Honey Ant

honeyant.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 14日

心と体のこと。の続き。

パンやお菓子を作って販売し始めてから14年ぐらい経ちます。
屋号を持って販売を始めたのが2002年。

始めはただお菓子やパンを作って、喜んでもらえることが嬉しかったです。
そのうち、いろいろな素材のことに目が行き始め・・・。

普通に使っていた外国産小麦。国産と何が違うの?小麦ってどんな種類があるの?
から少しずつ調べ始めました。

その当時は今ほど食の安全性などの話もなく、情報も少なく、少しずつ調べては疑問に思い、何が正しくて何が間違っているのか?自分で判断ができなくてモヤモヤしてて、もうこんなんだったら自分で小麦を作って素材全て自分で生産するしかないやんなー。とか投げやり的に思ったり・・・(でも、そうしてる人もいて)

私が出来る範囲で。私が気持ち良く作れる範囲で。

ということで、自分軸で自分が心地よいものをできる限り、できる範囲でと選択してきました。
全てを思い通りの素材にはできないけど、少しずつ・・・。

正しい、間違ってるという判断はその人の価値観の違いなのだから、ものに対して、素材に対してそう言った判断をすること自体をやめて自分がどう思って選ぶのか?ということだけで素材を選ぶようにしています。

とても良い素材でも高級すぎて手が出なかったりもするし、いろいろとモヤモヤ考えます。もちろん今でも・・・。
でも、今は段階があるな。と思っているので、
コンビニで気軽に手にできるパンが体に負担が来たなーと思えるようになったら、ちゃんと作られてるパンにしよう。簡単におうちで作ってみよう。天然酵母で焼いてみよう。素材に気を使ってるパンにしよう。

などなど人それぞれのその時のタイミングがあると思うので、もし、少しでも体に負担だな。と思うような出来事があったら自分軸で選んでいくことができると良いな。と思います。

10年前からアレルギーの子たちもいて、卵、乳製品を使わないパンなども作っていたのでそう言ったこともあってか、食に関心のある方々とたくさんのお話をしてきました。

アレルギーをお持ちのお子さんのお母さん、ご自身、体調が悪くなってしまった方、精神的に辛くなってしまった方、、、

いろんなお話をしてきて、少しでも私が作ったもので救われたと言われたら嬉しいな。と思っていました。
本当にありがたい。

その中で、最近考えていたことなのですが、前回も書いた、「心と体のこと」。

精神と体は繋がっているので、食事を正せば(体を安定させれば)精神も落ち着く。
ストレスに少しでも強くなれるかも?
というようなことを書いたのですが、ふと、今までのお話ししてきた中で感じてきたことがちょっと違うなー。と思うことがあって、その2を書こうと思ったのですが、

「食を正す」ことに意識が強すぎて精神が不安定になってる部分もあるのでは?とか思う時があります。
「食を正す」「正しい食事をする」ことに執着してるのかな?と思うことがあって
もしかしたら、その執着が精神的負担になっているのでは??

とか思えなくもない。

精神的に、また体調的に不安に思う時、崩した時に「食を正すこと」を意識することは大切だと思うのですが、「自分が食にこだわりを持っている」ということに執着してしまうと食事は正しているのだけど、執着が心の病となって精神的に不安定になっているのでは?と思います。

また、その「正しい食事」も自分軸でないと精神的に辛くなってくると思います。
特に、今のこの情報社会でどんどんといろいろな方面からの情報が入ってきます。

たくさんの情報の中から自分軸で、今の自分にあった食を選び、執着せずに変化さえも楽しめるようになると、良いのだろうな。と思うのです。

ちなみに、あれが体に良い、これが体に良い、あれが美味しい、これが美味しい、など執拗に追い求めることも食に対する執着なんだろうな。と思っています。

今、目の前にあるものを「美味しい」と感じることができて楽しむことができたら良いですよね。

結局は、自分のことを見ていく、そして今の自分軸を見つけることが一番なのだと思います。
それは、情報や他人のことを見ない、聞かないのではなく、それだけを見ず、
自分自身のことをしっかりと見つめていくことが必要だと思っています。

内観法なども良いですが、本当に一呼吸おくだけでも違うかもしれません。
日常の食事は人それぞれの軸があるはずです。
知ることも必要だけど、それをしっかりと自分軸で見極めていくことが本当に大切なんだと思います。

まぁ、本当に思うのは今は飽食なので「あれ食べたら〇〇に良い」とかよりも、食べない選択の方が良い気がします。まずは食の執着を手放すことで見えてくることがたくさんあると思っています。

**余談**
10年ほど前から食のこと、食の問題、それこそ栄養素などを色々と調べたりしてきて、食の問題では本当にたくさんの思いがあって怒りで泣けてきたこともたくさんありました。
もちろん、今でも憤りもあるけど、
結局自分軸がないと選べない。という結論に今は達しています。

その自分軸の基本は土地のものを、その季節にできたものを食べる。端境期などで食べるものがなかったら乾物や保存食を利用する。不自然に作られたものはできるだけ避けたい。想いのあるものをいただきたい。
そんな感じで落ち着いています。

でも、ずっとずっとそればっかりを考えてきてやっと出てきた今の結論、私の想いです。

原発事故があって急速に食や環境の安全性の問題が大きく取り上げられて、意識をそこに向けたら、情報が多すぎて、さらに驚くような情報ばかりで、本当??と疑いたくなるような記事ばかり。

すごく悩んでいる、迷っていると言う話をよく伺います。
そりゃあそうだなーと思います。
少しずつ知っていっても10年以上かかって、まだまだ選び切らないことだらけです。

たまたま、私は食に関しての仕事をしてきたのでそれを調べようと思ったのだけど、ふと日常にその情報が大量に溢れかえってしまった時には本当に処理できないですよね。。。特にお子様がいらっしゃったりすると、食だけでない、いろんなことを選んでいかないといけない。

日々、知ることは大切。そして、自分を見つめることも大事。
自分の軸を持って執着ではなく、こだわりを持って選びとっていくこと。

いろいろな場面で執着を手放すことって大事だな。知らないうちに手放せないことや執着と思っていなかったけど、結果的に執着してたなーと思うこともあり。

変化していく自分自身をしっかりと見ていきたい。


[PR]

by honeyant | 2016-09-14 15:02 | 食に関する考え事 | Comments(0)


<< 稲刈り初体験      心と体のこと。 >>