カテゴリ:日々家仕事(にちにちいえしごと)( 10 )


2017年 04月 18日

【日日家仕事〜手縫いの会〜】3月のご報告

3月も楽しく手縫いの会が開催されました。

2月の続きをされる方や、新しいものにチャレンジする方、
また初めての方もいらっしゃってのんびりと楽しく過ごせました。

初心者の方も多いので、レイコさんもびっくりの事件(笑)があちこちで繰り広げられたりで、、、
またそんなことも、みたり聞いたりすると自分の勉強にもなるしで、みんなであれこれしながら作業していくことってやっぱり楽しい。

私は、今回はメンズシャツに挑戦です!
とっても柔らかくて気持ちの良い播州織の生地を選んで持ってきてもらってそれを使って作り始めました。
さて、どうなることやら・・・・・・・。
b0057979_17065962.jpg

前回の羽織りものはサクサク縫えたけど、
今回のシャツは「えっちらおっちら」な感じです。
半袖なので夏までに出来上がれば良いか・・・な。

基本の5パターンから選んでもらって作り始めますが、慣れてくれば、レイコさんに相談して好きなパターンも作ってもらったりもできます。(もちろんできない場合もあるので要相談です。)

今回は、お持ちのオールインワンを別の生地で作りたいということでパターンを作ってもらっていた参加者の方がいらっしゃいました。サクサク縫って、帰る頃には結構出来上がってるー!!すごいです。
b0057979_17042880.jpeg
b0057979_17054078.jpeg
前に、私もお気に入りのワンピースを伝えてパターンを作ってもらったのですが、気に入った形のものってあれこれ生地を変えると雰囲気が変わって作ることができるのでとっても楽しいです。

春夏用と、秋冬用のワンピースを作ったりしてます。

今回、私はメンズシャツを作るのだけど、丈を長くしてシャツワンピースを今度作りたいなーとかまだ出来上がってもないのに考え中です(笑)


そして、さらにさらに・・・。

この縫い縫いを続けていくと、結構問題になってくる「ハギレ」
四角の布を好みの形にカットするのでどうしてもハギレが細かいものも大きなものも出てきます。
せっかくの選んだ生地、これをどうしようー。となることが多いので集めてハギレで何かを作ろうの会もいつかのタイミングでする予定です!

自分一人だと同じようなパターンしかなくても、みんなのハギレを持ち合わせればとっても可愛い組み合わせができたりと楽しみすぎて仕方ない(笑)

ちょうど、レイコさんが高槻市にある乾物屋スモールさんでされたハギレW.Sの時の作品を見せてくださいました。
スモールさんでも毎月活動されています!
お近くの方は是非是非!!
b0057979_17073605.jpg
b0057979_17072072.jpg
b0057979_17075300.jpg

ちなみに、レイコさんは出町柳のアトリエパッチワークの縫い部の部長さんでもあって毎月第3月曜日にパッチワークで洋服のお直し会などをされています。(4月はお休みです)

そんなお楽しみなことも話ししたりしながら夢が膨らむー♡ですです。

b0057979_17082037.jpg



今回のご飯は
・黒米いなり寿司
・黒豆おにぎり
・蕗味噌入りおにぎり
・春野菜の甘糀マリネ
・おからの炊いたん
・緑のサラダ 甘糀ドレッシング
・なめこ入りお味噌汁
・漬物
でした。

ご飯のタイミングも適当に食べてもらえるようにバイキング方式です。好きなものを好きなだけ、好きなタイミングでー。



b0057979_17090080.jpgb0057979_17172839.jpgb0057979_17161837.jpgb0057979_17144958.jpg

































































































おやつは
ドライみかんとナッツの蜂蜜漬け。
集中した後の甘いものは美味しい。

次は5月11日(木)10:00〜16:00です。
初めてのご参加の方は
こちらを参照してください。どれを作るかを決めてご連絡くださいね。

毎回、本当に楽しいです。ジミーだけど、楽しい。あれこれと縫いましょう。








[PR]

by honeyant | 2017-04-18 18:01 | 日々家仕事(にちにちいえしごと) | Comments(0)
2017年 03月 17日

【日日家仕事〜手縫いの会〜】2月のご報告

今年から始めることのまたまた一つとして「手縫いの会」が始まりました。

当初の予定よりも少し多い6名様にお越しいただけて、講師のレイコさんはバタバタ状態でしたが、さすが大ベテランさんで、みなさまのご要望をサクサクと伺い、ちゃっちゃっとこなされてました。

5パターンの中からこのパターンにする。というご要望を伺っていて、そこから布選びで長さや襟の空き具合などなど最終的にどのような形にするか?という希望を聞いて一人ずつ布をカット→縫い方の説明→縫い始める・・・。という感じで繰り返されていました。

一番人気は袖なしワンピース。
播州織の生地を選ばれた方や、インディゴのカディを選ばれたり、また上下の生地を変えて作ることを選ばれた方もいらっしゃって、同じパターンであれこれと違いができそうです。

私は羽織ものを作ろうと思っていて、夏にパッと羽織れるものを。って思ってたのですが、当初予定していた播州織の生地が思っていたよりパリッとしていて(私はいつもだらっとしてるから、そう思うけど、多分他の方が見たら良い雰囲気だと思うっていうか、レイコさんに「どこがパリッとしてるの?」って不思議がられたほど・・・(笑))
そんなことで、麻のシャリっとした生地を選びましたー。

他にも、袖ありワンピース、キャミソール&ペピパンツなどにチャレンジされた方も。

手縫いの良いところは、チクチクしてるだけだからお話ししたりしながらもできるし、時々手を休めてぼーっとしたりもできます。

さっと始めれてさっと止めれる。そんな気軽な感じと、ひと針ごとに針を動かす集中がとても好きです。

実際に、参加者の方から、手縫いをしてみて楽しかった。とのお言葉もいただけて、「今更手縫いってー。」って思われるかと思ってたけど、皆様とも楽しいを共有することができて、この企画を始めて良かったと思いました。

ただ、手縫いだとなかなか進まないのではー??と思われるかもしれません。
でも、でも・・・、意外に簡単。というか、とってもシンプルに縫いが少ないパターンを起こしてくださっているので「あれ?もうできた・・・。」となります。

初めて作る服は出来上がりが想像しにくくて(特に前半)どうなってるの??と長く感じますが、何回か作っていくうちにだんだんと流れがわかってきたり、コツを掴んできたりするのでサクサクと縫えます。

そんなことで、参加してくださった方から袖なしワンピースができた!と写真を送ってくださいました。
b0057979_17114441.jpeg
袖なしワンピース。インディゴのカディ。
後ろも少し切り返しがついていて可愛いです。

b0057979_17121303.jpeg
私は、麻の羽織もの。
あとは、前を止めるボタンか何かをつける予定ですー。

教えてもらってから約1週間ぐらいで出来上がりました。

そんなことで、もちろん、パターンとやり方を聞いてお家で完成させても良いし、来られてからじっくりと進めもらっても良いです。

手縫いの会の時に進めることができたら、わからなければすぐにレイコさんに聞けるし、こうしたいなどのちょっとしたリクエストや、疑問やアドバイスを受けることができます。

去年、初めて針と糸を持ってからあれこれ作ってますが、
時々アドバイスをくれるレイコさんの言葉で、「あぁ、なるほどなー」って深く納得することも多々ありです。初めはわかりにくかったことや、言われるがままにやってたことが、だんだんと自分でわかってできていくとサクサク感が違います。

今回の手縫いの会はみんなで縫えるので、あれこれと教えてもらったり、教えたりしながら進めていけるし、そのあたりもまた今後の展開がとても楽しみです。
きっと、じゃんじゃん服ができるでしょうー(笑)

みんなのやり方や、ポイントなんかも聞きながら、良いところを真似たりして楽しく縫いましょう。

*日日家仕事〜手縫いの会〜*
【日時】毎月第2木曜日 10:00〜16:00頃
     *4月13日、5月9日・・・
     *時間は特に指定はないので好きな時に来て好きな時に帰れます。
【参加費】1000円(お茶菓子付き)
【パターン料】2000円/1パターン
【布代】実費 
*播州織を選ばれたら下記のような感じです。でも、違う布も持ってきてくださってるので要相談で金額は変動します。下記は参考にしてください
    a袖ありワンピース 7500円
    b袖なしワンピース 6500円
    cパンツ      6000円
    dはおりもの    6000円
    eキャミソール&ペチパンツ 2000円
*a~dの布はレイコさんオススメの兵庫県播州織のざっくりとした生地(綿70%麻30%)を準備してくださいます。eはインドの優しい肌触りのカディ(手紡ぎ手織の綿)という生地です。
【ランチ】玄米菜食ランチ 1000円(ご希望の方にご用意します。要予約)
【持ち物】なし。 全て準備してくれるので、基本的には準備なしでお越しください。
【場所】Honey Ant 京都市上京区(詳しくはご予約後、ご案内いたします)
*前回のブログにあれこれ詳細書いてますので参考にしてくださいね。→

楽しみにお待ちしております!







[PR]

by honeyant | 2017-03-17 17:36 | 日々家仕事(にちにちいえしごと) | Comments(0)
2017年 03月 06日

日日家仕事〜仕込みの会〜3月

【日日家仕事〜仕込みの会3月〜】
お味噌を仕込む。
*日時*
 2017/3/13(月) 10:00~12:00
*参加費* 3500円(通常の米味噌2キロお持ち帰り)
*持ち物* 保存容器(3Lぐらいのタッパーなど。袋に入れてお家で甕(かめ)や樽などに
      移し替えることもできます。
*オプション* 米味噌プラス1キロごと¥1500
麦味噌プラス1キロごと¥2000(麦味噌は甘味噌予定です。夏頃に食べれます)
*使用素材*
・滋賀県産除草剤、初期段階のみ使用の減農薬の大豆 (今回のお味噌仕込みの大豆は蒸します!
時間はかかるけど、煮豆より味わいが深く美味しいです。)
・若狭産除草剤、初期段階のみ使用の減農薬米の自家製米麹
・天日海塩 オーストラリアの火入れしない美味しいお塩

お問い合わせ・ご予約は
honeyant02☆me.com
☆→@に変更してください。

皆様のご参加をお待ちしております!






[PR]

by honeyant | 2017-03-06 12:17 | 日々家仕事(にちにちいえしごと) | Comments(0)
2017年 02月 16日

【日日家仕事〜手縫いの会〜】

日日家仕事。
日々使うもの、食べるもの、作るもの、そういった日常の身の回りのものを自分で作ることをしたいな。ということで始めることにしました。
日常の中に修行がある・・・。ちょっと大げさですが、でも、確かに日常を大切にすると落ち着いた感覚になるし、地に足つける感覚、また軸が整っていくような気持ちにもなります。

忙しい、慌ただしい、スピードのある今現在だからこそ必要な感覚なのかもしれません。

自分の着るもの、食べるものを全て人任せにしない。自分で作り出すことで、今まで購入していたものの見方が変わったり、自分軸が見えてきたりもすると思います。

ミシンでダダダ・・・・も楽チンだし出来上がっていく工程が早いくて楽しい。
でも、あえての「手縫い」です。もちろん、ミシンがないからなのだけど(笑)

でも、手縫いの良さがあります。
まず、
道具が要らない。針と糸だけで縫えます。と、同時に場所もいらない。
始めたくなったら簡単に始めることができて、やめたくなったらすぐに止めれます。

縫い目が不規則なので手縫いならではの優しい雰囲気に仕上がる。
手仕事のものって、どこか懐かしいような、どこか優しいような雰囲気になります。
そして、同じように作ってるはずなのだけど、なぜか個性が出ますよね。

自分に合った縫い方で自分の服を作りましょう。

今回初めてのことなので講師のレイコさんに5パターンの服を提案してもらいました。
その中からまずは作りたいものを選んでいただきます。
始めの1パターンの布はレイコさんが用意してくれます。
あとは、自分に合ったアレンジをレイコさんと相談しながら縫っていきます。

首回りの広さや丈の長さ、袖の長さはもちろん、ズボンもワイドにするか、狭くするか・・・、また、切り返しの場所、ポケットやボタンの有無。などなどイメージやアドバイスを交換しながら縫っていきます。

1回では完成できないと思うので、そのあとはお家で完成させてもらっても良いし、また次回に持ち越しでも構いません。一つの服をじっくりと仕上げるように刺繍をしたり、飾ったりもできます。

また、同じパターンであれば、次回からはパターン料金はかかりませんので、別のお好きな布で作ることもできます。布の雰囲気が変わるとまた全然違う服に仕上がるし、アレンジによってあれこれと広がります。
そうやってアレンジしやすいようなシンプルなパターンを作ってくださっているし、また手縫いでもちゃんと完成させることができるように縫い方もシンプルにしてくれています。
裁縫道具のこと、布のこと、あれこれ疑問にも答えてくださいます。

きっちりと「商品」を作るのではなく、日常の、自分にとって心地よい服を作りましょう。

【日時】毎月第2木曜日 10:00〜16:00頃
     *3月9日、4月13日、5月11日・・・
     *時間は特に指定はないので好きな時に来て好きな時に帰れます。
【参加費】1000円(お茶菓子付き)
【パターン料】2000円/1パターン
【布代】a袖ありワンピース 7500円
    b袖なしワンピース 6500円
    cパンツ      6000円
    dはおりもの    6000円
    eキャミソール&ペチパンツ 2000円
*a~dの布はレイコさんオススメの兵庫県播州織のざっくりとした生地(綿70%麻30%)を準備してくださいます。eはインドの優しい肌触りのカディ(手紡ぎ手織の綿)という生地です。
【ランチ】玄米菜食ランチ 1000円(ご希望の方にご用意します。要予約)
【持ち物】なし。 全て準備してくれるので、基本的には準備なしでお越しください。
【場所】Honey Ant 京都市上京区(詳しくはご予約後、ご案内いたします)

料金が少しややこしいのですが、
1回の参加費は1000円です。
1回目はパターンと布の代金が必要です。
例えば、「a袖ありワンピース」を選ばれた場合、
参加費 1000円
パターン代 2000円
布代 7500円
合計 10500円
です。
2回目にお越しいただく際、前回の続きをする場合は、
参加費 1000円のみです。

また、1着目が仕上がって、同じパターンで違う布で作られる場合も、
参加費 1000円のみです。
・布はご準備ください。(レイコさんにアドバイスも受けれます)

なので、気に入ったパターンで作っていくと、ずっと1000円の参加費のみでお越しいただくこともできます。

始めに準備してくださる播州織の生地でのワンピースは2万円以上はすると思うので、自作だと半額ぐらいで仕上がります。

その他にもあれこれと話は広がって楽しみが増え続けているのですが、その辺りはとりあえずちょっと置いておいて、今回はこのような形で始めてみようかと思います。

是非是非、一緒に家仕事を楽しみましょう。

ご予約・お問い合わせは
honeyant02☆me.com
☆→@に変更してください。

a袖ありワンピース
b0057979_21395122.jpg
b袖なしワンピース
b0057979_13423958.jpg
cパンツ
b0057979_21565977.jpg

dはおりもの
b0057979_13385504.jpg
eキャミソール&ペチパンツ
b0057979_13393425.jpg
生地のUP
b0057979_21371652.jpg






[PR]

by honeyant | 2017-02-16 13:47 | 日々家仕事(にちにちいえしごと) | Comments(0)
2017年 02月 06日

日日家仕事〜手縫いの会〜

3月9日から始まる日日家仕事〜手縫いの会〜
3月から毎月第2木曜日に開催予定にしています。

どなた様でも、何時からでも、どんな形でもO.Kでゆるゆると楽しんでいきたいな。と思っています。

講師は、アトリエロザリーのレイコさん。
もうかれこれ10年以上のお付き合いをさせていただいていますが、本当にすごい人です(笑)
あれこれの経験豊富なこともそうですが、守備範囲も広く、考え方などなどもいつもとても勉強になり、彼女と話ししているとなんだかとっても元気になります。

ウェディングドレスをオーダーで作ることをメインで活動されていますが、その他にもあれこれと多彩な活動をしていて、アトリエパッチワークさんでも春と秋に2回の「エプロン展」、月1回の「縫い部お直し会」などもされています。

*2017春のエプロン展は3月17日〜21日予定です。
*縫い部お直し会は、毎月第3月曜日です。

エプロン展では、彼女の作るエプロンなどを中心にワンピースやシャツ、パンツなどあれこれを見ることができたり、お話を通しての彼女のこと(考えや活動のことなど)を感じることができると思います。

月1回の「お直し会」が本当に感動的に素晴らしく、洋服のお直しをしてくれます。
ちょっと古い感じで着にくくなった服や、大きすぎて着れなかった服など、アレンジをしながら直し方を教えてくれたり、ちょっと不安であれば託すこともできます。

タイミングがなかなか合わずで私はまだ行けてないのだけど、友人、知人は数人直してもらったそうで、みんな大満足&本当にすごいー!!と大絶賛です。

着れなくなった服を直して着ること。再利用していくこと。一昔前は当たり前だったようなことなのかもしれません。今は、直してまで着なくなってきてるし、少しの部分が気に入らないとそれだけでなかなか着なくなってしまいます。

もったいないなーと捨てられずにいた服って結構あるかも?もし、ちょっとな。と思う服があったら是非レイコさんに相談しに行ってみてください。あれこれのアイデアと、経験値でお気に入りの服に生まれ変わるかもしれませんよー。

彼女は、そういう活動を続けたいと言っていました。

素材を大切に長く着続けること。使っていくこと。

・・・・・、
今回の話とちょっと脱線しましたが・・・、

そんなことで、洋裁の技術はもちろん、考え方などもとても勉強になります。器が大きいのであれこれと受け入れてくれて私のような超初心者でも服を縫えるようになりましたよー。

今回、Honey Antで開催してもらう「手縫いの会」では、手縫いをすることを楽しみたいと思っているので、できるだけ簡単に、シンプルに作る方法で服やパンツなどを作っていきます。

服が出来上がることももちろん楽しみなのだけど、作る過程、針と糸だけで地道な単純作業を楽しみたいと思っています。早く、上手に出来上がることよりも、大切にしたい時間と空間を楽しみたいです。

5パターンの中から好きなもの、作りたいものを選んでいただきそれぞれ縫っていきます。
1回で仕上げても良いし、何回も同じテーマでお越しくださっても構いません。
同じパターンで違う布を使って縫っても良いし、刺繍やボタンなどをつけてじっくりと作り上げていくこともできます。

レイコさんが選んでくれた生地は兵庫県西脇市で作られる綿70%麻30%のざっくりとした播州織の生地(白っぽいベージュ)です。

1回目に作るパターンは、この生地で作ります。同じパターンでまた作る時はご自身で布をご用意してもらって作ることができます。布が変われば同じパターンでもまた雰囲気が変わりますもんね。


少しずつ、レイコさんから写真が届き始めました。


       布イメージ

b0057979_21371652.jpg


今回は2パターン。

*袖ありワンピース
b0057979_21395122.jpg


とてもシンプルで着心地の良い形なので着回しによってもあれこれとアレンジできそうです。
もちろん、丈の長さや袖の長さ、首回りのあき具合などやポケット、刺繍、あれこれアレンジ自在です。
あと、リクエストのあった
お子様とのペアにも対応してくれるそうですー!
なので、親子ペアのワンピースが作れます☆

刺繍とか変えたりしてもかわいく仕上がりそうですねー。
これを作るという見本はあるのだけど、あれこれのアレンジをしてくれたり、提案してくれたりするので同じはずなんだけどいつも全然違う出来になるのも本当に面白いなーと毎回感動します。

*ズボン*
細身、中間、ワイドと選べます。丈の長さや切り返しなども変化できるし、絞りもできますのでこれも自由自在です。
私もこのズボンは気に入ってたくさん持ってますが、(作ってもらったのを2本と自分で作ったの2本)布も違うし雰囲気も変えれるので同じパターンとは思えないぐらいです。そして、、、、なぜこんなにもズボンを作ったのか?というと、本当に楽ちんなのです。着るのも作るのも。

是非是非、これは作ってみてもらいたいー。
1本作れるとアレンジし放題です。
b0057979_21565977.jpg

そんなことで、自分の好きな布と形で着心地の良い普段着を一緒に手縫いしましょう。
早くはないけど、そんな時間を楽しみましょう。

*追伸*
本当に超初心者なんですが大丈夫?ってよく聞かれます。
答え:大丈夫です!本当に、大丈夫です(笑)
   この私が言うのだから、絶対に大丈夫です。







[PR]

by honeyant | 2017-02-06 22:05 | 日々家仕事(にちにちいえしごと) | Comments(0)
2017年 02月 01日

日日家仕事〜仕込みの会〜2月

2月のお家仕事、仕込みの会はやっぱりお味噌。
先日、この日程でーって思ってたけど、その後問い合わせがあったりしたので結局日程変更になりました。しかも、内容もちょっと変更(笑)

予想を立ててこっちであれこれ考えるより、やっぱり要望を聞いた方が早い〜。
・・・、っていうか、私が皆様のご要望をかなり勘違いしてる??ということでしょうか?
ガーーン。

まぁ、どちらにしても日々のお家仕事をしましょう。
ちなみに、お味噌作りは年中できますが、今の時期に一番適していると言われるのは気温が低いからです。今月間に合わなくても4月頃か5月頃までは普通に仕込めると思いますよ。
夏場にわざわざ仕込む必要もないと思うので、できれば春先ぐらいまで。あとは11月頃からまた仕込んでみてはいかがでしょうか?

結構大量の大豆を蒸したり、煮たりするのでそれだけで夏は暑いですもんね。寒い日にやってしまった方が良いです。

【日日家仕事〜仕込みの会2月〜】
お味噌を仕込む。

毎日のお味噌汁を自分のお味噌で作ることができたら・・・。
「ちゃんと作られたお味噌って高いよねー(高価)」ってよく言われますが、自分で作れば安いです。
しかも、大豆も麹も塩も選べるし、煮方も割合も、熟成具合も選べます。
もちろん、不要なもの、アミノ酸や保存料、酒精なども入っていません。

さらに、お家で熟成させることによって菌たちのおかげか空気感が良くなってきます。(と思います。)
気の流れが良くなるというか・・・。
そして、自分の家で熟成させたお味噌は、自分たちにとって、そこに住むものにとって一番最適な状態で発酵していってくれるはずです。そんなことで、とっても美味しく出来上がります。

実際に、ちゃんと作られたお味噌を食べたりしても、自分が作ったお味噌が一番美味しい!!って思いますよ。結構皆様おっしゃいます(笑)

食べるときの心構えで栄養などの吸収力が違ったりすると思いますが、自分の作ったお味噌汁は美味しい上に、美味しいと感じる、嬉しいと感じることで私たちの体にもとっても有益に働いてくれること間違いなしです。
ぜひ、お味噌作ってみてくださいー。

*日時* 2017/2/12 10:00~12:00
 2017/2/27 10:00~12:00
*参加費* 3500円(通常の米味噌2キロお持ち帰り)
*持ち物* 保存容器(3Lぐらいのタッパーなど。袋に入れてお家で甕(かめ)や樽などに
      移し替えることもできます。
*オプション* 米味噌プラス1キロごと¥1500
麦味噌プラス1キロごと¥2000(麦味噌は甘味噌予定です。夏頃に食べれます)
*使用素材*
・滋賀県産除草剤、初期段階のみ使用の減農薬の大豆 (今回のお味噌仕込みの大豆は蒸します!
時間はかかるけど、煮豆より味わいが深く美味しいです。)
・若狭産除草剤、初期段階のみ使用の減農薬米の自家製米麹
・天日海塩 オーストラリアの火入れしない美味しいお塩

お問い合わせ・ご予約は
honeyant02☆me.com
☆→@に変更してください。

皆様のご参加をお待ちしております!







[PR]

by honeyant | 2017-02-01 16:48 | 日々家仕事(にちにちいえしごと) | Comments(0)
2017年 01月 27日

日日家仕事〜仕込みの会〜

日日家仕事(にちにちいえしごと) 仕込みの会は、2月はやはりお味噌を仕込むことにしました。
通常の黄大豆、米麹、塩で作る通常味噌のほか、それ以外にも作ってみたい。とのことで
今回は黒豆味噌と麦味噌を作ってみます。(両方作っても良いし、片方でも大丈夫です)

日日家仕事〜仕込みの会〜
 「お味噌を仕込む」
・お味噌作りの基本のお話
・配合のお話
・作り方、注意点、保存方法、アレンジ方法のお話
・お味噌を作る
 *通常米味噌(2キロ)
 *黒豆米味噌(1キロ)
 *麦味噌(1キロ)
【日時】2月13日(月)10:00~12:00
2月22日(水)10:00~12:00
  *日時のご希望がございましたらお問い合わせください。
【参加費】3500円/お一人様(材料費込み・いずれか1種類の金額になります。1種類以上作られる場合はプラス2000円/1種類です。)
【所要時間】約2時間
【持ち物】エプロン、ハンドタオル、保存容器(味噌2キロお持ち帰りの場合3L容量、1.0キロお持ち帰りの場合2L容量をお持ちください)
【素材】大豆、黒豆は滋賀県産減農薬(種子段階で2回除草剤のみ使用)
    米麹は若狭の減農薬米で作った自家製米麹
    麦麹は熊本県産自然栽培の大麦使用麹
    塩はオーストラリアの天日海塩(変更になる場合もございます。気になる方はご連絡下さい)

*プラスで仕込む場合の材料費は別途必要となりますので、ご希望の方はお問い合わせください。

お問い合わせ・ご予約は
honeyant02☆me.com
☆→@に変更して下さい。

お待ちしております!

[PR]

by honeyant | 2017-01-27 21:24 | 日々家仕事(にちにちいえしごと) | Comments(0)
2017年 01月 23日

「日日家仕事(にちにちいえしごと)」

先日から少しずつご紹介しているお家しごとのW.Sのネーミングを考えようということでつけてもらいました。

「日日家仕事(にちにちいえしごと)」

日常のお家仕事。特別なことではなく、身の回りのものを作る、仕込む、使う、食する。日常の流れの中に少しずつ根付いていくと良いな。と思っています。

初めはスペシャル感があったとしても、頑張って続けていくといつの間にか日常に、当たり前になります。
そうなると、自分なりの方法を見つけたりアレンジしたりできるようになり、自分にとって不要なことは削っていき、大事にしたい部分を残していき、やりやすい方法を見つけることができると良いですね。

そんなことで、初めに決まった
「手縫いの会」
3月9日(木)10:00〜16:00
*毎月第2木曜日予定です。

アトリエロザリーのレイコさんに来てもらって手縫いをします。
今年は初めてということもあって、とりあえずパターンを5種類用意してくださるのでその中から好きなものを選んでそれぞれが作っていきます。
*ワンピース(袖ありタイプ)
*ワンピース(袖なしタイプ)
*パンツ
*はおりもの
*キャミソールとペチパンツ

だいたい、日常によく使いそうなものを提案してもらったのですが、ワンピースと言っても裾の長さでチュニックなどにも変更可能。袖の長さなどももちろん変更可能です。トップスとしても作れるし、ワンピースとしても作ることができます。
パンツも幅に合わせで細身、ワイドや、また裾を絞ったりなどの変更もできます。
はおりものは、前開き基本で、後ろ開きで割烹着になります。こちらも袖口やあれこれの変更可能、自分の作りたい形にアレンジしてもらえます。
キャミソールとベチパンツは、インナー用ですが、なんとなく一般的に売られているのってナイロンのものが多いので自分の好みの布で作ることができると便利かなー?と思っています。

そんなことで、ざっくりと決まったパターンですが、それぞれがレイコさんと相談して作っていくことができます。

また、番外編で
6月ごろに浴衣生地で涼しくて楽チントップス。
11月ごろに編み物でレッグウォーマなども作れたらな。と話してます。
さらに・・・、お楽しみで
お家にある要らない古着や端切れなどを持ち寄り、端切れ交換会をしてそれぞれに小物を作ったりもしたいな。と思っています。箸袋や小さなバッグ、ランチョンマットやかばんなどなど日常のちょっとしたものを端切れを縫い合わせて作っていきます。

システムは、とってもゆるいです。

毎月第2木曜日(予定)10時ごろ〜16時ごろでお好きな時間にお越しいただき、好きなパターンを選んで布を裁断。あとは自分のペースで縫い縫いです。
帰りたくなったら帰っても良いし、もちろん途中抜けてもらっても構いません。
お家で最後、やり終えても良いし、次にお越しいただいて続きをしても構いません。

もう1枚同じパターンのものを作りたい。ということで2枚目からは自分で準備した布をお持ちいただいて塗っていただいても大丈夫です。(初めの1枚目はパターンとともにレイコさんが布を準備してくれます)刺繍やワンポイントのボタンなども作ることができます。

あれこれ作りたい人、じっくり作り上げていきたいひと、のんびりと作っていきたい人。
それぞれのペースで手縫いをする時間を楽しみたいなと思います。

上手、下手、早い、遅い、ということではなく、日常の中で身にまとうものを自分の手で作り出していくことをご一緒に楽しむことができればな。と思っています。

お菓子とお茶をご用意しますね。
ランチはご予約でおつくりいたします。

なんか、そんなゆるゆるな感じで、
「手縫いの会」を続けていければな。と思っています。

今回、レイコさんが選んでくれた布は播州織。
思っていたより良い布が手に入ったようですよ。楽しみです。

たくさんの織物を見てこられて、今、一番気に入っている織物だそうです。
日本の、兵庫県の織物。やっぱり精確さなどが違うようです。
私もまだ見ていないので、本当に楽しみ。

サンプルが出来上がったらまたご案内しますね。

そんなことで、まぁ始めてみないとわかりにくいかも知れませんが、
一つ言えることは、
全く針と糸を持ったことがなくても縫えます!!(笑)
一緒に、日々の縫い物を楽しみましょう。
またまた、詳細が決まったらご案内しますねー。

**********************

そして、私も
日日手仕事〜仕込みの会〜
をしたいな・・・。

やはり、2月なのでお味噌作りかな?と思い、お味噌を作りましょう。
毎月何かしら仕込んでみようかな?第2火曜日あたりいかがでしょう?
また、決まったらご案内しますねー。

って、2月からしようかと言ってるのに(汗)
早急に考えますー。






[PR]

by honeyant | 2017-01-23 14:32 | 日々家仕事(にちにちいえしごと) | Comments(0)
2017年 01月 18日

手縫いを楽しむ。

去年、初めてみた「お裁縫」

ブログでも時々書いていたのですが、去年初めて針と糸を持ち、針に糸を通し、初めてハサミで布を裁断し、初めて「1着の服」を完成させることができました。

もう本気で、家族中「えっ??あんたが??」と相当びっくりされていますが、なんと、続けています。

まぁ、実は私としてはボタンぐらいは縫えた方が良いよなー・・・。便利だよなー・・・。ちょっと針と糸が持てたら、繕えたりできるし、きっと便利だろうなーーーー。
ぐらいの気持ちで、
まずは「お裁縫の基本」を教えて欲しい。
とお願いしたつもりだったのだけど・・・

いつのまにか、ことが大きくなり、針と糸を初めて持ったのに割烹着を作ることになりました。

1着目は、もうそれはお見せできるようには縫えなかったのですが(まぁ、でも自分としては結構気に入ってます)なんとなくコツつかみ、というか、縫うだけだし気をつけるポイントが分かったら結構縫えるかも!?しかも、割烹着なんて私が一番必要なアイテムが自分で縫えるとなると更に嬉しい!!買わなくても良い!&自分の着心地で作ることができるー!という考えが湧いてきたのですが・・・。

そんなことで、とっても気に入ってあれこれと作り始めました。

ミシンは持ってないし、使ったこともないので「手縫い」ということがどれだけ大変で、どれだけミシンが楽か。ということを知らないという無知の幸せがワンピースなども手縫いで縫ってても苦にならない。

去年は、割烹着2着、羽織にした割烹着アレンジバージョン1着、ズボン3着、ワンピース2着、&ワンピース今塗ってる最中1着を作りました。
こうやって書き出してみるとなんともハイスピード(笑)

私としては、この「手縫い」の時間がとても心地よく、出来上がってくる楽しみももちろんだけど、アレンジしてみたり、少し気をつけて前回よりも工夫してみたり、そして無心で「縫う」ことに専念してみたり。

初めは、ボタンぐらいは縫えるようにぐらいのかなり実用的な考えが元に始まったのだけど、実際は、実用的な事はもちろん、この心地よい時間を楽しみになるようになりました。

「手縫い」のよさは、
ミシンではない手縫いならではの優しい雰囲気が出ます。確かにふんわりと柔らかい感じです。
やりたい時にすぐに初めて、やめたい時にすぐに止めれる。
最小限のスペースで邪魔にならない。膝上で十分です。

最近は、足湯をしながら膝上で編み物感覚で縫い物をしています。

そんなことを約1年、経験させてもらって、もうこれは長年やってみたかったことをやっぱり実現させたい!ということで、今年はみんなで縫い物をする会をしたいと思います。
みんなで同じ空間で同じ思いの人たちが何かを作っているという時間を持ちたいな。ってずっと思っていたのです。

作る喜びや、自分にあったものづくり、身の回りのものを心地よい素材で作り出す。
それは、食の仕込みものなどにも同じこと、同じテーマでもあるし、初めの第1歩はみんなで作る楽しみも一緒に楽しみたいな。と思っています。

毎月の定期開催を予定していて、自分の好きなタイミングで来て帰って。おやつ食べたり雑談したり。
端切れでボタン作ったり、刺繍したり。

さらには、どこかのタイミングで端切れ交換会みたいなことをして端切れを持ち寄って、それぞれ合わせて小物を作ったりしたいなー。と話ししていました。

そして、布のこと、縫い物のこと、日本のことを「縫う」を視点に一緒に考えたり見ていけたり、知っていけたらな。とも思っています。

第1回目の日程だけ決めてきました。
3月9日(木)10:00〜16:00
を予定しています。

講師のアトリエロザリーのレイコさんは、本当に適当です。いや、そうではなくて、経験豊富なのであれこれ大きな心と器で私たちのリクエストや相談に応じてくださいます。長さや幅、前開き、後ろ開き、ポケット、ボタン付け、あれこれ自分が作りたいように教えてくれます。そして、一番シンプルに縫えるように教えてもらえるので本当に簡単です。

しっかりとポイントも伝えてくれますので、私以上の「超初心者」の方でも安心です(笑)
まぁ、私は針と糸も持ったことないのだから私以上の人はいないと思うけど・・・。

第1回とか、回は関係なく好きな時にご参加いただけますのでタイミング良い時にぜひ一緒にお裁縫をしましょう。私ももちろん縫いますが、お菓子もご用意しますねー。ランチもご希望があればお作りする予定です。

のんびり、ゆったりと遊びに来てくださいね。
詳細が決まりましたらまた随時お知らせしていきますねー。

楽しみです。



[PR]

by honeyant | 2017-01-18 22:24 | 日々家仕事(にちにちいえしごと) | Comments(0)
2017年 01月 17日

今年、やりたいこと

毎年、あれこれしたいなー。。。って思ってるんだけど、なかなか全てが思うようにいかずですよねー。
でも、去年の年末に、
「あれ?何か私、すごく忙しいけどやりたいこと全然できてない・・・」
と気がつき、
あれこれと考えていた末に、結論が出ました。

時間配分が間違ってる(汗)

そんなことで、今年は、やりたいことをしっかりと形にしていきたい!とお正月早々から意気込んでます。
(もちろん、今はまだ時間配分が間違ってます(苦笑))

まぁ、自分なりのペースを乱さず、でも、ちゃんとやっていきたいな。と思っています。
やりたいことは、紙にかけるぐらいはっきりとわかっているのでそれをどんどん形にしていきますねー。

まぁ、なんとなく話はしていたんだけどやっぱり今年も
「手仕事」に重点を置いていこうと思います。

お家の仕込み仕事って、本当に各家庭それぞれです。
それで良いと思うし、そうでなければ面白みもないな。って思います。

今日たまたま
「お雑煮」の話をしていました。
京都は白味噌、白味噌のお出汁は昆布だし・・・、出汁は引かず真水でするらしいよ。鶏肉もあるらしい。丸餅、やきもち・・・!!えーーー!!
各家庭に、(多分作り手の嗜好もかなり大きく関わって)お雑煮がありますね。

昔、何かの本だったかに
「お味噌は川を渡れば違う味わい」というのを見たような気がします。
それぐらい各地域で味わいの違うお味噌作りをされていたのでしょうねー。
もちろん、米どころや、麦が取れるところ、山岳地帯などいろいろな条件があるので嗜好というよりも必然的にそのように作られてきたのだと思います。

今は、材料が手に入りやすいし、あれこれと情報も豊富なので山奥の塩分強めの田舎味噌を都会で作ることも可能だろうし、山間でも甘味噌を作ることは可能です。

でも、情報が多すぎてあれが良いのか?これが良いのか?
あの方法は間違ってるのか・・・??
などなど疑問も多くなっているようです。

私はいつも、「数十年前までは計りも温度計もなく、ましてやフードプロセッサーなんかもないのだから適当に作ってて大丈夫。」
って思っています。

ただ、ポイント、というかなぜこれを入れるのか?どうしたら発酵をスムーズに促せるのか?発酵のことをしっかりと知ることが大事だと思っています。
そこは、昔と違って自分で勉強しないといけなくなった点かなと思います。

昔は、おばあちゃんがやってた。お母さんがやってた。さらには、おばあちゃんの代から受け継いでいる桶で仕込んでいる、甕で仕込んでいる。という先人の知恵が家の中にあったので難しい勉強をしなくとも体の感覚で小さい頃から慣れ親しんでいたと思うのです。
本当の味噌の味わいも知ってる。

今は、もうあまりそういう家庭が少なくなってきているのでその知恵をネットや本などで得ないといけないんだろうな。と思っています。
ただ単に、数字で大豆○キロ、米麹○キロ、塩○キロ・・・で覚えてしまうと、それ以外のことができなくなるので大豆が多くなると?麹が多くなると?塩が多くなると??どうなる?ということを知ると良いと思っています。

お味噌キットで仕込むのももちろん良いのだけど、大豆と麹の割合や塩分濃度を知っておくと自分がどんなお味噌を作りたいのか?という仕込みができます。

あれ入れてみようとか、こんな容器に入れてみよう。とか、あれこれも「なぜ?」を知ることで自分のアレンジができるようになり、各家庭の
「手前味噌」ができるようになるなー。って思っています。

素材の性質を知ることも、アレンジ力につながります。
あれこれ作ってみたり、楽しむことももちろんだけど、自分のライフスタイルにあったやり方を見つけていくこともスペシャルなことではなく、日常にしていくためには必要です。

お味噌作りのW.Sをしますが、ほとんどがそんな内容を話しています。
私の癖でもあるのだけど、「なぜ?」を知ることで自分の作りたいものが作ることができ、楽しみが増えると思うからです。

そんなことで、今までは、手仕事W.Sって本当にすることないぐらい簡単なんだけど(時間がかかるだけ)まずはやってみる!そして、それを日常にしてもらいたいので「なぜ?」を伝えていきたい。一緒に知っていきたいと思います。

あれこれ作ると、「えー?そんなものまで?」という話になるけど、だいたいは普通に作られてたものだし、だから受け継がれてたものですもんね。

道具の少ない昔にはできて、今できないのはおかしい!!ということで、食はもちろん、その他のあれこれ身の回りのものを「手作り」していこうと思います。

完璧を目指すのではなく、商品を目指すのではなく、華やかさではなく、

あくまで「日常」にしていきたいです。

そう思って、年間スケジュールを立ててみたけど、やっぱり結構忙しいです。
スケジュールだけで忙しそうでワクワクします(笑)

そんな手仕事を皆様と一緒に楽しんでいきたいと思っています。
←今年のやりたいことでした。長くなってすみませんー。

今月はちょっと難しいから来月仕込みから始めます!
来月は、米麹味噌(1〜3年発酵味噌)、夏に間に合う甘麦味噌作り。お料理に使うみりんとお酒作り。べったら漬け、白菜漬けをしたいなー。と思っています。
ぜひ、ご一緒に手仕事していきましょう。









[PR]

by honeyant | 2017-01-17 21:48 | 日々家仕事(にちにちいえしごと) | Comments(0)