人気ブログランキング |

Honey Ant

honeyant.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 21日

田舎(山間部)で暮らす楽しみをみつける。

2017年9月末に花背に移住。
京都市内で、まさかこんなに豪雪地帯があったとは・・・。とこの冬季(移住してから3月ごろまで)はただ、山の暮らしを堪能と言ってももちろん、何をするわけでもなく、雪景色を楽しみつつ、除雪に追われてました。

2018年の春に、このままでは生活が苦しくなる!と思い立ち、
街のイベントに出展させてもらったり、お料理教室などをさせてもらったりで忙しい毎日を過ごさせてもらってました。

ふと、街で仕事。帰ってくる山に癒される。。。
けど、せっかくの田舎暮らしのことはなかなかできない。と気づき、

私が街に行くより、
「せっかく京都の街中からこんなに近いのだから是非遊びに来てもらいたい。」
「田舎体験も私もしたいし、体験もしてもらいたい。」
「こんな山の中に暮らし始めたのだからこの体験を満喫したい!」

ということを思い始め、街での仕事を少しお休みさせてもらって、
(街中出店をお休みさせてもらったりです。左京区すみれやさんの月2回のお料理教室は開催してます!)
花背での田舎暮らし、体験を生かせる暮らしを楽しんでいただけたらなー。。と
少し活動方針を変えてみました。(今年の春先ぐらい・・・)

何がしたいだろう?
私だったら何がしたいかなー?
みんなで楽しめること・・・。

畑、田んぼ。
保存食作り。
山野草を採る。食べる。暮らしに生かす。
川遊び。魚釣り。
散策。
火起こし・・・。

火をつけるって、意外に大変。
安全面の確保ももちろん。
火をつけるという恐ろしさや怖さ。でも、火があるからこその今の暮らし。

水も電気もガスも。
ボタン一つで簡単に効率よく供給されてるので、本当に気がつきにくいけど、
飲み水を確保すること、日常の火をおこすこと(暖をとる、ご飯を作るなど)
本当に大変で、燃料を集めたり効率よく燃やしたり。

小さい頃から慣れ親しんでいると、特に問題なく簡単に火を起こせるのだろうけど、私なんか、全く火を起こしたことがないので薪ストーブもなぜ薪に火がつかないのだろうーーー??って
(でも、実際はそんなことすら知らなかった・・・火がついたら勝手にすべてのものが燃やされてしまうと思ってました・・・(汗))

そんなことで、火をおこすことの体験って今は街では無理だし、もちろん田舎でも場所や安全を要することだけど、
街よりは比較的体験しやすいのかな?と思っています。

煙が出てもそんなに問題なしです。

私はパンを焼くので、石釜でパンを焼くのはやってみたいことの一つだけど、
今はまだそのタイミングではなくて、でも、ピザぐらいは焼きたいなー。

そんな時に、ロケットストーブで毎日パンを焼いている南丹市八木町の星野さんと花背で再会。
そのタイミングで、同じ花背内でロケットストーブを作りたい人たちが!!
ということで、先日、わざわざ花背までロケットストーブを作る&パンを焼いてくれる講習会を開催してもらいました◎

お話会だけでも良いけど、聞いてもなかなか作らないだろうから一緒に作って欲しい。というお願いをして、材料も揃えてもらったり、あらかじめ大変な加工もしてくださってたりと、至れり尽くせりなW.Sでその日のうちに完成。そして、みんなお家に持って帰ることができました。

小さな枝を入れて火をつけたらシュゴーー!!と炎が出てすごい!いきなり!とびっくりです。
こんな簡単に火がつくんだったら、私でもできるかも!?とかまぁ、見てたら簡単なんだけど・・・。
さらに、発酵完了のパン生地を持ってきてくれてて、その場で20分ほどでパンを焼いてくださいました。
パンを温めるのではなくて、パンを焼いてくれてこんな簡易で焼けるんだったらー。。。とびっくりの連続です。

まぁ、もちろん星野さん自身が長年の経験値があるのでいきなり同じにはできないけど、できる可能性を見せてくれたというか・・・。

火の扱いが慣れてる人って本当に、簡単にあれこれするなーって感心します。
先日の花背ワンダーランドでも松橋雑貨店の松橋さんたち石窯チームが数日でさっくりと石窯を作られたようで、そんな簡単にできるの!?!?って本当、皆さん多才で器用。
ちなみに、京北(山国)の松橋雑貨店さんの店内は改装を重ね、壁を抜いてピザ窯を作ったという、本気ですごい人です。そして、ピザもコーヒーも美味しいです。

ちょっと話が逸れましたが、
そんなことで、うちにも火のある暮らし第1弾でロケットストーブが来ました。

まずは短時間でお湯を沸かすことを目標に。
そのうち、簡易ピザ窯をもらったのでそれでピザを焼いたり、星野さん方式のパンを焼いたりしてみたいと思っています。
焼き芋も!!(笑)

至れり尽くせりなロケットストーブ作り。ホントにありがとうございました。
やっぱり一緒に作ってもらっててよかった。構造を聞いても多分部品を揃えるだけでもう面倒になってしまいそう(汗)

b0057979_10501097.jpg
色々なコツも。
作り方自体は結構シンプルで簡単です。
b0057979_10460263.jpg
星野さんロケットストーブ。
あっという間に火が出ます。上部でお湯を沸かしたり。
b0057979_10461493.jpg
そして、まぁまぁ大きめの手のひらサイズ越えぐらいのふっくらパンがあっという間に焼けました!びっくり。
b0057979_10461931.jpg
そのあたりに落ちてる草木が燃料です。
b0057979_10471868.jpg
お湯を沸かす。
b0057979_10465598.jpg
朝のコーヒを淹れる。
b0057979_10474428.jpg
b0057979_10464552.jpg
サンドイッチで朝ごはん◎
b0057979_10480816.jpg
灰は畑へ。
灰はカリウムで、実のなるものはカリウムが必要だそうだとこの前聞きました。
なので、今は茄子のそばに撒いてます。
b0057979_10475535.jpg
お天気が良かったら、外でご飯。
本当、気持ち良いです◎

b0057979_10591875.jpg
b0057979_10592769.jpg
花背でピザやパンを焼いて食べたりしたいなーと思ってます◎
またできるようになったらご案内しますねー。














by honeyant | 2019-09-21 11:09 | 日々の日記 | Comments(0)


<< 天秤座新月便のご案内      花背でお料理教室〜9月・お菓子... >>