人気ブログランキング |

Honey Ant

honeyant.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お料理教室報告( 123 )


2020年 03月 31日

花脊でお料理教室〜3月・ひよこ豆のお料理〜ご報告

花脊でのお料理教室3月は”何でも良い“のリクエストで、、、
ひよこ豆づくしのお料理にしました。

ひよこ豆、カレーやトマト煮込み、スープなど煮込み料理に入れると美味しいし、ボリュームも出るので人気ですが、ひよこ豆特有の澱粉質が固まる効果で色々なお料理にもなります。

そんなことで、せっかくだしひよこ豆の煮込み料理ではなく、あれこれを楽しんでもらうメニューを考えました。

豆は消化に負担がかかるので、ジンジャーなどのスパイスをしっかり効かせて、そしてたっぷりの生野菜を準備。そんなことで、美味しく最後まで食べることができましたー!!
(ファラフェルの青唐辛子が辛かったけど・・・すみません)

メニューは、
・ファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)
・ハモス(ひよこ豆のペースト)
・ソッカ(ひよこ豆クレープ)
・ひよこ豆豆腐
・ひよこ豆おからのトマト煮込み
・生野菜(レタス、トマト、新玉ねぎ、ザワークラウト)
でした。

ソッカに野菜や具材を挟んで食べて、つけて食べて。。

いろんな組み合わせで美味しい美味しいと、気がついたらほぼ食べきってましたー。

今の状況でできることや、今後のことなどをたくさん話したり、楽しい話をしたり。ご参加くださった方々もちゃんとケアしてくださっていてお互いが安心で楽しくお料理することができました。
本当にありがとうございます。

手洗い、換気、除菌に気をつけながら、また楽しい会を開いていきたいと思っています。山間部の美味しい空気を吸いに遊びに来てくださいねー。


完成ーの写真。もりもりです◎
花脊でお料理教室〜3月・ひよこ豆のお料理〜ご報告_b0057979_21170737.jpeg
ひよこ豆の生地を混ぜていきます。
花脊でお料理教室〜3月・ひよこ豆のお料理〜ご報告_b0057979_21145105.jpeg
水戻しのひよこ豆
花脊でお料理教室〜3月・ひよこ豆のお料理〜ご報告_b0057979_21150100.jpeg
ミキサーにかけて絞って煮て豆腐に。
花脊でお料理教室〜3月・ひよこ豆のお料理〜ご報告_b0057979_21154106.jpeg
花脊でお料理教室〜3月・ひよこ豆のお料理〜ご報告_b0057979_21155532.jpeg
花脊でお料理教室〜3月・ひよこ豆のお料理〜ご報告_b0057979_21160645.jpeg
今回の切り物はほとんどなく。
トマト煮込みの少しの野菜だけ。。
花脊でお料理教室〜3月・ひよこ豆のお料理〜ご報告_b0057979_21161954.jpeg
クレープ焼くのがまぁまぁ面倒・・・・・・・・・。
まぁ、みんなですればまだマシ!?!?
花脊でお料理教室〜3月・ひよこ豆のお料理〜ご報告_b0057979_21163276.jpeg
一枚ずつ丁寧に。。
花脊でお料理教室〜3月・ひよこ豆のお料理〜ご報告_b0057979_21164247.jpeg
揚げるのはサッとあっという間◎
花脊でお料理教室〜3月・ひよこ豆のお料理〜ご報告_b0057979_21165692.jpeg
ファラフェル
花脊でお料理教室〜3月・ひよこ豆のお料理〜ご報告_b0057979_21171733.jpeg
ソッカ
花脊でお料理教室〜3月・ひよこ豆のお料理〜ご報告_b0057979_21184433.jpeg
ひよこ豆おからのトマト煮込み
花脊でお料理教室〜3月・ひよこ豆のお料理〜ご報告_b0057979_21190163.jpeg
生野菜とハモス
花脊でお料理教室〜3月・ひよこ豆のお料理〜ご報告_b0057979_21191711.jpeg
生野菜!!
花脊でお料理教室〜3月・ひよこ豆のお料理〜ご報告_b0057979_21192896.jpeg
ひよこ豆豆腐。
花脊でお料理教室〜3月・ひよこ豆のお料理〜ご報告_b0057979_21194458.jpeg




by honeyant | 2020-03-31 21:24 | お料理教室報告 | Comments(0)
2020年 03月 16日

発酵食と保存食4回シリーズ@すみれやさん ザワークラウト

4回シリーズということで、昨年の11〜2月まで酒粕を使う4回を終え、3月からの4回シリーズはテーマを“発酵食と保存食”にしました。

作り方ではなく、日常のお料理への活かし方をお伝えしていくお料理教室です。
もちろん、作り方もお伝えします。

受け継がれてきた発酵食や保存食って、私が思うに、シンプルで誰もができる。というのが条件じゃないかと思っていて、もちろん、上手い下手はあるだろうけど(植物を育てるのも相性があるように)家で受け継がれてきたものって複雑だったり高価なものや手に入りにくいものでは作らないと思うのです。

身近なもの、捨ててしまいそうなものを使う工夫、保存する知恵。

時代時代でそのときに求められるものやそのときに手に入りやすいものが変化するけど、今でも十分シンプルにできる、簡単に作れる保存食や発酵食を日常に取り入れていこうという会です。

いつも話ししてると思うこと。そして私自身も食事をしながら思うことは、
やっぱりお米を食べる機会が少なくて、そしておかずが多いので漬物が食べない。減らない。。

作ってみたけど、家族もあまり食べてくれなくて。。。という話は本当によく聞きます。
古漬けになった漬物はより食べなくなっていって・・・。

今、外食や市販の漬物は本当に甘くて甘酢漬けのようになってます。口当たりの良いようにできてるんだろうと思うのだけど、それぐらい、漬物って食べなくなってるんだろうなって・・・。

田舎の人はシンプルに塩だけで漬けてるのかな?って思ってたけど、実際はそうでもなさそう。
スーパーに行くと“つけものの素”とか大袋で売られてるし、実際にもこれを使ったら良いよって教えてもらったこともあるし。。

やっぱり、漬物って食べるの難しいのかもしれない。。。
と、いきなり本末転倒的な話なのですが、

でも、でも、
漬物ってやっぱり保存が効くし、旨味がとっても増えてます。そんな食材を日常に活かして発酵食を作る、食べるを日常にできたら良いなと思ってます。

よく、失敗した。と聞くので、どう失敗したのですか?と聞いたら、どうかはわからないけど、どうなったら成功か分からないので。。。
という言葉もよく聞きます。

食べて美味しかったらそれで良いんだろうと思うけど、自分で判断をしてこないとなかなか判断しかねると思う。けど、自分感覚を身につけていくしかない!→作って食べるを繰り返すしかない!!

食材って日にちで風味や味わいが変化していきます。発酵食や保存食だけでなく、生鮮品も野菜も収穫が始まったもの、味がピークに達したもの、終わりがけのぎゅっと繊維が硬くなったもの。それぞれの食べ方があるし、それが自然だと思います。

そういったことって本当に難しくて、漬物に関しても、ネットや本などの情報で正解か不正解かを見極めようとしてしまって、少しでも外れてたら失敗になってしまう。
家の食事ってそんなに難しくする必要はないのではないか?って常々思ってるのだけど、プロと同じような出来上がりを求めて見極めが出来なくなってしまうのかなー??とか。。

お料理教室をさせてもらってても、あまり私のやり方を押し付けたくないなって思っていて、家族構成も違うし、好みも違う。ヒントになることはあるだろうと思うので出来る限りお伝えしようと思ってるけど、これでないとダメ。というのはなくて、実際、私も作ってるときにどんどん変化していって同じものなんて2度と作れないことが多い・・・(汗)

決まったお料理を提供するプロじゃないから、その場にある食材を活かせる知恵のようなものを伝えていきたいなと思っています。


そんなことで、発酵食と保存食を使ったお料理を作る会で、今回はザワークラウトを使ったお料理をつくりました。

例によって、発酵食はうま味調味料で、酸味の活かし方、抜かし方、などのお話とともに色々なお料理を作りました。
ほとんどのお料理が油と、塩だけ。あとはザワークラウトが調味料です◎

・トマトスープ
・レンズ豆の煮込み
・ひじきマリネ
・蕎麦の実ローフ

びっくりするぐらい長い報告になってしまってすみません(汗)
もっと語りたいけど、また別枠でーー。。

このようなご時世の中、ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。
作ってみます!活用してみます!と言ってもらえて本当に良かったです。

来週水曜日も同じメニューです。

来月は糠床のお料理です!よろしくおねがいしますー。


3種類のザワークラウトと一緒に試食タイムです◎
発酵食と保存食4回シリーズ@すみれやさん ザワークラウト_b0057979_18312252.jpeg
発酵食と保存食4回シリーズ@すみれやさん ザワークラウト_b0057979_18313641.jpeg
紫キャベツの千切り。
細かくても大きくてもそんなに問題なしです。
自分の使いやすい大きさに切ります。

発酵食と保存食4回シリーズ@すみれやさん ザワークラウト_b0057979_18315422.jpeg
袋に入れて空気を抜きます。
発酵食と保存食4回シリーズ@すみれやさん ザワークラウト_b0057979_18320272.jpeg
上手に乳酸菌発酵が起こればアントシアニンの色素が酸と反応して赤く染まります。
ちなみに腐敗に近づくとアルカリに近づくので緑〜青っぽくなります。そうなると失敗です。
初めて作るので心配だったら、紫キャベツで作るとわかりやすいです。

発酵食と保存食4回シリーズ@すみれやさん ザワークラウト_b0057979_18314557.jpeg





by honeyant | 2020-03-16 18:37 | お料理教室報告 | Comments(0)
2020年 03月 16日

花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告

3月に入ってやっと待望の滋賀県産無農薬、土耕栽培の苺が入荷◎
毎年、烏丸鞍馬口の食彩市場さんのこの苺を楽しみにしてるのです。

そんなことで、
・いちごのフルーツ羊羹と玄米おはぎ(3/11)
・いちごのレアチーズケーキ(3/13)
のお菓子教室を花背で開催しました。

玄米おはぎは、玄米のプチプチした食感が美味しい。
小豆の甘みはその時に選んでもらったりですが、今回はレーズンとデーツのご希望で2種類のドライフルーツ餡を作りました。
外側あんこのと、内側あんこ、きな粉がけの2種類。
フルーツ羊羹は白花豆(白インゲン豆)で中の羊羹にもいちごを入れて。

全ての工程はシンプルで簡単。慣れてくれば結構あっという間にできます。
豆を炊く。のハードルが下がれば思い立ったらすぐにできます◎

結構作るの手間がかかって、その割に美味しいかどうか・・・。という体験があったけど、とても簡単で美味しくてやってみようと思う。と言ってもらえて良かったです◎

ポイントを抑えて省けるところは省いて、シンプル工程でお家おやつって作りたい。。

いろんなフルーツで楽しんでください!

そして、いちごのレアチーズケーキ。
驚きの美味しさ!と言ってもらえて本当に良かったです。

こちらも、あるものないもの色々だと思うので、あるもので調整していってもらえたらなと思ってます。そんなお話も。

お豆腐ベースのレアチーズにしました。これなら家にあるもので比較的簡単に作れる!と早速作りましたのご報告もいただけて良かったです。

うちの豆腐消費量、かなりすごいと思うのだけど(笑)
お料理よりお菓子に使ってる方が断然多いです。豆腐ってすごいな。。

そんなことで、お豆腐のレアチーズケーキも美味しくできました◎

ふと、写真を撮る時にミントがあったら良いねーと言われたので裏の畑に取りにいったのだけど、そうそう、こうしてハーブとかも使う予定なんだった。。
暖かくなったらたくさんわさわさしてくれると思うので、またハーブを使ったりしたお料理も作りたいなー。お菓子も◎

花脊のラベンダーがかなり良い感じで増えてきたのでラベンダーでもなにか。。

4月はなにかな。
また(できるだけ早くに)ご案内しますね。。

次は畑のよもぎの新芽を摘んで
3月24日(火) 日日家仕事予定。
うどんとかお餅とか作ったりしたら楽しいかなー?と思ってます。
3月30日(月) 花背でお料理教室
ひよこ豆でお料理
です。

後ほどご案内しますー。。

今回も遠いところお越しくださって本当にありがとうございました。
鞍馬駅まで送迎してますが、そこから山道30分です。
ちょっと遠いけど、来てくださった方は「気持ち良いところ。リフレッシュできた」と言ってくださいます。

ぜひぜひ、山に遊びに来てくださいね。
楽しみにお待ちしておりますー。



試食用玄米おはぎといちごのフルーツ羊羹
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_12540230.jpeg
外側あんこバージョン
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_12534947.jpeg
美味しい無農薬の苺。香りも良いし味も良いし、形も本当にきれい。
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_12510904.jpeg
お菓子教室の時はいつもついてすぐにおにぎりとお味噌汁。
この日は蕗の薹味噌のおにぎりと沢庵漬けのおにぎり。
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_12513725.jpeg
白花豆をミキサーにかけていきます。
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_12515579.jpeg
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_12522109.jpeg
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_12523741.jpeg
小豆炊き上がり。
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_12525291.jpeg
玄米を搗いていきます。
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_12530705.jpeg
写真が高速で丸めてるみたい(笑)普通に丸めてます。
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_12532245.jpeg
手分けして2種類のおはぎを作っています。
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_12533468.jpeg

**いちごのレアチーズケーキ
シンプルで美味しいクッキー生地を作ります。
レアチーズの土台になります。
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_13090581.jpeg
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_13091839.jpeg
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_13093560.jpeg
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_13094780.jpeg
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_13100024.jpeg
レアチーズの材料をミキサーで混ぜる。
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_13101004.jpeg
うっかり解凍し忘れてた苺(汗)
苺ソースを作ります。
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_13105962.jpeg
試食用。
15センチホールです。
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_13111280.jpeg
苺のソースをかけて試食タイム。
直焙煎コーヒーと一緒に。
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_13112617.jpeg
花背でお菓子教室〜フルーツ羊羹とおはぎ・苺のレアチーズケーキのご報告_b0057979_13113841.jpeg








by honeyant | 2020-03-16 13:00 | お料理教室報告 | Comments(0)
2020年 02月 29日

花背でお菓子教室〜2月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜報告

花背でのお菓子教室、
人気があった苺のフルーツ羊羹と玄米おはぎを。

玄米おはぎが実はメインで考えてたけど、もうどっちがメインかわらかなくなってきた・・・(汗)

そんなことで、
玄米おはぎは小豆を炊いて玄米餅米を炊いて餡包みのと、きな粉のと2種類。
フルーツ羊羹は苺で。

たくさんお話もできて楽しい会となりました。
いつもありがとうございます!!


小豆を炊き始めます。
花背でお菓子教室〜2月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜報告_b0057979_16155297.jpeg
差水を時々・・。
花背でお菓子教室〜2月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜報告_b0057979_16160715.jpeg
炊き上がり。
今回は、レーズン餡と甜菜糖の餡を半分ずつ。
花背でお菓子教室〜2月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜報告_b0057979_16162636.jpeg
羊羹作ります。ハイパーミキサーで裏ごし不要(笑)
花背でお菓子教室〜2月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜報告_b0057979_16164275.jpeg
花背でお菓子教室〜2月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜報告_b0057979_16165553.jpeg
あんこを包んだり、餡を包んだり。
花背でお菓子教室〜2月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜報告_b0057979_16183917.jpeg
ご飯で餡を包んだものはきな粉
花背でお菓子教室〜2月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜報告_b0057979_16185047.jpeg
お持ち帰り用の苺の羊羹
花背でお菓子教室〜2月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜報告_b0057979_16170976.jpeg
お持ち帰りセット。
花背でお菓子教室〜2月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜報告_b0057979_16182454.jpeg
試食用おはぎ。
花背でお菓子教室〜2月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜報告_b0057979_16175161.jpeg
試食用苺羊羹。
前日に私が作っておいたものを試食。
作ってる時もちょっと違うなーって思ったのにそのまま作ったからちょっと濃くて芋羊羹みたいになってしまったけど、苺後入れをしたので苺の香りは前回のより強かったです。

フルーツは一手間だけど、後入れが良いと思いました。
花背でお菓子教室〜2月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜報告_b0057979_16180939.jpeg
お昼のおにぎり。
・蕗の薹味噌のおにぎり
・根菜たっぷり酒粕汁
・車麸と畑の小松菜の炊いたん
花背でお菓子教室〜2月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜報告_b0057979_16190436.jpeg


by honeyant | 2020-02-29 16:26 | お料理教室報告 | Comments(0)
2020年 02月 14日

花脊でお料理教室〜2月・酒粕酵母〜のご報告

1月は、酒粕を日常で簡単に活かしてお料理しよう!だったので、今回は
酒粕酵母を起こしてパンにしたりおやつにしたり。そしてお料理にも。という会でした。

新鮮で元気な純米酒粕は水を入れるだけでプクプクと簡単に酵母が起こります。
そんなことで、酒粕酵母を起こして捏ねない&フライパンで焼くパンを作ったり、餡を入れて蒸した酒粕まんじゅうを作りました。

酒粕の甘みともっちりとした食感が美味しいです。

ランチに、トマトスープ、黒インゲン豆のディップ、サラダを作り、それらにもどんどんジャンジャン酒粕酵母を投入。

パンを焼きたいけど、そんなに頻繁には焼けない。や、たくさん入らない。など、絶対にパンにしないといけない。とかだとプレッシャーだけど、旨味調味料でどんどん使えるので作っておけば、お料理にも、パンにもできてとっても優れものです◎

新鮮な酒粕が手に入る今の時期のお楽しみですね。
今回も遠くからのご参加、ありがとうございました。
雪景色も楽しんでいただけて良かったです。
また、ぜひ遊びにお越しくださいー。。

3月は
米粉中華まんと米粉餃子などを予定しています。3月1日(日)の予定です◎
また、ご案内しますね。



花脊でお料理教室〜2月・酒粕酵母〜のご報告_b0057979_12171472.jpeg
みんなで餡包む。

花脊でお料理教室〜2月・酒粕酵母〜のご報告_b0057979_12153484.jpeg
花脊でお料理教室〜2月・酒粕酵母〜のご報告_b0057979_12155988.jpeg
黒インゲン豆のディップ作る。黒くて小豆餡みたいー。となる。味は全然違うけど・・・。
でも、このディップを包んでも美味しそう◎
花脊でお料理教室〜2月・酒粕酵母〜のご報告_b0057979_12161206.jpeg
酒粕酵母を忘れず投入ー。(よく忘れる・・・)
花脊でお料理教室〜2月・酒粕酵母〜のご報告_b0057979_12162516.jpeg
花脊でお料理教室〜2月・酒粕酵母〜のご報告_b0057979_12164238.jpeg
蒸しあがり饅頭。
花脊でお料理教室〜2月・酒粕酵母〜のご報告_b0057979_12165291.jpeg
小麦粉って楽しい。
また小麦粉であれこれ作ったりも楽しいんじゃないかなー?って思ってます。
花脊でお料理教室〜2月・酒粕酵母〜のご報告_b0057979_12173383.jpeg
数日前の花脊。
でも、すぐに気温が上がったりで当日はほぼ溶けてました。
花脊でお料理教室〜2月・酒粕酵母〜のご報告_b0057979_12224833.jpeg


by honeyant | 2020-02-14 12:23 | お料理教室報告 | Comments(0)
2020年 01月 29日

花脊でお菓子教室〜1月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜ご報告

1月はやっぱり和菓子かなー??

ということで、
福井県なばたけ農場さんの玄米餅米と楽天堂さんの無農薬小豆で
“玄米おはぎ”を作りました。

そして、一緒に、こちらはご紹介したいなー(というか、ぜひ食べてみてもらいたい!)
ということで、
“フルーツ羊羹”

玄米おはぎはもちもち、プチプチとした食感と、餅米だけ食べたら、
「お出汁で炊いた?」
と聞かれるぐらい旨味のあるお米。

そして、小豆は今回はお砂糖を使わずにレーズンで甘みとジューシーさをだしました。
皆さま、レーズン餡は初めてだけど、とってもあっさりしていて美味しい!と好評でした◎

お砂糖の甘味も良いけど、ドライフルーツの自然の甘みは優しくて本当に美味しいです。

フルーツ羊羹は、
餡とフルーツ、寒天で羊羹を作って、トップにフレッシュフルーツを飾ります。
この、餡とフルーツって本当に美味しくて、今までそんなに羊羹って興味なかったのだけど、あまりにも美味しいからもうぜひぜひ食べてみてもらいたくて(笑)

苺大福的な感じでジューシーなフルーツと餡のバランスが最高。
ジュワッとした果汁と濃厚な餡の感じが最高◎

今回は、清見オレンジでつくりました。
色合いもオレンジでほんと、可愛くて美味しかったです。

このレッスンは、ご希望もあって次は3月にあります。
その時は苺かなー??って思ってます。
どんなフルーツでもできます。妄想は膨らみます。。。


2月はチョコ!です。


お菓子教室は、先に腹ごしらえから◎
おにぎりとお味噌汁をみんなでいただきます。
この日は、
壬生菜のおにぎりと大根とお豆腐、わかめのお味噌汁。
水菜のサラダ甘糀ゆずドレッシング
花脊でお菓子教室〜1月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜ご報告_b0057979_17193475.jpeg
早速、作っていきます。
今回一番の難関、フルーツカット(笑)
花脊でお菓子教室〜1月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜ご報告_b0057979_17195199.jpeg
餡とフルーツ、寒天を混ぜて火にかけます。
花脊でお菓子教室〜1月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜ご報告_b0057979_17204956.jpeg
餡の炊き上がり。
花脊でお菓子教室〜1月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜ご報告_b0057979_17210403.jpeg
おはぎを作ります。
中に餅米、外があんこ。
中にあんこ、外が餅米+きな粉
花脊でお菓子教室〜1月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜ご報告_b0057979_17211606.jpeg
ご飯食べる前に写真撮るの忘れた!
出来上がりは絶対写真撮ろうーってみんなで話してたので、
写真大会。

奥の四角いのがフルーツ羊羹。試食用。
皆様は、手前の丸いカップでお持ち帰りです。
花脊でお菓子教室〜1月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜ご報告_b0057979_17213856.jpeg
ででーーん。
まぁまぁなボリュームです。
花脊でお菓子教室〜1月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜ご報告_b0057979_17215192.jpeg
きな粉とあんこのおはぎ。
花脊でお菓子教室〜1月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜ご報告_b0057979_17220376.jpeg
花脊でお菓子教室〜1月・玄米おはぎとフルーツ羊羹〜ご報告_b0057979_17221814.jpeg
今回も遠いところありがとうございました。
またぜひぜひ遊びに来てくださいーーー。





by honeyant | 2020-01-29 17:28 | お料理教室報告 | Comments(0)
2020年 01月 25日

花背でお料理教室〜1月・酒粕を日常に使う〜のご報告

年が明けて、なんだかんだと予定が入ってたので、年明け初のお料理教室が22日でした。

W.Sも含めて酒粕のお料理教室は何回も開催させていただいていて、いつも皆さま、お料理する妄想が膨らむー❤️と、喜んでくださいます。

想像が膨らむってワクワクします。
あれとこれを組み合わせてみよう!これを作ってみよう!と、刺激されます。

毎日のお料理はシンプルが良い。手順はシンプルだけど、酒粕が味わいを奥深くしてくれます。

来月は、またまたリクエストがあったので、酒粕酵母のパンと酒饅頭です。
2月12日(水)に開催します。
まだお席ありますのでお気軽にお問い合わせくださいね。
酒粕酵母も本当に簡単&美味しいのです。

今回もたくさんのご参加、ありがとうございましたー。
お喋りしながら笑いながら、楽しくお料理。
そして、試食。

みんなが「ごちそうさまでしたー!!」って帰ってくださることが癒される。
みんなで作ってみんなで食べる。本当に楽しいです。
少人数で、いつもメンバーがバラバラだけど、その時々で楽しくて不思議。人の出会いって本当に不思議で楽しい。


今回はたくさんの写真。

酒粕床をまず作る。お野菜をたくさん入れて漬物に。
花背でお料理教室〜1月・酒粕を日常に使う〜のご報告_b0057979_14315334.jpeg
あれこれのお料理を同時進行で・・・。ややこしい。
花背でお料理教室〜1月・酒粕を日常に使う〜のご報告_b0057979_14242749.jpeg
花背でお料理教室〜1月・酒粕を日常に使う〜のご報告_b0057979_14304452.jpeg
花背でお料理教室〜1月・酒粕を日常に使う〜のご報告_b0057979_14341458.jpeg
花背でお料理教室〜1月・酒粕を日常に使う〜のご報告_b0057979_14342894.jpeg
花背でお料理教室〜1月・酒粕を日常に使う〜のご報告_b0057979_14344314.jpeg
完成◎
・海藻スープ
・水菜と水菜のサラダ
・白菜の炊いたん
・高野豆腐と野菜の味噌炒め
・カブのトマト煮込み
全てに酒粕がたくさん◎

でも、全部酒粕の味はなく、うま味調味料として使ってます。
花背でお料理教室〜1月・酒粕を日常に使う〜のご報告_b0057979_14340307.jpeg
花背でお料理教室〜1月・酒粕を日常に使う〜のご報告_b0057979_14310407.jpeg
花背でお料理教室〜1月・酒粕を日常に使う〜のご報告_b0057979_14312054.jpeg
花背でお料理教室〜1月・酒粕を日常に使う〜のご報告_b0057979_14334154.jpeg
花背でお料理教室〜1月・酒粕を日常に使う〜のご報告_b0057979_14335101.jpeg
花背でお料理教室〜1月・酒粕を日常に使う〜のご報告_b0057979_14331911.jpeg
花背でお料理教室〜1月・酒粕を日常に使う〜のご報告_b0057979_14330175.jpeg
花背でお料理教室〜1月・酒粕を日常に使う〜のご報告_b0057979_14324126.jpeg





by honeyant | 2020-01-25 14:43 | お料理教室報告 | Comments(0)
2019年 11月 27日

花背のお料理教室〜11月・お菓子〜のご報告

今日は、雨なのかなー?って思ってたら、予報が良い方に外れて太陽も時々顔を出してくれる暖かい1日でした◎

近々まで参加者が少なくて、のんびりお菓子作りも良いねー。みたいな感じだったけど、
蓋を開けてみれば定員オーバーの参加者で、さらに電車乗り間違えトラブルもあったりで(笑)
私はバタバタの1日でした。

が、皆さんは、手際よく、ちゃっちゃとあれこれと上手に作ってくださったので、
最終的にはとっても美味しいタルトタタンが焼けたと思います。
思うというのは、焼いた後そのまま持って帰ってもらって食べるのは明日!!(今日は我慢ーー)
なのです。

難しいことは特になく、
とにかく美味しいりんごが手に入ったらそれだけで大成功のようなケーキなので、(ほぼりんご・・・)
今回のりんごももちろん美味しいです!!

焼き時間、待ち時間が結構あるのでその間にランチを食べて、さらには参加者の方がご好意で
みんなで遊ぼう!と
蒸留機を持ってきてくださったり。

私の大好きなベチパーで蒸留水を作ってくださいました◎

今、部屋の中にベチパーの香りがクンクンしていてとにかく癒されます。
あーー私的にはタルトタタンより魅力的!?!?かも!?

そんなことで、参加者の方々が方々で繋がってくれたり、繋がってたり、いろんな話がたくさんで今回もまたとても楽しく終えることができました。

今日のランチはちょっと珍しく洋食。
パンとパスタとサラダ。
大根のポタージュは大根と白味噌でポタージュに。優しい味わいで美味しかったです。

来月は12月。
ということでお菓子は
”ブッシュドノエル”を予定しています。
チョコのロールケーキ。

ご参加お待ちしておりますー。来月は、ちょっと手数が多いですよ。
12月22日(日)12:00~
で予定してます。
中途半端な時間なのでお昼ご飯(おにぎりとお味噌汁ぐらい)の軽食をつけたほうが良いかなー?って思って。。
どう思います!?!?

ちなみに、12月は、
日日家仕事〜冬の漬物 12月6日(金)11時〜14時ごろ
花背でお料理教室〜お料理・ミートローフなどクリスマスメニュー〜12月17日(火)11時〜14時ごろ
花背でお料理教室〜お菓子・ブッシュドノエル〜12月22日(日)12時〜15時ごろ
日日家仕事〜おせち料理〜12月29(日)30日(月)(未定ですが、どのような形でかは開催しようと思ってます。お料理教室ではなく家仕事として開催予定です。また、詳細が決まったらご案内しますね)


山盛りの紅玉りんご。
小さい型なのにたくさんのりんごを使います。
花背のお料理教室〜11月・お菓子〜のご報告_b0057979_20145133.jpg
煮つめたリンゴの型入れ。
花背のお料理教室〜11月・お菓子〜のご報告_b0057979_20145623.jpg
パイ生地を敷くところ。
花背のお料理教室〜11月・お菓子〜のご報告_b0057979_20150790.jpg
花背のお料理教室〜11月・お菓子〜のご報告_b0057979_20151298.jpg
花背のお料理教室〜11月・お菓子〜のご報告_b0057979_20151753.jpg
昨日作ってた試食用のタルトタタン。
花背のお料理教室〜11月・お菓子〜のご報告_b0057979_20152351.jpg
本当にシンプルな素材だけど、リンゴの甘みと風味とそして酸味が最高。
美味しいーー。
自分で作ると加えすぎない贅沢なケーキが作れるところが良いところ。
花背のお料理教室〜11月・お菓子〜のご報告_b0057979_20153270.jpg
みんなのぶんも上手に焼けてました。
明日が楽しみです。
花背のお料理教室〜11月・お菓子〜のご報告_b0057979_20153678.jpg
お昼ご飯。
Honey Ant特製のハモス(ひよこ豆のペースト)。
他にないレシピで毎回好評です。私もこのレシピが一番好き。もう15年ぐらい作ってます。
花背のお料理教室〜11月・お菓子〜のご報告_b0057979_20154564.jpg
花背のお料理教室〜11月・お菓子〜のご報告_b0057979_20155585.jpg
持ってきてくれた蒸留機。
ガラス製なのに・・。本当にありがとうございます!!
1滴ずつ最高の香りの水が落ちてます。

さっきも書いたけど、このベチパーの香りが部屋中に香って、今、最高に幸せです(笑)
また、花背の山野草や畑のハーブたちで蒸留して遊ぼう!も企画したいと思っていますー。
春かなーー??
楽しみです!
花背のお料理教室〜11月・お菓子〜のご報告_b0057979_20160088.jpg





by honeyant | 2019-11-27 20:22 | お料理教室報告 | Comments(0)
2019年 11月 22日

日日家仕事〜11月・お正月用の白味噌作り〜のご報告

今日は花背で日日家仕事〜白味噌作り〜
でした。

お味噌自体、いろいろな作り方があるけど、なぜこうするのか?がわかれば自分の好みのお味噌を作ることができます。
今日は甘みよりも旨味が出てくる白味噌を作ってお正月用に。
なぜ甘みが出るのか?なぜ旨味が出るのか・・・??
がわかると、いろいろなお味噌が楽しめますね。

そして、白味噌という色味も大事◎
どうしたらより白く出来上がるのか?とかも考えながら・・・。

大豆は、福井県のなばたけ農場さんから無理言って大豆の新豆を届けてもらいました。。
本当にありがとうございます!
今年とれたての新豆でお正月用の白味噌を作ることができましたー。

もうそれだけでテンション上がります(笑)

そして、大豆はあっさりしてるものの甘みもコクもあって本当に美味しいです。
パクパクとお椀で食べれる!という話で盛り上がりましたー。

大豆を煮ている間にご飯タイム。
お腹いっぱいになったところで大豆を潰して麹と合わせて詰めて終了。
お味噌作り、あっという間にできます。
でも一人だとなかなかやらないんですよねーーーーーーーーー・・・。

みんなで作るとワイワイと楽しい時間!!
やっぱり家仕事って地味だけどやると丁寧に生きてる!って喜びを感じることができるし、みんなでやるとみんなで生きてる!!ってさらに倍増の喜びを感じますね(笑)大げさ。。。

でも、お金を出したら数百円で購入することができる白味噌。
なんならなくても良い白味噌。

でも、こうして選んだ素材でみんなで作るという喜び。
なんかそういうことが楽しいなーって思います。

来月は畑の(細い)大根で沢庵漬けと、冬の漬物(白菜漬け、かぶら漬けなど)を予定しています。
日日家仕事。
日常の家仕事。難しいこともなく、誰でもできるけど、やり方は人それぞれ。そんな家仕事をみんなで楽しくやってみよう!の会です。
教えるもなく、教わるもなく。
体験していくやってみる。そこからまたより良い方法を考えてみる。そんな手仕事を続けていきたいと思っています。

長くなるので、別記事でそんなことを書いてみたいと思います。
(今日の気づきと家仕事に関して)

今日も遠いところありがとうございましたーー。
***************


福井県なばたけ農場さんから新豆。本当にありがとうございました。

日日家仕事〜11月・お正月用の白味噌作り〜のご報告_b0057979_21191808.jpg
茹で上がり。
うっかり茹で汁を捨ててしまって、怒られる私・・・。
茹で汁も美味しいお出汁が出てるのです。ほんと、すみません・・・(汗)
日日家仕事〜11月・お正月用の白味噌作り〜のご報告_b0057979_21193265.jpg
日日家仕事〜11月・お正月用の白味噌作り〜のご報告_b0057979_21192895.jpg
みんなでさわる麹(笑)
日日家仕事〜11月・お正月用の白味噌作り〜のご報告_b0057979_21194195.jpg
日日家仕事〜11月・お正月用の白味噌作り〜のご報告_b0057979_21194781.jpg
混ぜまくってます。みんな
日日家仕事〜11月・お正月用の白味噌作り〜のご報告_b0057979_21195086.jpg
欲しい分だけ保存容器に詰めてお持ち帰り。
人それぞれ家族の人数も違うし必要量が違うので、欲しいだけ持って帰ってもらってます。
なので材料費は時価です◎
日日家仕事〜11月・お正月用の白味噌作り〜のご報告_b0057979_21200066.jpg
うちの分の白味噌もできました。
やったねーー☆
日日家仕事〜11月・お正月用の白味噌作り〜のご報告_b0057979_21202117.jpg
今日は切り干し大根ベースの春巻きメインで畑のお野菜やおばあちゃんお野菜を使ってあれこれ。
たくさん食べてもらえてほんとよかった◎
日日家仕事〜11月・お正月用の白味噌作り〜のご報告_b0057979_21192320.jpg
来月は畑の大根で沢庵漬け(ぬか漬け)予定。
大根が”くの字”に曲がることにつけますね。って
曲げてみたら、、、ポキっと・・・折れた(涙)
日日家仕事〜11月・お正月用の白味噌作り〜のご報告_b0057979_21201181.jpeg
折れた大根は、天日干しして切り干し大根にしまーす◎
日日家仕事〜11月・お正月用の白味噌作り〜のご報告_b0057979_21201097.jpg





by honeyant | 2019-11-22 21:35 | お料理教室報告 | Comments(0)
2019年 11月 05日

花背でお料理教室〜11月・お料理〜のご報告

今年の秋は暖かくて過ごしやすいですが、さすがに朝晩は冷えてきました。。。

でも、やっぱり太陽のある日中は暖かです。
今年はどうなるのかなーーーーーー??極寒や、豪雪でないことを祈るばかり。。

11月の花背でのお料理教室は
豆腐から作るがんもどきでした◎

がんもどきっておうちで作れるんだーーーというリアクションが多かったのですが、実はかなり簡単に作れます。しかも、具材入れ放題◎好きな硬さにもアレンジできるし、好きな具材を入れて楽しめます。
さらにいうと、本当に簡単&美味しいので、多分、もう買う気にならないかも・・・。

そんな”がんもどき”をメインに秋のあれこれの味覚を入れつつで楽しんでいただきました。

今月のメニューは
・手作りがんもどき
・切干大根とサツマイモの胡麻酢和え
・秋の炊き込みご飯
・ハヤトウリとカリフラワーのガーリック炒め
・もずく汁

でした。
ハヤトウリ、畑のを使ったのだけど、朝収穫で、すぐに使ったので特にみずみずしく、塩もみでも食べてもらったけど、これはハマるー!と人気でした◎
畑のお野菜を召し上がってもらえるとほんと嬉しい。ふふふーーー。自己満足なんだけど、これがやりたかった!!って本当に嬉しく思います。

手作りがんもどきは、
え!?こんなに簡単なの?ということで、絶対作ります!と言ってもらえてよかったです。
硬さのポイントや、あれこれのコツがわかれば自在にアレンジできるので自分好みに作れるのが良いです。

そして、今回のは皆様の努力の元、本当に美味しくできたのでよかったです。
(本当はフードプロセッサーなどを使ってもよかったけど、今回はすり鉢で頑張ってもらいました・・・やってる感あるかな?とおもって(笑))

でもやっぱり、すり鉢の方が美味しいかも。
家ぶんぐらいだったらすり鉢の方が簡単かな。。

12月は温かメニューを。
またご案内しますね。

今後の予定〜
*11月22日11:00~日日家仕事〜お正月用白味噌〜
*11月27日〜花背でお料理教室〜お菓子・紅玉りんごでタルトタタン〜


みんなで切り物。
花背でお料理教室〜11月・お料理〜のご報告_b0057979_21062547.jpg
花背でお料理教室〜11月・お料理〜のご報告_b0057979_21063225.jpg
炊き込みご飯が炊けたときかな?もしくは炊く前。(多分炊く前)
花背でお料理教室〜11月・お料理〜のご報告_b0057979_21063842.jpg
がんもどきの揚げる前
花背でお料理教室〜11月・お料理〜のご報告_b0057979_21064585.jpg
揚げた後。

花背でお料理教室〜11月・お料理〜のご報告_b0057979_21070782.jpg

みんなでご飯。
大皿取り分けご飯。
花背でお料理教室〜11月・お料理〜のご報告_b0057979_21065084.jpg
花背でお料理教室〜11月・お料理〜のご報告_b0057979_21065416.jpg


今月も本当にありがとうございました。
美味しかった、家でも作ります。と言ってもらえてよかったです。

難しいお料理ではなくてお家で日常に作れるようにとお伝えしています。
レシピありきではなくて、なくてもアレンジできるようにと思ってお伝えしてます。

ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました◎
次はもっと寒くなってる12月!雪降るかなーー?
街中から40分ぐらい。そんな距離感で遠い世界に来たような感じです。
雪景色、本当に見て欲しい。綺麗です。

楽しみにお待ちしておりますねー。
の前に、またご案内しますーー。






by honeyant | 2019-11-05 21:14 | お料理教室報告 | Comments(0)