Honey Ant

honeyant.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:W.Sなど( 121 )


2018年 07月 29日

花背であそぼ2018 その2

花背に遊びに来てもらいたいなー。と私は思ってるし、
花背に遊びに行きたいなー。。というのも伺うので、

そんなことで、是非是非遊びに来て下さい◎
と、せっかくだし避暑を兼ねて8月に!と
8月8日(水)、9日(木)
に計画しました◎
(*今年は花背も特別暑いようで避暑にはならないかも・・・。と思っています。うちもハナレもクーラーなしです。気をつけてくださいー)

何をするというわけでもないのだけど、何もないときっかけがないので
毎月開催の手縫いの会の令子さんに来てもらって
「ハギレを使って台所用品を作ろう」
というテーマなんだけど、もちろん何を作っても大丈夫◎

お子様リクエストの「リカちゃん人形の洋服を作りたい!」も応えてくださいますー。
そんなことで、鍋つかみや鍋敷きなどを作っても良いし、自分の服を作っても良いし、リカちゃんの服を作っても良いです!

そして、もちろん、縫い物をしなくても大丈夫。
ボーーッと山を見たり、川に入ったりもできるかな??
8日は、若石足療 ツキトタネのツキさんが参加されるので足モミ体験もできますー。

そんなことで、
花背という場所に遊びに行きたいなー。
自然の中でぼんやりしたいなー。
手縫いの会参加したいなー。
とか、そんなざっくりした感じで是非是非ご参加くださいね。

お昼ご飯は令子さんリクエストなので両日ともカレーです(笑)
8日はインドカレー、9日はタイカレー
8日の夜は簡単ベジBBQです。

おやつタイムも考え中ー。
(多分、8日がテングサから作るところてん(あんみつ)、9日は湧き水で冷やしたスイカ(か、手に入らなければトマト(笑))予定です
)なぜなら、私が食べたいから・・・。
最近の私のハマってるおやつです。

ご飯、おやつのみのご参加ももちろん大歓迎ーです!

是非是非、皆様遊びにお越しくださいねー。

【花背であそぼ2018】
日時:2018/8/8(水)・9(木)

8日 会場:Honey Ant(花背大布施町)
12時ごろ~ ランチタイム(インドカレー予定)
13時ごろ~ 手縫いの会など
16時ごろ〜 ゲストハウスHANA-Reに移動
17時ごろ~ 簡単ベジBBQ
庭を見ながらのお風呂や、花火!?とか・・。

9日 会場:HANAーRe(花背別所)
8時ごろ~朝ごはん
9時ごろ~手縫いの会など
12時ごろ~ランチタイム(タイカレー予定)
13時ごろ~手縫いの会など
15時ごろ解散予定

参加費:昼ごはん&夜ご飯 1000円(要予約)
    朝ごはん 500円
手縫いの会 1000円(1日)/1500円(2日)
宿泊 2000円(お布団1組ぶん)(要予約)
足もみ体験1500円/20分(8日のみ)

場所:
8日12:00~16:30 Honey Antアクセスはこちら→ 京都バスは「大布施」下車です。
8日17:00~9日~15:00 ゲストハウスHANA-Re(下記参照) 京都バスは「花背高原前」下車です。

ご予約、お問い合わせは
info☆honeyant.jp
☆→@に変更してください。


b0057979_18021886.jpeg




[PR]

by honeyant | 2018-07-29 18:07 | W.Sなど | Comments(0)
2018年 05月 07日

乾物とお野菜のお料理教室@すみれやさん〜5月〜

今年の3月から始めさせてもらった乾物と生活雑貨のお店”すみれや”さんでお料理教室を5月からは平日と土曜日の2回開催させていただくことになりました。

3月のお料理教室にご参加くださった方が4月のお料理教室をご予約くださって、応募できなかったので、5月からは土曜日を含めた2回開催にというとっても嬉しいお誘いでした◎

すみれやさんは、店主ハルちゃんのこだわりセレクトで、そんな生産者との繋がりを持つハルちゃんのお話も聞けたり、実際にどうやって作られているのかを知れたりで、私自身がとっても勉強になります。

そして、少人数制なのでみんなでわいわいと話をしながら、時に鋭い質問を浴びせられながら(笑)
みんなの情報交換の場ともなり、とても楽しくお料理させていただいています。

前回もふとした会話がきっかけで「ぼたもち」ということでぼたもちをつくるレッスンをさせていただいたのですが、今回は、私が時々お弁当や環の市などで持って行かせてもらっている「醤油麹梅入り玄米おにぎり」を気に入ってくださっている方からのリクエストでおにぎりがテーマになりました◎

このおにぎりは、うちのお出かけの定番おにぎりだったのですが、ふとしたきっかけでお客様に食べてもらうことになり、「美味しい!」と評判が良かったので今では定番人気商品になっています。

このおにぎりは、梅が入っているので夏場でも安心だし、冷めてからが美味しくなるという不思議なおにぎりなのです(笑)
うちでは、旅行に行くときや遠出をするときにいつもこのおにぎりを持って出かけています。

圧力鍋で炊くおにぎりです。
ぜひ、簡単だし美味しいと予想を上回っての評判なので作ってみてください!!
特別なことはないんだけどーー。。

(このおにぎりが美味しすぎて、おにぎり屋さんをしようかって笑い話してたぐらいです(笑))

そんなおにぎりと、
蕎麦の実を使った何か・・・。のリクエストで、
蕎麦の実は私の中ではとっても便利な素材で
美味しい、ボリュームがある、食感が良い、程よい粘りがある。
ということで、使いやすい食材です。
特に、粒をそのまま炊くとひき肉のように使えるので、餃子や肉まん、ハンバーグ、お団子、などなどに使えます。もちろん、バラバラのミートソースにも!

そんなことで、蕎麦の実を炊いて今回はおにぎりだし、お弁当の定番ミートボール風に仕上げたいと思います!
ミートボール、トマトをベースにコクと甘みと酸味を足していきますが、甘味には甘糀を使う予定です。

あと、もちきびを使いたいとのお話もあったので、
簡単もちきびスープも。

旬のお野菜で後2、3品ぐらい作りたいな。と思っています。

今、花背は端境期真っ只中で何もお野菜がないので、ちょっとお野菜事情を調べてメニューを考えますねー。

とりあえず、今決まってるお料理は、
・醤油糀梅入り黒千石大豆入り玄米おにぎり
・そばの実でミートボール風
・もちきびスープ
プラス2、3品です。

ぜひ、ご一緒にお料理しましょうー。
お会いできることを楽しみにしております!!

*******************************************************
日時:2018年5月16日(水)、もしくは19日(土) 11:00〜14:00
参加費:3,800円(お昼ご飯を皆でいただきます)
定員:6名
予約・お問合せ先:info@sumireya.org
 
※ ワークショップ名、お名前、電話番号、メールアドレスをお知らせください。
※ FBページの「参加予定」を押しても、予約にはなりません。上記のメールアドレスまで、ご連絡ください。
※ 2〜3日経っても返事がない場合は、お手数ですが、すみれやにお問い合わせください。特に、携帯のメールアドレスからお申し込みの方はすみれやからの返信が届かないケースがありますので、ご注意ください。

すみれやさんH.P

詳細はご確認ください。

************************************************
ミートボール風。ボリュームあって大人もお子様も大好きな味わい。
b0057979_21593032.jpg
おにぎり。おにぎりの写真は難しい。でも、普通におにぎりってみんな好きだよなー。
ジャパニーズ ファーストフード、ソウルフードって言われてるしな(笑)
b0057979_21591028.jpg
お弁当にも入れたりしました。
b0057979_21584456.jpg

皆様のご参加をお待ちしております!!


[PR]

by honeyant | 2018-05-07 22:02 | W.Sなど | Comments(0)
2018年 03月 09日

乾物とお野菜のお料理教室@すみれやさん

左京区にある乾物や調味料、そのほか日常的に使いたくなるもの、選びたくなるものを販売されたり、お伝えされたりしている「すみれや」さん。

ずっと存在は知っていてずっと行きたかったけど、上京区に住んでいるときはあまり行けず(涙)(私は基本的に出不精でほとんど出かけないー)
だったのだけど、花背にいく前にようやく伺うことができ、そして3月からはお料理教室も定期的に開催させていただけることになり・・・。
花背に行ってからの方がよく伺うことになるというー。。。(苦笑)

豆や雑穀、乾物って使いたいけど、一歩が出なかったり、ワンパターンになりがちだったりなので、そう行った1歩を踏み出すきっかけになったり、アレンジのヒントになると嬉しいな。
と思っています。

基本的に、豆も雑穀も乾物も、旨味が凝縮された食材なので、何をしても美味しいのです。
そんなことをお伝えできたら、日常に少しでも役立てていただけたらな。と思います。
すみれやんさんのご案内を抜粋です。
*************************

メニュー(予定)
・土鍋で炊く雑穀米
・うるちあわとひじきのサラダ
・切り干し大根とジャガイモの煮物
・梅干しとワカメのスープ
・打ち豆ハンバーグ 糀ソース

日時:2018年3月22日(木) 11:00〜14:00
参加費:3,800円(お昼ご飯を皆でいただきます)
定員:6名
予約・お問合せ先:info@sumireya.org

※ ワークショップ名、お名前、電話番号、メールアドレスをお知らせください。
※ FBページの「参加予定」を押しても、予約にはなりません。上記のメールアドレスまで、ご連絡ください。
※ 2〜3日経っても返事がない場合は、お手数ですが、すみれやにお問い合わせください。

********************************

お野菜は、できるだけその時のものを選びたいので
予定も未定になってしまうのですが、
旬のお野菜を選んでご紹介していけると良いなと思っています。

すみれやさんのブログです。→

すみれやさん、いくとあれこれ時になる商品が多くて、そしてどれも選び抜かれてる感じです。
よもぎと黒焼き玄米のお茶も本当に美味しくて体が温まります。
店主のハルちゃんとのんびりとおしゃべりしながらお買い物できるのも良い雰囲気です。
ぜひ、行ってみてくださいね。

皆様にお会いできることを楽しみにしております。

[PR]

by honeyant | 2018-03-09 12:49 | W.Sなど | Comments(0)
2018年 02月 02日

大根の麹漬けW.S@MOTTAINAI あまた

去年の秋に京都北部山間地域に引越しをして拠点を豪雪地帯花脊に移したので、
この冬は様子見でゆっくりと過ごしています。

そして、3月からはもう大丈夫かなー?と思い、予定を入れ始めています。
*ちなみに、フライング気味に2月21日(水)13〜16時は味噌造り@アトリエパッチワークさんです。

「節分までが寒さが厳しい。」
「10日過ぎぐらいまでが豪雪」
とのご近所さん情報なので、2月後半は問題ないかな?とか思い始めました・・・。
ちなみに、
「5月までは雪はないよ」って言われました(汗)

あと、お昼からだったら、大雪の日でもなんとかいけそうかも?というのがわかりました。
ただ、雪予報の時は家をあけるのは危険。
とりあえず、こまめな雪かきが重要。
怠ると、雪が氷になって相当な重労働になるということがわかりました。

来年に生かします◎

3月初めのW.Sは
『大根の麹漬け(べったら漬け)』
です。

保存食作りは好きで上京区の時からあれこれと作っていたので、花背に来たから特別作ったというわけではないのだけど、
でも、なんとなく、イメージ的に、、、、

田舎の方が、特に山間地域で気温が低い方が
漬物とか、保存食は作りやすいのかな?って思ってました。

が・・・、
実は違う。

そもそも、作物がとれないから「保存食」を作るのであって、
気候が良いから(保存食作りに適しているから)作っているのではない。
ということを身を以て体験しました(苦笑)

簡単にいうと、野菜は野菜室に入れないと凍ります(笑)
湿度が高いのでどんどんカビます。(と言われました。けど、うちはその被害はあまりないです)
全部、冷蔵庫へ!って口を揃えて言われます・・・。

そんなことで、漬物の基本的なお話、目的などをお伝えし、自分にあった漬け方をお伝えしていこうと思っています。
何グラムで何日。やり方はこう。という決まりは全く通用しないのです(笑)

だけど、絶対にうまくいくコツもわかりました。
素材です。
素材が良くて、コツがわかれば自分の環境にあった漬物を作ることができます。

なんか、そんなお話ができたら良いな。と思います。

*日時*  3月4日(日)14時〜16時ごろ
*参加費* 2000円(少しだけどお持ち帰りもありです)
*場所*  MOTTAINAIクラフトあまた
      京都市東山区大和大路通五条下る石垣町東側65
*持ち物* 漬物を持って帰る袋、エプロン、ハンドタオル
.
*お問い合わせ、ご予約*
Honey Ant 江種友紀 info@honeyant.jp

主催してくださる

ぜひ、ご参加くださいね。
お会いできることを楽しみにお待ちしておりますー。


*************************
裏の畑に行く道。
雪で覆われていたところを雪かきで道を作りました。
ようやく通れるように。
b0057979_20384908.jpg
裏庭から見た母屋の屋根が・・・。
??不思議な光景です。
b0057979_20392124.jpg
エーーー!!!!
びっくり。屋根に乗っている雪が寒さで凍っていて、
重さでずり落ちたのに凍ったそのままの形を保っています!!
b0057979_20392679.jpg
内側の「つらら」が、上むいています(汗)
b0057979_20393226.jpg
横から見たところ。
b0057979_20393795.jpg
屋根全体・・・。
ちなみに、数日過ぎた今日見たら、
布団を畳んだように
折りたたんだようにうねうねとしてました。

b0057979_20394314.jpg
今週のお野菜。
京都の有名な「すぐき漬け」のすぐき菜。
たいてもおいしいよ。とのことで
仙台麩と一緒に炊きました。甘くて香ばしい香りでおいしかったです。
b0057979_20401350.jpg
キャベツ!嬉しい!!大好き!!
自然農に近いとなかなか大きなキャベツに出会うことが少ない。
ので、キャベツとか、白菜とかは貴重(笑)
b0057979_20401828.jpg
春から、私が使っているもの、選んだもの、愛用しているものを中心に
豆や雑穀、調味料などを中心にオーガニックショップを始めます。
花背で・・・。
是非遊びに来てくださいねー。
また、ご案内しますね。
b0057979_20402948.jpg











[PR]

by honeyant | 2018-02-02 20:47 | W.Sなど | Comments(0)
2017年 10月 03日

甘糀キムチとコチジャンを作るW.S@MOTTAINAIクラフトあまたさん

6月に「糀粒マスタード」のW.Sを開催させてもらった東山郵便局を少し下がったところにある民藝品を扱われているMOTTAINAIクラフトあまたさんで、10月も講座を開催させていただくことになりました。

今回は辛さも甘さも調整できる、とってもシンプルに作ることができる
「甘糀キムチとコチジャン」
を作ります。

これから白菜が美味しくなるので是非、ご参加くださいねー。

甘糀を使うと、
・甘味
・旨味
・深み
・とろみ
が勝手につくので後の材料はシンプルでも本当に美味しく出来上がります。

また、混ぜるだけの簡単調理なのでコチジャンを使ったお料理も少しご紹介できると良いな。と思っています。

そんなことで、
・甘糀キムチのたれ
・コチジャン
を作って、
キムチの漬け方、コチジャンの使い方あれこれ
をお伝えしたいと思います。

〜〜あまたさんブログより〜〜

第203回 あまたの会『第2回 Honey Ant 流 麹講座』
15日(日) 14:00〜16:00 定員10名様 会費¥2000
(講師料、テキスト、お持ち帰り頂く材料費含む)

料理教室やケータリングなどの方法で、ビーガンを中心にした食事を
提供してらっしゃる京都在住の「HoneyAnt」代表 江種さん。
最近世界で話題の「発酵食品」日本が誇る麹パワーを、
もっと簡単に取り入れる食生活のヒントを教えて頂きます。
前回6月は麹を使った自家製粒マスタード作りを開きました。
6月の講座過去ブログ

今回は「甘麹で作るキムチとコチュジャン」
市販のものに比べて、野菜の甘みが出るマイルドな味になりますよ。
白菜の美味しくなる季節に活躍します。
自家製キムチ、お楽しみに。

皆さまのご参加お待ちしております。
下記までご予約ください。
〒605-0913 京都府京都市東山区石垣町東側65
でんわ075ー531ー5877
メール mottainai_amata@ybb.ne.jp


皆様にお会いできることをたのしみにしております。
今年はまだ白菜が出てないので、別のお野菜でご紹介になると思います。
が、やっぱり白菜は王道。美味しいです。
b0057979_10445645.jpeg
b0057979_10450207.jpeg
b0057979_10450874.jpg
b0057979_10454838.jpeg

[PR]

by honeyant | 2017-10-03 10:48 | W.Sなど | Comments(0)
2017年 08月 01日

花背合宿でのご飯を作ります。

8月4日〜9日まで花背で手仕事合宿があります。
その時のご飯’おやつを担当させてもらうことになりました。。。

・・・、さてどうしよう(笑)

なんですが、
基本的に、花背の農家さんがつくてくださるお野菜を中心に。

その場所で採れたものを、その時期に調理する。
そんなことをしたいなーって思っています。

ゆくゆくは、自分たちが作ったお野菜で作ったものをー・・・。って言うのは理想、夢だけど。

顔の見える、想いが同じ方々からの農産物を使ってのお料理。
それだけで身が引き締まります。

丁寧に、手を加えすぎず。

私ができることってなんだろう?
最近、そんなことをたくさん考えています。
畑のことや農家さんのことをずっと考えていました。
でも、7月に山口県に行ったり、ご縁があって花背の方々とお話をさせていただいていて、
もっともっと、根本的なこと。自然、共生すること。
農作物の収穫を人間目線からだけでなく、もっと大きな視野で見て行くことって、実は、人間にとっても一番良い方法なんだろうなって本当に思います。

山が豊かであることってどんなことなのか?
頭ではわかっているつもりのことが、実際に足を伸ばして、踏み入れてみると実感できることがたくさんでした。

その中で、私ができること、伝えることができることってなんなんだろう??

お料理を作ることで、何かお伝えすることが少しだけできることがあるんだなって思って活動していたので、そう言う思いでお料理を作ることで、伝えることで、今の問題点、私が感じる何かをお伝えしたいなって思ってきてます。

まだ、はっきりとはわからないけど、花背の合宿で3食作らせてもらうことで何か見つけることができるかな?
そんな思いです。

豪華な食事は作れないし、びっくりするようなこともできないし、綺麗にも作れないけど、いろいろな想いがあってそこを大事に作りたいな。日々のお料理を作ると言うことが私のテーマでもあるのでそう行った部分をお伝えできて作らせてもらえると良いなって思っています。

あれこれの素材の良し悪しを伝える記事が多いけど、もっともっと根本的なことを考えていきたい。全てにおいて良し悪しでの判断をするのではなく。。。この想いがずっとあって、何かあれが良い、悪いとの議論がいまいち???なんだけど、もっと、ずっと奥の原始的な感じでの感覚を大事にしたいなって思っています。

ちょっと、話がずれてますが(汗)
考えることが多ければ多いほど文章が複雑になって行く・・・。

そんなことで、花背での合宿は
私の日常の食事をテーマに作らせてもらおうと思っています。
・・・まぁ、私の日常食なので大したものではないですが、
多分、普通の食事よりも発酵食品、保存食品の頻度が高いと思うのでそんなものを使ってのお料理を作ります。
ご興味のある方には作り方もお伝えできます◎
本当に、簡単でシンプルなのです。

夏の間のシンプル漬物。
塩漬けのみの
・ザワークラウト
・キュウリのピクルス
・生柴漬け
・梅干し
・高菜漬け
そんなものや
塩漬けをしたのちにさらに味をつけた
・麹らっきょう漬け
・茄子の麹辛子漬け
野草味噌、梅醤油なんかも持っていきます!
麹を使った調味料も。

もちろん、
水キムチ、糠床も持参ですー。

旬のお野菜の保存方法や加工の方法なども
時間があればお伝えできればなーって思ってます。

もちろん、豆や雑穀なども今食べたいものを準備してお持ちする予定ですし、スパイスもあれこれ使いますー。

・・・、そう思うと、やっぱり夏の豊かな食生活ですね◎
毎日おいしいです(笑)

お料理だけでももちろん遊びに来てもらっても良いし、
手仕事の後のお食事も喜んでもらえるように作りますね。

是非是非、遊びにお越しください。
なんか、本当に楽しい空間になりそうです。
私自身が一番楽しみにしております。






[PR]

by honeyant | 2017-08-01 20:56 | W.Sなど | Comments(0)
2017年 07月 27日

花背合宿

鞍馬温泉よりもう少し先に花背という場所があります。
住所でいうと、京都市左京区になるのだけど、峠を越えるので住環境は全然違うし、山間で自然もとても残っている場所です。

鞍馬温泉は好きで京都に来る前も京都に来てからも何回も行ったことがあるけど、花背まで足を伸ばしたのはなかったので、ちょっと行ったらこんな場所があるんだー・・・。とびっくり感激しました。
しかも、市内で、左京区(笑)

京都市は広いです。。

毎月麹部の活動をさせてもらっているアトリエパッチワークさんが部活動、手仕事をじっくりと楽しむことができるようにと花背にあるとても素敵な町家で8月に「花背合宿」を企画してくださいました。

手仕事を楽しむということで、
手縫いや、織りや染め、などなど(まだ未定)のW.Sを午前、午後と開催し、開催日の3食のご飯を作らせてもらうことになりました。

先日、少しどんなのかな?ということで2泊して来たのですが、もう本当に素敵な場所で、とにかく、、、涼しい!!!(笑)もちろん、山が綺麗、空気が綺麗、水がきれい。
で、さらに、その開催場所の町家がとてつもなく素敵。
特に、台所。

ずっと台所にいたいぐらい気持ちが良いです。びっくりするような高い天井と、細長い京都の町家ならではな感じの長い土間。
おくどさん(まだ使えるかは謎)
ここで、あれこれ仕込んだり、作ったり保存したりしたら気持ちが良いだろうなー・・・。

山のお散歩道も、川もあって気持ちがよく、車で行かないといけないかもだけど、川で泳ぐことができたり、釣りができたりもできるそうです。

花背って名前は聞いてたけど、行く機会がなくて・・・。
でも、本当に素敵な場所で、しかも京都市内・・・(花背も京都市内)からバスでも1時間ほどで到着です。

手仕事のW.Sを自然の中で楽しむことも良し。
のんびり森の散歩も良し。
町家でのんびりも良し。

宿泊もできるし、日帰りでも大丈夫です。
でも、きっと朝が気持ちが良さそうだし宿泊できるとなお良い感じかな?とかも思ったり。

Honey Antでも毎月開催してくれている「日日家仕事〜手縫いの会〜」のレイコ先生も9日(水)のW.Sを担当してくださいます!

浴衣生地でとっても気持ちの良いトップスを作る予定だそうです。簡単に作れて、着心地抜群&涼しい!トップスです。
あの町家でみんなでチクチク・・・。絶対楽しいに違いない!!
楽しみすぎです。

私は、3食のご飯を担当させてもらうのでそれもまた楽しみです。
花背の美味しい野菜を中心に体が喜んでくれるような、ほっこりしてもらえるようなお料理を作れたらなと思っています。

仕込んでる発酵食品あれこれももちろん持って行くつもりです。
何を作ろうかなー。。。
楽しみです◎

是非是非、ご参加くださいね。楽しみにお待ちしておりますー。
日程は8月4日(金)〜9日(水)です。
b0057979_21305417.jpg
b0057979_21315087.jpg


b0057979_21312826.jpg



[PR]

by honeyant | 2017-07-27 21:32 | W.Sなど | Comments(0)
2017年 06月 28日

あれこれのW.Sなどなどを終えて。

先日、クラフトショップMOTTAINAIあまたさんでW.Sをさせていただきました。
米麹調味料のお話と考え方などなど・・・。

麹を水分に入れると麹の旨味が水分に流れ出てその水分自体が旨くなります。

ということで、液体の中に麹の旨味を抽出してると、麹の持つ旨味、まろやかさ、甘さ、などをお料理で簡単に生かすことができることと、また麹の持つ酵素を利用して甘みを出したり、旨味を出したりもできます。

麹を日常的に使えるようになると、麹の持つ栄養も日常的に取り入れることができるし、何よりシンプルに調理できるのでお料理が楽になる、美味しくなる、素材の味わいを楽しむことができる。ということにもつながります。

特に麹はまろやかになると思うので、唐辛子など辛味の強いものとの相性が良い気もします。

角角してるもの、ツンツンしてるものもなんとなくまろやかにしてくれる感じです。

そんなことで、あまたさんのW.Sでは
米麹と粒マスタードを合わせて
「麹粒マスタード」を作りました。

麹の分量、マスタードシードの割合などを考えて好みの粒マスタードを作ります。
イエローは旨味が、ブラウンは辛味があります。

酸に入れるので辛味はそんなになくなるけど、粒マスタード独特のツンとした感じが麹のおかげで熟成させなくてもまろやかに仕上がります。
そんなことで、比較的すぐに食べることができるししかも麹のおかげで日持ちもよくなる。

お肉料理とマスタードはよく合うし、麹の分解酵素なんかとも相性が良いと思うので是非是非楽しんで使ってみてほしいです。

続いて、昨日はつきいち活動の
で「豆板醤」作り。

そら豆を冷凍しておいたものを潰して
種麹か米麹を選んでいただき、
さらに、
通常の唐辛子か、10倍辛い唐辛子を選んでいただき、
塩分濃度を考え・・・ってかなり選ぶことが多すぎて迷う、迷う・・・でしたが、それぞれの豆板醤を作ってお持ち帰りいただきました。
*今回のそら豆と唐辛子は京丹後の「つねよし百貨店」さんで購入しました。唐辛子、香りが良くて美味しいです。ちなみに、うどんもとっても美味しかったです。

数ヶ月後から食べることができますが、辛味が勝ってる感じです。一年おくと、かなり風味が変わって旨味とコクと、香りが出てきます。

自作できると、自分好みに作れることが楽しい。
また、来年も作ってみてほしい。

レシピありき。ではなく、自分の好みに合ったものを楽しんで作り続けていくとだんだん楽しくなってきます。

発酵食品や保存食は、それぞれの地域にあった、それぞれの家庭にあった作り方があるので、コツはあるけど、正解も失敗もないと思っています。

食に限らず、それぞれの軸、思考をしっかりと持つことが大事。
あちこちに振り回されず、実際に作ってみる。食べてみる。やってみること。

そういえば、あまたさんのW.Sの時に、
「玄米麹を雑穀のようにご飯を炊くときに一掴み入れて炊いている」という新しいアイデアをいただきました。

考えたこともなかったなー。
一回やってみよー。

また、どう変化してるのかご報告しますねー。アイデアの出し合いで、自分でもまたやってみよう。って思えて、そこからまた新しい発見があると楽しいですねー。

あまたさんのところでも、引き続き発酵食や保存食のW.Sを開催させていただく予定です。次は秋頃予定です。
どんな内容にしようかなー・・・。情報交換会も楽しみです。

W.Sではないけど、
いつも出店させてもらったいる
こだわりマルシェ@京都府庁で「水キムチ」講座をさせてもらいました。

夏になると水キムチを食べてます。
スゥッと喉に入ってきて、大体は夜ご飯の時に食前酒か。。。みたいな感じで頂いてますが、本当に美味しいです。
そして、作り方がとにかく簡単。

野菜の乳酸菌を水の中で培養するみたいな感じなので、新鮮で元気な野菜を使ったら基本的には大体できます。
乳酸菌のご飯になる、でんぷん質(=糖分)を入れて塩分2%ぐらいで。

夏になると、ぬか漬けも大体毎日のようにいただきます。
なんか、そんなものが食べたくなる季節ですねー。

狭い部屋の片隅に、梅とらっきょうの塩漬けがどん!っています。
本漬け&干したらしまえるけどー・・・。
b0057979_14275708.jpg
b0057979_14232476.jpeg

ついでに、狭い庭にはビワの葉がバッサー!(涙)
*思い切って剪定しました!これからはカラス被害なしですー!!わーい!
b0057979_14225763.jpg




[PR]

by honeyant | 2017-06-28 14:28 | W.Sなど | Comments(0)
2017年 05月 23日

麹調味料と麹粒マスタード作り@MOTTAINAIあまたさん

毎月開催しているアトリエパッチワークさんの麹部にお越し下さったMOTTAINAIあまたの若本さんがお声かけくださり、6月に講座の開催が決定しました!

MOTTAINAIあまたさんは、日本全国(特に九州とかが多いそうです)の民芸品を扱われているとっても素敵なお店です。
私は、民芸品のことなど全く無知で、器とかも、可愛いな。素敵だなと思っても、「○○焼き」とかチンプンカンプン・・・。
自分軸での可愛いはあっても、そのお皿の特徴や焼き物のことなどは全くわからずですが、あまたさんのとこの器、土鍋、グラス、置いているもの全てが可愛い!!素敵!
さらに、若本さんが丁寧に教えてくださるので、そこもまた素敵!!

先日、伺わせてもらった時に、「全て欲しいです」と言いたくなるぐらい素敵な物にあふれています。
あまりに素敵な器や焼き物が多かったので、まずはあまたさんの器も載っている「日々、うつわ」という本を購入させてもらいました。
b0057979_15552007.jpeg

この本、とっても素敵で民芸の器のお話やお料理の写真、レシピまで載っています!
この本を見ていると、丁寧にお料理して器に盛りたいなって思えます。
と、前置きが長いですが、
そんな素敵なクラフトショップの奥の間で講座をさせていただくことになりました。

毎月、「あまたの会」として、書道や、ぬいの会、英会話などを開催されていたり、お話会なども
されているそうです。そんな中、今回、素敵なご縁でこの会を開催してくださることになりました。

今回は、約2時間を予定していますので、「麹って何?どうやって使うの?麹調味料って・・・?
というお話と、醤油麹や塩麹などの基本の麹調味料を簡単にこんな風に使ったら便利だよー。というお話。気をつけたい点などをお伝えしたいなって思っています。

後半は、私が麹調味料ってほんと、便利!って思っていることをお伝えして、簡単な作り方、考え方をお伝えし、今回は粒マスタードを作っていただく予定です。
作って・・・・と言っても、瓶に入れて注ぐだけなんだけど・・・。
粒マスタードは、マスタードシードを塩とお酢を入れてふやかして作ります。すりつぶすと独特の辛みと香りが立ってきます。

そこに麹を・・・。ということなのですが、麹を入れることによってどうなるのか?というようなお話や、他へのアレンジ、応用などをお伝えしますね。
うちにある、数々の調味料も持っていく予定にしてますー。

1年経ってさらに美味しくなった「糀らっきょう」も持っていきまーす!

そんなことで、とっても楽しみです。

新しい場所に出向くと、新しい出会いが。そして、そこからまた色々なつながりを持って大きく世界が広がりますね。そんな、出会いにいつも感謝です。楽しい会になりますように・・・。

皆様もぜひ、遊びに来て下さいね。

うちのハーブたちが育ってくれたら、ハーブマスタードも作ろうと思っています。
色々と楽しみですね。

MOTTAINAIクラフトあまたさんの水無月のあまたの会のお知らせが届きました。
ぜひ、ご覧くださいね。→こちらです。
店舗紹介のページを見つけたのでリンク貼っておきます。→こちらです。



b0057979_15555304.jpg
b0057979_15553759.jpg

あまたさんのブログより。

第194回 あまたの会『Honey Ant 流 麹講座』
17日(土) 14:00〜16:00 定員10名様 会費¥2000
(講師料、テキスト、お持ち帰り頂く材料費含む)

料理教室やケータリングなどの方法で、ビーガンを中心にした食事を
提供してらっしゃる京都在住の「HoneyAnt」代表 江種さん。
私自身が、3月に酒粕講座でお世話になりました。
3月ブログ酒粕講座体験

今度は、あまたの会にお招き致しました。
最近世界で話題の「発酵食品」日本が誇る麹パワーを、
もっと簡単に取り入れる食生活のヒントを順番に教えて頂こうと思います。
第一回目は「麹で作る調味料」
美味しくなる自家製の麹調味料数品と、粒マスタード作りです。
粒マスタードはお持ち帰り頂いて、家で熟成させて美味しく育ててください。


各会ご予約願います。
〒605-0913 京都市東山区大和大路通五条下る石垣町東側65
MOTTAINAIクラフトあまた
でんわ 075−531−5877
メール mottainai_amata@ybb.ne.jp




[PR]

by honeyant | 2017-05-23 16:22 | W.Sなど | Comments(0)
2016年 10月 13日

季節の手仕事「秋の栗仕事」@アトリエパッチワークのご報告

季節の手仕事W.Sということで、第1回目は、とっても豪華に
「栗」を取り上げ、
*渋皮栗作り
*鬼皮で草木染め
を作りました。

さて、どうなることやらー?だったのですが、とっても楽しく、とってものんびりとできました◎

今回は丹波産の3Lの丹波栗を準備したので、もうそれだけでとっても贅沢♡とっても美味しい♡

〜完成品。とっても大きくてねっとりと甘くて美味しかったです。〜

b0057979_14361519.jpg
さぁ、やってみましょう!

b0057979_16111107.jpg

栗の選び方、産地などのお話や水につける理由、などなどを説明させていただき
最も困難な鬼皮剥きをコツコツと・・・。
と言っても、結構簡単にするりと剥けたりするので、おしゃべりしながらとかだとそんなに大変でもない。




慣れてくると映画見ながらとかできたりもするし・・・(笑)
動く瞑想にもなります。


そのあとは、あく抜きのため重曹を入れてゆがいたり、渋皮を洗ったり。









b0057979_16110937.jpg


その間に鬼皮をグラグラと煮出して草木染めの染液を作り、サラシに模様をつけて、ゴムで巻いたり、キャップを使ったり、割り箸を使ったり、そのままぎゅっと縛ったり。

同時進行なんだけど、煮てるだけなので結構暇。














b0057979_16111088.jpg


そんなことでお昼ご飯ー。

今回は、スペシャル栗ご飯お重箱のランチ。

栗ご飯をメインにお惣菜8種類という、ちょっと豪華なランチでした。



















b0057979_16111004.jpg
b0057979_16111020.jpg

























ランチの後に何度か茹でこぼした渋皮栗を糖液につけて冷まし完成。






b0057979_15571886.jpg



草木染めも、染液から媒染液(化学反応による色止め。今回はアルミとチタンの2種類)に漬けてよく洗って干して完成。








b0057979_16044892.jpg






←上部の濃い色合いはアルミ媒染。
下部は写真よりもう少し優しい色合いです。チタン媒染。












あっという間に終了ー。
みんなでワイワイ話ししながらすると楽しいですね。
家ではあんなに瞑想状態だったのに・・・。遠い目。

そんなことで、最後に試食。
味が染み込んでなかったものの、栗自体が美味しかったので美味しくできていました。
次の日、食べてみたらとっても美味しかったので大満足です。

大きな栗、5個ずつぐらいのお持ち帰りでお家でも楽しんでもらえました。

次回は・・・何かな?
季節の手仕事。寒くなってくるし編み物!希望してますが、皆様は何がしたいですか??

年明けはお味噌仕込みや漬物仕込みなんかも良いですよね。
2月は結構忙しいのです。

そんなことで、季節の手仕事W.Sは細々と続けたいな・・・。と思っています。
意外に、手仕事ってあるんですよねー。そして季節が重なる(汗)

また、次回開催が決まったらご案内しますね。
皆様も是非、地味ーな手仕事を一緒に楽しみましょう◎

今回の栗ご飯お重箱お弁当。
b0057979_15571407.jpg
b0057979_15571553.jpg



*メインの栗ご飯。
塩麹で味付け。
上は黒ごま。






















b0057979_15571756.jpg











*かぼちゃと紅大豆の醤油麹煮

*冬瓜と渋皮栗の煮物

*バジルこんにゃく バルサミコ風味

*ごぼうの赤ワイン煮込み

















b0057979_15571725.jpg










*キャベツ、パプリカ、ミョウガのぬか漬け

*茄子の甘糀トマトケチャップ炒め

*ジャガイモと水菜の粒マスタードサラダ

*車麩の塩麹竜田揚げ

[PR]

by honeyant | 2016-10-13 16:31 | W.Sなど | Comments(0)