Honey Ant

honeyant.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 05日

玄米菜食

今の生活の中では私は玄米菜食です。でも、絶対にそうでないといけないとは思っていません。
人それぞれ。体調や体質、季節、そしてその人が持って生まれたエネルギーがあるので、本当に心と体が求めるものにちゃんと向き合う事が出来れば、良し。と言う考え方です。

私の考えでは大人と子供、男性女性、生活活動など色々と対比してみた時に人間の体に必要なものが変わってくるのではないか?と思ってます。子供には玄米よりも分づき米の方が適しているかもしれないし、男性が玄米を嫌がる事があると聞く事もやはり体がそれを望まないからかもしれないと思ってます。

私はじつは。。。あまりご飯(白米)が好きではありませんでした。←爆弾発言!!
玄米に出会うまでは。玄米にしてからお米が美味しいと感じる事が出来ました。これはたぶん、私の本当に必要としている事だったのかもしれません。お肉もあまり美味しいと感じず(泣)ごめんなさい。
私の体が欲しているもの、本当に美味しいと思っていつまでも食べ続ける事が出来るものが野菜(特に根菜)に多いのです。

だから、私はきっと根菜が体的に必要なのではないか?と思っているのです。本当に心から満足して食べたい!って思うものは何?と今の体に語りかける事によって今の食べるべきものが見えてくるのかもしれません。

よく、お客様とお話しをしたりすると『旦那さんは玄米を嫌がる。』『全く玄米菜食に興味を示さない』とお伺いします。一緒に食事をしたいのに自分の好みを相手が気に入ってくれないとせっかくのお食事が台無しになっちゃいますね。でも、相手にしても同じ事。せっかく作ってくれたご飯を一緒に楽しみたいと思っているのに自分が思っているお料理が出てこなかったら・・・。

これが絶対良い!なんて断言はできないので、もちろん化学調味料たっぷり+白砂糖たっぷりは嫌ですが・・・、自然の中の食に感謝できる、そんなお食事をしたいと思うので必要ならばお肉料理も良し。と思うのです。

アレだめ、コレだめ。の考え方より、あれを取り入れてみよう。これは削ってもそんなに問題ないよ。というその時々に合ったお料理をしたら良いな〜と思ってます。

ちなみに、私が男性に食事を提供する時はごま油など少し重めの油で最後に風味漬けするようにしてます。あとは、はっきりとわかりやすいスパイスを使うようにしてます。辛い、甘い、しょっぱい、など。なぜわかってもらえないのか?と思うよりも、一工夫で一緒に楽しむ事が出来るお食事を出来ると良いですよね。
[PR]

by honeyant | 2012-04-05 00:31 | 食に関する考え事 | Comments(0)


<< 祝島のひじきで・・・      土壁 >>