(祈)
梅雨に入った畑_b0057979_22130912.jpg

キュウリ。
もうダメかと思ってたのにちゃんと育ってくれてて嬉しい。
梅雨に入った畑_b0057979_22130571.jpg
青しそ。
バジルとともにトマトのコンパニオンプランツ。
梅雨に入った畑_b0057979_22130153.jpg
小さな茄子。
これでも大きく成長した方。
梅雨に入った畑_b0057979_22125535.jpg
ご近所にある木苺。これはかなり美味しいやつです◎
梅雨に入った畑_b0057979_22135481.jpg
来週ぐらいピークか??と狙ってます。
梅雨に入った畑_b0057979_22140054.jpg
ちょっとだけ収穫。
この木苺は前回のより相当美味しい◎
梅雨に入った畑_b0057979_22140495.jpg





by honeyant | 2019-07-05 22:19 | 日々の日記 | Comments(0)
2019年 03月 22日

畑のこと〜2019春

2017秋〜2018初春はこちら
2018夏はこちら
2018秋冬はこちら

冬の間は雪に埋まってた畑が春になって
今年は暖冬で早くに雪解け◎

早速空いてる畝に
えんどう豆、スナックエンドウ、絹さや、そら豆を植えました。

畑のこと〜2019春_b0057979_22530490.jpg
畑のこと〜2019春_b0057979_22530993.jpg
雪解け後の玉ねぎ。
畑のこと〜2019春_b0057979_22551060.jpg
残ってた(放置してた)いちご。
ランナーをとって別の場所にも植えてます◎
畑のこと〜2019春_b0057979_22550359.jpg
ずっとわさわさのイタリアンパセリ。

畑のこと〜2019春_b0057979_22551651.jpg
ジャガイモ、ほうれん草を植えたり。

3月は街に行く機会が多くて日常というか仕事でバタバタ。
家の裏なのになかなか畑に行けず・・・。

少し落ち着いた時に行ってみると、
畑のこと〜2019春_b0057979_22553209.jpg
えーーーー!!!びっくり。
お花畑!とは言っても、雑草の小さなお花畑が1畝。

ハコベ

畑のこと〜2019春_b0057979_22552773.jpg
所狭しとオオイヌノフグリ
畑のこと〜2019春_b0057979_22554302.jpg
畑のこと〜2019春_b0057979_22553791.jpg
畑のこと〜2019春_b0057979_22554924.jpg
畑のこと〜2019春_b0057979_22555468.jpg
残ってた大根とオオイヌノフグリ。
畑のこと〜2019春_b0057979_22560181.jpg
雑草を見たら地力がわかるというらしく、去年はずっとススキしか見てなかったから、本当に呆然と、本当にこんな工事現場みたいな場所で畑ができるのかなー?とか思いながら(少し諦めながら)タネをまいてたけど、
なんと、今年は花がつく雑草がたくさん!!!(一畝だけど)
なんて嬉しい光景。

1年で、ちゃんと変わるんだ。
タネを蒔くって本当にすごいことなんだー!
と実体験できました◎

そして、面白いことに、奥の畝はよもぎがたくさん。
その場所にはオオイヌノフグリもハコベもホトケノザもない。
そして、
小さなお花が咲いてくれた畝にはよもぎはない。

なんという生態系。すごーー。ただただ、感動。
畑のこと〜2019春_b0057979_22560852.jpg
畑のこと〜2019春_b0057979_22561315.jpg
畑のこと〜2019春_b0057979_22561933.jpg
雪が溶けて小松菜。
董立ち始めた頃に収穫。美味しくいただきました。
畑のこと〜2019春_b0057979_22562438.jpg
冬の間に2回ほど鹿に入られた時にたくさんのお野菜が根こそぎやられたけど、かろうじて残ってた白菜。
こちらも董立ち始めたので収穫。
柔らかで美味しかったです。
畑のこと〜2019春_b0057979_22562984.jpg
自然、植物、人間も含めて本当に興味深いなーと思いました。

農家さんになりたかったわけではなく、ただただ、自然と共存することってどんなことなんだろう。本当に体験、体感することしかわからないであろうと思って移住を決めた1年半前。
こんなに感動の毎日を過ごせると思ってもみなかったなー。

普通にどこにでも生えてる雑草を見て、こんなに愛おしいを思えるとは(笑)

来年は、畑全体が青、白、紅のたくさんの雑草の咲く畑にしたい。

本当に収穫というまでもないのだけど、こうやって自然が人間の手で変化していくこと、人間の手にかからないと森化していくこと(荒れていくこと)を体験できただけで本当に素晴らしい1年でした。

今後、どんな風に変化していくかは全く想像できませんが、できるだけ自然の形で、無理なく循環できるように、そんな自然との付き合い方を体験していきたいなと思っています。

絶望的だった畑のこと、本当にこれで良いのか?と不安だった時に
いただいたたくさんのお言葉。
「1年経ったら、絶対に変わるから頑張って」
「山野草は1種類だけ植えたらダメよ。たくさんの共存で成り立つものだから」
「ススキは必要だから生えてる。それも活用できるように頑張って」

なんか、数々のお言葉をいただいて色々な場面で心に残る言葉があって、無理せずに続けてこれたのかな。って思っています。

たくさんのタネが必要。
だからたくさんのタネを取っておこうと思います。

畑から見えてくること、日常のこと、本当にいろんなことを思いながら、今年もたくさんタネをおろします◎

もっともっと伝えたいことがたくさん。
美しい植物がたくさんです。

少しずつ、ご紹介していきますね。

今年の夏のタネを今月中にーー。。
花背の種まきシーズンは短(過ぎる)のです。



by honeyant | 2019-03-22 23:22 | 日々の日記 | Comments(0)
2019年 03月 22日

畑のこと〜2018秋、冬

2017秋〜2018初春はこちら
2018夏はこちら

そんなことで、とにかく、育てたいものも、育てたくないものもぐんぐん育ち、来て欲しくない虫も来て欲しい虫達もどんどん来た夏。

山間部花背の夏は1ヶ月ほど短くて、すぐに朝晩は寒くなってきます。
そんなことで、夏野菜は急激に枯れ始め、あっという間にハーブ達も枯れていきました。

秋冬に、初冬に収穫したいもの、春になって収穫したいものを植え、12月に入ったら、雪で覆われる前に必要分を収穫。
そう思うと、結構タイトな秋冬野菜ですねー。

オクラの種取り。
上京区でプランターで育ててたオクラは、ご近所さんに
「こんなにヒョロヒョロのオクラ、見たことないー!」と笑われたけど、
畑で育てたからしっかり大きく育ちました!

畑のこと〜2018秋、冬_b0057979_22241719.jpg
葉物混植。
真ん中に白菜、ビーツ、カリフラワーなどを植えて、周りにレタス、菊名、水菜、壬生菜、ラディッシュなどなどを蒔きました。

畑のこと〜2018秋、冬_b0057979_22241061.jpg
大根!
大根って簡単と聞いてたけど、ほんと、簡単。
ちゃんと間引いてあげるとちゃんと育ってくれてました。
ただ・・・・・、細かったけど(苦笑)
畑のこと〜2018秋、冬_b0057979_22240294.jpg
小松菜。
小松菜は暑い内は虫達に食べ尽くされたけど、ちょっと気候が変わると全く食べられなくなりました。
なんでだろう?混植のおかげなのか?不思議。
畑のこと〜2018秋、冬_b0057979_22242431.jpg
畑のこと〜2018秋、冬_b0057979_22243017.jpg
春に収穫用の玉ねぎやらニンニクを。
花背は豪雪地帯なのでニンニクが美味しいらしいとのことで、思い切って
高級ニンニク”ホワイト六片”を植えました◎
あとは、持ってたニンニクも植えました。
畑のこと〜2018秋、冬_b0057979_22243601.jpg
畑のこと〜2018秋、冬_b0057979_22244447.jpg
そんなことしてるうちに冬。
冬は雪で覆われるので畑仕事はお休みです。

この雪の下で、本当に植物って大丈夫なのかなー??とかほんと不思議すぎます。
畑のこと〜2018秋、冬_b0057979_22245057.jpg

花背は山間部豪雪地帯なので、農期がほんと短いです。
春は雪解け3月からだけど、まだまだ霜が降りる要注意時期。秋は、9月には朝晩寒くなってくるし、10月には霜が降り始める感じで、4〜9月までの5ヶ月が良い頃なのかもしれないけど、そのあたりで豪雨やら台風やら・・・・・・。

花背で農家さんは本当に大変。
でも、工夫してこの地でたくさんの農作物を作られていること、昔からずっと受け継がれてるものがあることがただただすごいなーって思います。

畑をするためだけだったら、この地はあまりに向いてないかもしれないけど、私にとっては、収穫が目的ではなくて、畑をして、そこで暮らす(保存食などを作る)ということを体験したかったので、色々と勉強になります。

ご近所さんを見ていても、お話を伺っても、漬物などのお裾分けをいただいたりしても、この地で工夫しながらそういったことを毎年繰り返しされてるんだなー。といろんなことを勉強できます。

土ってすごいな。自然ってすごいな。
人間って本当にすごいな。。。。





by honeyant | 2019-03-22 22:43 | 日々の日記 | Comments(0)
2019年 03月 22日

畑のこと 2018夏

ススキだらけ荒地の開墾を進めて、2018年夏。2017秋〜2018春はこちら

トマト、ピーマン、韓国唐辛子、ズッキーニ、オクラ、ハヤトウリ、パプリカ、とうもろこし、大豆、その間に紫蘇、バジル、パクチー、ディル、イタリアンパセリ、オレガノ、タイム、セイボリー、ミント、レモンバーベナ、などのハーブ達もとにかくいろいろと植えました。
発芽してないけど、カレンデュラ、カモミール、人参の種もたくさん蒔いたのでそのうち出てきてはくれないものか・・・。と思ってます。

自分たちが育てようと思う種、苗だけでも入りきらないのに、ご近所さん達からあれこれをたくさんもらう。ので、ぎゅうぎゅう。夏の間は畝じゃないところにまでとにかくあれこれと植えてました。

とうもろこしと大豆の混植。
大豆は鞘ができるまでは順調だったけど、多分日照り続きで実が入らずでした(涙)
とうもろこしは、ヤングコーンもたくさん取れて美味しかったし嬉しかった◎

畑のこと 2018夏_b0057979_21111016.jpg
菊名の花。可愛い花。
種もたくさん撮りました。
上京区時代から採ってるので多分3年目。
畑のこと 2018夏_b0057979_21115403.jpg

味噌用に大豆をたくさん。
間に人参の種を蒔いたのだけど、全く発芽せず(涙)この畝は全くの不耕起栽培なのでこのままずっと不耕起で続けたら、きっといつの日か人参が発芽するのでは?と思っています。
畑のこと 2018夏_b0057979_21120114.jpg
水菜かな?の鞘。タネ採りました◎
種取りって本当に時間も場所もかかるしで大変。でも、ずっと続いてくれると愛おしくなってくるのでできるだけ種を取り続けたい。

畑のこと 2018夏_b0057979_21121232.jpg
オクラ、ズッキーニ、かぼちゃ、ハヤトウリ、ハーブ達、トマト、なんかあれこれを植えた上段畑。
畑のこと 2018夏_b0057979_21121794.jpg
上段畑から見た下段畑。
もうこの頃になるとワッサーととにかく草だらけ。
この辺りは鹿も多いので、山蛭(ヤマビル)とマダニがうじゃうじゃ。どんなに暑くても完全防備で外に出ます。
しかも、アブ、ブヨ、蜂も多く、危険がいっぱい。

朝早起きしてまずは畑仕事!と勢いで早起きした1日目にブヨに顔を3〜4箇所刺されてパンパンに膨れました(涙)

畑のこと 2018夏_b0057979_21122204.jpg
雑草が生えることができないぐらいの食べれる草で覆い尽くすのが夢(笑)目指すはどこを採ってもたべれる畑。
畑のこと 2018夏_b0057979_21122888.jpg
とにかく、いろんなものがワッサー!
夏ってすごい。毎日見てるだけで幸せな畑。
畑のこと 2018夏_b0057979_21123493.jpg
在来種のとうもろこし。今の甘いとうもろこしじゃないけど、ヤングコーンも取れたし、もちもちしてて美味しかったです。
畑のこと 2018夏_b0057979_21123976.jpg
大豆とトマト。その間にバジルや紫蘇やあれこれが生えてます。
畑のこと 2018夏_b0057979_21124683.jpg
畑のこと 2018夏_b0057979_21125065.jpg
春蒔きのハーブ達がどんどん花を咲かせてくれてます。
種取り用。
畑のこと 2018夏_b0057979_21125748.jpg
大好きなディル。
葉っぱも花も香りも種もつき方も大好きでずっと育ててます。
ディルも種取り3年目。

畑のこと 2018夏_b0057979_21130871.jpg
畑のこと 2018夏_b0057979_21131481.jpg
畑のこと 2018夏_b0057979_21131940.jpg
畑のこと 2018夏_b0057979_21132549.jpg
畑のこと 2018夏_b0057979_21133066.jpg
夏の終わりには、台風なんかもあって、もうぐちゃぐちゃ。
大豆は結局ものすごい数を蒔いたけど、全く実が入らず。
トマトは出来すぎてプチトマトがマイクロトマトに。でも、たくさん出来すぎてトマトケチャップにできたことが一番嬉しい。
ドライトマトもたくさん作りました◎

そんな夏の野菜を終えるか終えないか・・・いつ終えたら良いのか・・・?タイミングを逃しつつ、秋冬の野菜の苗を育てたり、開いたところに大根や葉物、ブロッコリー、カリフラワー、小松菜、ほうれん草、白菜、ビーツ、高菜などをどんどん蒔きました。

ほんと、たくさんの写真を撮りすぎていて整理つかないぐらいだけど、作物が育つことって本当に見てるだけで飽きません。
肥料もあげず、水やりもせず、ずっと見てました(苦笑)

今になって思ったら、大豆に水やりすればよかった・・・・・
でも、水道がないのでバケツを持って往復しないといけないのです。絶対ムリーーーーーー。

そんなことで、収穫はそんなだったけど(贅沢)
でも、毎日が楽しくて幸せな夏を過ごしました◎

ほんと、育つってそれだけで嬉しい。




by honeyant | 2019-03-22 21:37 | 日々の日記 | Comments(0)
2019年 03月 22日

畑のこと 2017秋〜2018春

2017年の秋に山間部花背に来たので、今でちょうど1年と半年。

小さなお家と裏の畑をお借りしてすみ始めました。
裏の畑は、草刈りだけしてくれたら何してくれても良いよ。とのことで、畑をしますというと、
「開墾というより、開拓やけど頑張って。。」と言われました。

こんな感じ。
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16135234.jpg
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16134079.jpg
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16134570.jpg
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16134806.jpg
ちなみに、この写真は草刈り後なので、まだマシな感じ。草刈りする前は、もっと絶望的。
ススキだらけ、不明の木もたくさん。ワイヤーやロープも絡みまくり、天板もあちこち散らばってる状態。

どこから手をつければ良いのやら。。状態でした。

秋だったのですぐに冬。
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16163730.jpg
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16164864.jpg
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16165367.jpg
左京区とはいえ、豪雪地帯。
まさかの雪国体験。

それでも、2月、3月になって日の当たる場所が溶け始め、初めての畝を作りました。
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16170131.jpg
なんか植えようということで、イチゴを植えるも、獣害対策ができていなくてあっさり鹿に食べられる(涙)
その後、頑張ってススキノ根っこと戦いながら開拓&開墾作業
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16254730.jpg
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16261102.jpg
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16253826.jpg
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16272946.jpg

ススキだらけ、石だらけ、鍬では到底無理なのでツルハシを使う。
何十個ものススキを一つ一つ根っこから掘り起こして掘り返したらなんとなく畝を作るを繰り返す。

畝ができたら嬉しいのですぐ種まき。

畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16293420.jpg
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16310462.jpg
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16311115.jpg
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16311788.jpg
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16312265.jpg
色々な種類のタネをこれでもかというぐらい蒔いていって、一つの畝には数種類の科目を植えるように。
虫にやられたり、もしくは収穫したりで空いた場所にまたすぐにタネを入れたり。
雑草だか育ててる野菜かよくわからないぐらいあれこれと発芽(笑)

畝を作ったらタネを植える。
また開墾して畝を作る。タネを植えるの繰り返し。

畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16352986.jpg
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16353437.jpg
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16370755.jpg
ソラマメの花。
開墾しながら季節は進むのでどんどんと花が咲いたり収穫できたり◎
肥料もやらずなのだけど、ちゃんとお花も咲いてくれてほんとそれだけでも嬉しいのに、小さかったけど豆も少しだけつけてくれました◎
でも、やっぱり、肥料ってすごいなーって思う。
本当に成長は遅いし、実が大きくならない。

この間に、家からの生ゴミコンポスト(といっても土と葉っぱと混ぜてるだけ)を畑の脇で作り始めました。
土ができたら、畑に返して栄養になってもらう作戦。

畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16371878.jpg
開墾しながらススキと石と格闘してたら、野蒜がたくさん。
野蒜も収穫しつつ開墾作業。
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16371265.jpg
いろいろ植えたものが少しずつ成長。

畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16415963.jpg
かぼちゃが発芽
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16420836.jpg
一番初めに作った畝のイチゴの畝。
周りにハーブやら菊名やらなんかいろいろと蒔いてます。
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16421847.jpg
イチゴ!
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16420419.jpg
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16421316.jpg
レタスとジャガイモだったっけな??
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16423056.jpg
2番目に作った畝のえんどう豆と、サラダ菜&ハーブ達がスクスク成長。
このえんどう豆、普通のスーパーで売ってるえんどう豆の中で発芽してたので植えてみたらものすごく元気でたくさんいただけました◎土ってすごい。
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16422464.jpg
同時進行で苗をポットで育てる。
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16464035.jpg
2018夏前。
だんだん畑らしくなってきました◎
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16464446.jpg
上段もなかなか畑らしくなってきてる。
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16465200.jpg
レモングラス。夏の間に株を大きく育てようと畑に移植。
冬の間は部屋の中で越冬。
ちなみに、越冬2年目で無事です。
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16464862.jpg
えんどう豆。水菜だったか、花が咲き始めました。種取り用に咲かせてます。
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16465601.jpg
ものすごく長くなったので、夏編に続く。。(笑)
夏前頃にはこんな感じ。
畑のこと 2017秋〜2018春_b0057979_16505232.jpg



by honeyant | 2019-03-22 16:52 | 日々の日記 | Comments(0)
2018年 10月 31日

秋の畑

去年の秋、9月の末に花背に引っ越してきたのでようやく1年が経ちました。

長かったような、早かったような・・・。
毎日が知らないことの連続で日々勉強、小さなことから大きなことまで新しい出来事があって、大変なこともあるけど、来て良かったなーと思うこともたくさんあります。

畑をする、少しでも野菜を作るということを体験したかったのもあったので、まだまだだけど、二人にしては大きな畑だし、工事現場みたい(石だらけ)だけど、一応作物も育っています。

獣害は、先日鹿に入られてしまって、名残の夏野菜の葉っぱを全部食べられたので諦めもつくというか・・・、まぁ、大根とかは残ってたしよしとするか。。
みたいな感じです。

今年は、梅雨が大雨で、そのあとの酷暑、さらに大きな台風続きで、初めての畑にしては相当大変な年だったのでは??(苦笑)
トマトはたくさんできました。プチトマトとソース用の中玉トマト。
韓国唐辛子はまぁまあ・・・。
オクラ、きゅうり、ゴーヤ、かぼちゃ、パプリカ、とうもろこしは数えるほど。
ズッキーニはほぼできず。
大豆はまったく実が入らず。鞘はできたのだけど水不足かなー??
ハヤトウリは秋の収穫を目前に鹿に食べられました。

葉物などあれこれは適当に収穫できました。

肥料もあげずで石もそのまま、耕すことさえしていない畝もあった割には良しとしないとな。。

とか思うものの、やっぱりうちの畑は全然畑らしく見えないしで、やっぱり肥料って必要かなー??
あげようかなーー??と何度も思ったり。

でも、この1年で落ち葉堆肥や、生ゴミコンポストなどで土を少しずつ作って来たのでそれらを畑に戻していくつもりです。

あと、目的の一つでもあるハーブたちも定着しつつあったりで嬉しい。
タネから、苗からで増えて来てます◎
先日は、ご好意で別所のラベンダーの苗もたくさんもらったし、この土地で育った苗なのできっと元気に育ってくれるはず!!

〜今の畑〜
少しずつ秋冬野菜の芽が出て来ました。

小松菜
もう少し大きくなるかと思ってるのだけど、虫に食われるばかりで大きくならない(涙)
秋の畑_b0057979_12522938.jpg
大根
大きく育って来ました!嬉しい!!
秋の畑_b0057979_12523463.jpg
第二弾小松菜。
出揃ってます◎
秋の畑_b0057979_12524206.jpg
小カブも発芽。
小カブはあちこち蒔いてるので、楽しみ◎
秋の畑_b0057979_12525523.jpg
葉物野菜もそろそろ大きくなって来たので収穫。
わさび菜もわさわさ。。
秋の畑_b0057979_12521752.jpg
水菜
秋の畑_b0057979_12530455.jpg
ニンニク
秋の畑_b0057979_12532903.jpg
ニンニクと玉ねぎも植えました◎

あ、そういえば生姜もできてたなー。。
あちこちに植えてるので、何がどこでできてるのかイマイチ把握できてない。
畑計画もちゃんとしないといけないのだろうけどなー。。。。

ご近所のベテランさんたちが「もうあれ植えたか?あれは早いで・・・」と教えてくださるので色々と参考にしつつ、苗とかもたくさんいただくのでそんなのも植えつつで楽しく畑をしています。
あまり実りがなくてもなんか育ってくれると嬉しいし毎日飽きないです(笑)

畑の巡回が毎日の楽しみ。




by honeyant | 2018-10-31 13:17 | 日々の日記 | Comments(0)