Honey Ant

honeyant.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:W.Sなど( 116 )


2017年 08月 01日

花背合宿でのご飯を作ります。

8月4日〜9日まで花背で手仕事合宿があります。
その時のご飯’おやつを担当させてもらうことになりました。。。

・・・、さてどうしよう(笑)

なんですが、
基本的に、花背の農家さんがつくてくださるお野菜を中心に。

その場所で採れたものを、その時期に調理する。
そんなことをしたいなーって思っています。

ゆくゆくは、自分たちが作ったお野菜で作ったものをー・・・。って言うのは理想、夢だけど。

顔の見える、想いが同じ方々からの農産物を使ってのお料理。
それだけで身が引き締まります。

丁寧に、手を加えすぎず。

私ができることってなんだろう?
最近、そんなことをたくさん考えています。
畑のことや農家さんのことをずっと考えていました。
でも、7月に山口県に行ったり、ご縁があって花背の方々とお話をさせていただいていて、
もっともっと、根本的なこと。自然、共生すること。
農作物の収穫を人間目線からだけでなく、もっと大きな視野で見て行くことって、実は、人間にとっても一番良い方法なんだろうなって本当に思います。

山が豊かであることってどんなことなのか?
頭ではわかっているつもりのことが、実際に足を伸ばして、踏み入れてみると実感できることがたくさんでした。

その中で、私ができること、伝えることができることってなんなんだろう??

お料理を作ることで、何かお伝えすることが少しだけできることがあるんだなって思って活動していたので、そう言う思いでお料理を作ることで、伝えることで、今の問題点、私が感じる何かをお伝えしたいなって思ってきてます。

まだ、はっきりとはわからないけど、花背の合宿で3食作らせてもらうことで何か見つけることができるかな?
そんな思いです。

豪華な食事は作れないし、びっくりするようなこともできないし、綺麗にも作れないけど、いろいろな想いがあってそこを大事に作りたいな。日々のお料理を作ると言うことが私のテーマでもあるのでそう行った部分をお伝えできて作らせてもらえると良いなって思っています。

あれこれの素材の良し悪しを伝える記事が多いけど、もっともっと根本的なことを考えていきたい。全てにおいて良し悪しでの判断をするのではなく。。。この想いがずっとあって、何かあれが良い、悪いとの議論がいまいち???なんだけど、もっと、ずっと奥の原始的な感じでの感覚を大事にしたいなって思っています。

ちょっと、話がずれてますが(汗)
考えることが多ければ多いほど文章が複雑になって行く・・・。

そんなことで、花背での合宿は
私の日常の食事をテーマに作らせてもらおうと思っています。
・・・まぁ、私の日常食なので大したものではないですが、
多分、普通の食事よりも発酵食品、保存食品の頻度が高いと思うのでそんなものを使ってのお料理を作ります。
ご興味のある方には作り方もお伝えできます◎
本当に、簡単でシンプルなのです。

夏の間のシンプル漬物。
塩漬けのみの
・ザワークラウト
・キュウリのピクルス
・生柴漬け
・梅干し
・高菜漬け
そんなものや
塩漬けをしたのちにさらに味をつけた
・麹らっきょう漬け
・茄子の麹辛子漬け
野草味噌、梅醤油なんかも持っていきます!
麹を使った調味料も。

もちろん、
水キムチ、糠床も持参ですー。

旬のお野菜の保存方法や加工の方法なども
時間があればお伝えできればなーって思ってます。

もちろん、豆や雑穀なども今食べたいものを準備してお持ちする予定ですし、スパイスもあれこれ使いますー。

・・・、そう思うと、やっぱり夏の豊かな食生活ですね◎
毎日おいしいです(笑)

お料理だけでももちろん遊びに来てもらっても良いし、
手仕事の後のお食事も喜んでもらえるように作りますね。

是非是非、遊びにお越しください。
なんか、本当に楽しい空間になりそうです。
私自身が一番楽しみにしております。






[PR]

by honeyant | 2017-08-01 20:56 | W.Sなど | Comments(0)
2017年 07月 27日

花背合宿

鞍馬温泉よりもう少し先に花背という場所があります。
住所でいうと、京都市左京区になるのだけど、峠を越えるので住環境は全然違うし、山間で自然もとても残っている場所です。

鞍馬温泉は好きで京都に来る前も京都に来てからも何回も行ったことがあるけど、花背まで足を伸ばしたのはなかったので、ちょっと行ったらこんな場所があるんだー・・・。とびっくり感激しました。
しかも、市内で、左京区(笑)

京都市は広いです。。

毎月麹部の活動をさせてもらっているアトリエパッチワークさんが部活動、手仕事をじっくりと楽しむことができるようにと花背にあるとても素敵な町家で8月に「花背合宿」を企画してくださいました。

手仕事を楽しむということで、
手縫いや、織りや染め、などなど(まだ未定)のW.Sを午前、午後と開催し、開催日の3食のご飯を作らせてもらうことになりました。

先日、少しどんなのかな?ということで2泊して来たのですが、もう本当に素敵な場所で、とにかく、、、涼しい!!!(笑)もちろん、山が綺麗、空気が綺麗、水がきれい。
で、さらに、その開催場所の町家がとてつもなく素敵。
特に、台所。

ずっと台所にいたいぐらい気持ちが良いです。びっくりするような高い天井と、細長い京都の町家ならではな感じの長い土間。
おくどさん(まだ使えるかは謎)
ここで、あれこれ仕込んだり、作ったり保存したりしたら気持ちが良いだろうなー・・・。

山のお散歩道も、川もあって気持ちがよく、車で行かないといけないかもだけど、川で泳ぐことができたり、釣りができたりもできるそうです。

花背って名前は聞いてたけど、行く機会がなくて・・・。
でも、本当に素敵な場所で、しかも京都市内・・・(花背も京都市内)からバスでも1時間ほどで到着です。

手仕事のW.Sを自然の中で楽しむことも良し。
のんびり森の散歩も良し。
町家でのんびりも良し。

宿泊もできるし、日帰りでも大丈夫です。
でも、きっと朝が気持ちが良さそうだし宿泊できるとなお良い感じかな?とかも思ったり。

Honey Antでも毎月開催してくれている「日日家仕事〜手縫いの会〜」のレイコ先生も9日(水)のW.Sを担当してくださいます!

浴衣生地でとっても気持ちの良いトップスを作る予定だそうです。簡単に作れて、着心地抜群&涼しい!トップスです。
あの町家でみんなでチクチク・・・。絶対楽しいに違いない!!
楽しみすぎです。

私は、3食のご飯を担当させてもらうのでそれもまた楽しみです。
花背の美味しい野菜を中心に体が喜んでくれるような、ほっこりしてもらえるようなお料理を作れたらなと思っています。

仕込んでる発酵食品あれこれももちろん持って行くつもりです。
何を作ろうかなー。。。
楽しみです◎

是非是非、ご参加くださいね。楽しみにお待ちしておりますー。
日程は8月4日(金)〜9日(水)です。
b0057979_21305417.jpg
b0057979_21315087.jpg


b0057979_21312826.jpg



[PR]

by honeyant | 2017-07-27 21:32 | W.Sなど | Comments(0)
2017年 06月 28日

あれこれのW.Sなどなどを終えて。

先日、クラフトショップMOTTAINAIあまたさんでW.Sをさせていただきました。
米麹調味料のお話と考え方などなど・・・。

麹を水分に入れると麹の旨味が水分に流れ出てその水分自体が旨くなります。

ということで、液体の中に麹の旨味を抽出してると、麹の持つ旨味、まろやかさ、甘さ、などをお料理で簡単に生かすことができることと、また麹の持つ酵素を利用して甘みを出したり、旨味を出したりもできます。

麹を日常的に使えるようになると、麹の持つ栄養も日常的に取り入れることができるし、何よりシンプルに調理できるのでお料理が楽になる、美味しくなる、素材の味わいを楽しむことができる。ということにもつながります。

特に麹はまろやかになると思うので、唐辛子など辛味の強いものとの相性が良い気もします。

角角してるもの、ツンツンしてるものもなんとなくまろやかにしてくれる感じです。

そんなことで、あまたさんのW.Sでは
米麹と粒マスタードを合わせて
「麹粒マスタード」を作りました。

麹の分量、マスタードシードの割合などを考えて好みの粒マスタードを作ります。
イエローは旨味が、ブラウンは辛味があります。

酸に入れるので辛味はそんなになくなるけど、粒マスタード独特のツンとした感じが麹のおかげで熟成させなくてもまろやかに仕上がります。
そんなことで、比較的すぐに食べることができるししかも麹のおかげで日持ちもよくなる。

お肉料理とマスタードはよく合うし、麹の分解酵素なんかとも相性が良いと思うので是非是非楽しんで使ってみてほしいです。

続いて、昨日はつきいち活動の
で「豆板醤」作り。

そら豆を冷凍しておいたものを潰して
種麹か米麹を選んでいただき、
さらに、
通常の唐辛子か、10倍辛い唐辛子を選んでいただき、
塩分濃度を考え・・・ってかなり選ぶことが多すぎて迷う、迷う・・・でしたが、それぞれの豆板醤を作ってお持ち帰りいただきました。
*今回のそら豆と唐辛子は京丹後の「つねよし百貨店」さんで購入しました。唐辛子、香りが良くて美味しいです。ちなみに、うどんもとっても美味しかったです。

数ヶ月後から食べることができますが、辛味が勝ってる感じです。一年おくと、かなり風味が変わって旨味とコクと、香りが出てきます。

自作できると、自分好みに作れることが楽しい。
また、来年も作ってみてほしい。

レシピありき。ではなく、自分の好みに合ったものを楽しんで作り続けていくとだんだん楽しくなってきます。

発酵食品や保存食は、それぞれの地域にあった、それぞれの家庭にあった作り方があるので、コツはあるけど、正解も失敗もないと思っています。

食に限らず、それぞれの軸、思考をしっかりと持つことが大事。
あちこちに振り回されず、実際に作ってみる。食べてみる。やってみること。

そういえば、あまたさんのW.Sの時に、
「玄米麹を雑穀のようにご飯を炊くときに一掴み入れて炊いている」という新しいアイデアをいただきました。

考えたこともなかったなー。
一回やってみよー。

また、どう変化してるのかご報告しますねー。アイデアの出し合いで、自分でもまたやってみよう。って思えて、そこからまた新しい発見があると楽しいですねー。

あまたさんのところでも、引き続き発酵食や保存食のW.Sを開催させていただく予定です。次は秋頃予定です。
どんな内容にしようかなー・・・。情報交換会も楽しみです。

W.Sではないけど、
いつも出店させてもらったいる
こだわりマルシェ@京都府庁で「水キムチ」講座をさせてもらいました。

夏になると水キムチを食べてます。
スゥッと喉に入ってきて、大体は夜ご飯の時に食前酒か。。。みたいな感じで頂いてますが、本当に美味しいです。
そして、作り方がとにかく簡単。

野菜の乳酸菌を水の中で培養するみたいな感じなので、新鮮で元気な野菜を使ったら基本的には大体できます。
乳酸菌のご飯になる、でんぷん質(=糖分)を入れて塩分2%ぐらいで。

夏になると、ぬか漬けも大体毎日のようにいただきます。
なんか、そんなものが食べたくなる季節ですねー。

狭い部屋の片隅に、梅とらっきょうの塩漬けがどん!っています。
本漬け&干したらしまえるけどー・・・。
b0057979_14275708.jpg
b0057979_14232476.jpeg

ついでに、狭い庭にはビワの葉がバッサー!(涙)
*思い切って剪定しました!これからはカラス被害なしですー!!わーい!
b0057979_14225763.jpg




[PR]

by honeyant | 2017-06-28 14:28 | W.Sなど | Comments(0)
2017年 05月 23日

麹調味料と麹粒マスタード作り@MOTTAINAIあまたさん

毎月開催しているアトリエパッチワークさんの麹部にお越し下さったMOTTAINAIあまたの若本さんがお声かけくださり、6月に講座の開催が決定しました!

MOTTAINAIあまたさんは、日本全国(特に九州とかが多いそうです)の民芸品を扱われているとっても素敵なお店です。
私は、民芸品のことなど全く無知で、器とかも、可愛いな。素敵だなと思っても、「○○焼き」とかチンプンカンプン・・・。
自分軸での可愛いはあっても、そのお皿の特徴や焼き物のことなどは全くわからずですが、あまたさんのとこの器、土鍋、グラス、置いているもの全てが可愛い!!素敵!
さらに、若本さんが丁寧に教えてくださるので、そこもまた素敵!!

先日、伺わせてもらった時に、「全て欲しいです」と言いたくなるぐらい素敵な物にあふれています。
あまりに素敵な器や焼き物が多かったので、まずはあまたさんの器も載っている「日々、うつわ」という本を購入させてもらいました。
b0057979_15552007.jpeg

この本、とっても素敵で民芸の器のお話やお料理の写真、レシピまで載っています!
この本を見ていると、丁寧にお料理して器に盛りたいなって思えます。
と、前置きが長いですが、
そんな素敵なクラフトショップの奥の間で講座をさせていただくことになりました。

毎月、「あまたの会」として、書道や、ぬいの会、英会話などを開催されていたり、お話会なども
されているそうです。そんな中、今回、素敵なご縁でこの会を開催してくださることになりました。

今回は、約2時間を予定していますので、「麹って何?どうやって使うの?麹調味料って・・・?
というお話と、醤油麹や塩麹などの基本の麹調味料を簡単にこんな風に使ったら便利だよー。というお話。気をつけたい点などをお伝えしたいなって思っています。

後半は、私が麹調味料ってほんと、便利!って思っていることをお伝えして、簡単な作り方、考え方をお伝えし、今回は粒マスタードを作っていただく予定です。
作って・・・・と言っても、瓶に入れて注ぐだけなんだけど・・・。
粒マスタードは、マスタードシードを塩とお酢を入れてふやかして作ります。すりつぶすと独特の辛みと香りが立ってきます。

そこに麹を・・・。ということなのですが、麹を入れることによってどうなるのか?というようなお話や、他へのアレンジ、応用などをお伝えしますね。
うちにある、数々の調味料も持っていく予定にしてますー。

1年経ってさらに美味しくなった「糀らっきょう」も持っていきまーす!

そんなことで、とっても楽しみです。

新しい場所に出向くと、新しい出会いが。そして、そこからまた色々なつながりを持って大きく世界が広がりますね。そんな、出会いにいつも感謝です。楽しい会になりますように・・・。

皆様もぜひ、遊びに来て下さいね。

うちのハーブたちが育ってくれたら、ハーブマスタードも作ろうと思っています。
色々と楽しみですね。

MOTTAINAIクラフトあまたさんの水無月のあまたの会のお知らせが届きました。
ぜひ、ご覧くださいね。→こちらです。
店舗紹介のページを見つけたのでリンク貼っておきます。→こちらです。



b0057979_15555304.jpg
b0057979_15553759.jpg

あまたさんのブログより。

第194回 あまたの会『Honey Ant 流 麹講座』
17日(土) 14:00〜16:00 定員10名様 会費¥2000
(講師料、テキスト、お持ち帰り頂く材料費含む)

料理教室やケータリングなどの方法で、ビーガンを中心にした食事を
提供してらっしゃる京都在住の「HoneyAnt」代表 江種さん。
私自身が、3月に酒粕講座でお世話になりました。
3月ブログ酒粕講座体験

今度は、あまたの会にお招き致しました。
最近世界で話題の「発酵食品」日本が誇る麹パワーを、
もっと簡単に取り入れる食生活のヒントを順番に教えて頂こうと思います。
第一回目は「麹で作る調味料」
美味しくなる自家製の麹調味料数品と、粒マスタード作りです。
粒マスタードはお持ち帰り頂いて、家で熟成させて美味しく育ててください。


各会ご予約願います。
〒605-0913 京都市東山区大和大路通五条下る石垣町東側65
MOTTAINAIクラフトあまた
でんわ 075−531−5877
メール mottainai_amata@ybb.ne.jp




[PR]

by honeyant | 2017-05-23 16:22 | W.Sなど | Comments(0)
2016年 10月 13日

季節の手仕事「秋の栗仕事」@アトリエパッチワークのご報告

季節の手仕事W.Sということで、第1回目は、とっても豪華に
「栗」を取り上げ、
*渋皮栗作り
*鬼皮で草木染め
を作りました。

さて、どうなることやらー?だったのですが、とっても楽しく、とってものんびりとできました◎

今回は丹波産の3Lの丹波栗を準備したので、もうそれだけでとっても贅沢♡とっても美味しい♡

〜完成品。とっても大きくてねっとりと甘くて美味しかったです。〜

b0057979_14361519.jpg
さぁ、やってみましょう!

b0057979_16111107.jpg

栗の選び方、産地などのお話や水につける理由、などなどを説明させていただき
最も困難な鬼皮剥きをコツコツと・・・。
と言っても、結構簡単にするりと剥けたりするので、おしゃべりしながらとかだとそんなに大変でもない。




慣れてくると映画見ながらとかできたりもするし・・・(笑)
動く瞑想にもなります。


そのあとは、あく抜きのため重曹を入れてゆがいたり、渋皮を洗ったり。









b0057979_16110937.jpg


その間に鬼皮をグラグラと煮出して草木染めの染液を作り、サラシに模様をつけて、ゴムで巻いたり、キャップを使ったり、割り箸を使ったり、そのままぎゅっと縛ったり。

同時進行なんだけど、煮てるだけなので結構暇。














b0057979_16111088.jpg


そんなことでお昼ご飯ー。

今回は、スペシャル栗ご飯お重箱のランチ。

栗ご飯をメインにお惣菜8種類という、ちょっと豪華なランチでした。



















b0057979_16111004.jpg
b0057979_16111020.jpg

























ランチの後に何度か茹でこぼした渋皮栗を糖液につけて冷まし完成。






b0057979_15571886.jpg



草木染めも、染液から媒染液(化学反応による色止め。今回はアルミとチタンの2種類)に漬けてよく洗って干して完成。








b0057979_16044892.jpg






←上部の濃い色合いはアルミ媒染。
下部は写真よりもう少し優しい色合いです。チタン媒染。












あっという間に終了ー。
みんなでワイワイ話ししながらすると楽しいですね。
家ではあんなに瞑想状態だったのに・・・。遠い目。

そんなことで、最後に試食。
味が染み込んでなかったものの、栗自体が美味しかったので美味しくできていました。
次の日、食べてみたらとっても美味しかったので大満足です。

大きな栗、5個ずつぐらいのお持ち帰りでお家でも楽しんでもらえました。

次回は・・・何かな?
季節の手仕事。寒くなってくるし編み物!希望してますが、皆様は何がしたいですか??

年明けはお味噌仕込みや漬物仕込みなんかも良いですよね。
2月は結構忙しいのです。

そんなことで、季節の手仕事W.Sは細々と続けたいな・・・。と思っています。
意外に、手仕事ってあるんですよねー。そして季節が重なる(汗)

また、次回開催が決まったらご案内しますね。
皆様も是非、地味ーな手仕事を一緒に楽しみましょう◎

今回の栗ご飯お重箱お弁当。
b0057979_15571407.jpg
b0057979_15571553.jpg



*メインの栗ご飯。
塩麹で味付け。
上は黒ごま。






















b0057979_15571756.jpg











*かぼちゃと紅大豆の醤油麹煮

*冬瓜と渋皮栗の煮物

*バジルこんにゃく バルサミコ風味

*ごぼうの赤ワイン煮込み

















b0057979_15571725.jpg










*キャベツ、パプリカ、ミョウガのぬか漬け

*茄子の甘糀トマトケチャップ炒め

*ジャガイモと水菜の粒マスタードサラダ

*車麩の塩麹竜田揚げ

[PR]

by honeyant | 2016-10-13 16:31 | W.Sなど | Comments(0)
2016年 10月 12日

ソジャットヘナ体験会のお知らせ

毎月開催してもらっている
ヒュッゲナチュラさんによる「ソジャットヘナ体験会」

10時〜で順番に約30分ほどで塗ってもらい、その後30分ほどお待ちいただいてから洗髪するという流れになります。
ヘナはオレンジ色に染まるという特徴があるので、髪染めにも良いですし、ブラウンなどの2色染めもできるので白髪染めにも向いています。
なので、髪の色をつけるという意味ももちろん大きいのですが、塗った後の気持ち良さが大人気です。
体験会では、アロマオイルでヘッドマッサージ、これが相当気持ちが良い。そこからのヘナ塗りなので、体験された方は、「すっきりした」「温まった」などのご感想をいただけたりします。

さらに、「お家に帰ってからもポカポカとしていた。」などのご意見もあり、「髪質が変化してまとめやすくなった」「ボリュームが出た」「コシが強くなった」などなどの変化も持続して体験されています。
もちろん、人それぞれですが、私から見てもとっても良い感じですよ。

髪の毛を染めるとなると、結構強い薬品を使ってしまってその後のケアが大変だったり、またケアしていても髪の毛が傷んでしまってバサッとした髪になりやすいですが、ヘナは髪が健康になり、きれいに染まり、さらに、体調も良くなる!というなんて素晴らしいのでしょう〜という感じです。

一般的なヘナは染まるまでに時間がかかったり、十分に染まりにくかったりするようですが、
体験会で使用していただく「ソジャットヘナ」は短時間できれいに染まっています。
お家に帰ってもご自身で出来るようにポイントやアドバイスも受けてもらえますし、疑問点なども直接聞いてもらえますので気になる方、初めての方、疑問をお持ちの方にも是非是非体験してもらいたいです。
次は10月20日(木)です。

ソジャットヘナ体験会の時はなんかとっても雰囲気がアットホームです。いつも、のんびりしてますがさらに癒し空間になって、私までボケーっとしてしまう(笑)
帰られる時に皆様が元気になって帰ってくださるのがとっても嬉しいです。
是非是非、体験してみてくださいね。

1名ずつセラピストがヘッドマッサージ&ヘナ施術
 日程:2016年7月21日(木)、9月15日(木)、10月20日(木)、11月17日(木)、12月8日(木)
 時間:10:00~12:00  
 会場:HoneyAntアトリエにて(京都市上京区鳳瑞町) 
 料金:体験会・1色染め/4,600円 2色染め/8,700円
    リタッチ会・1色染め/2,500円 2色染め/4,500円
 ランチ:玄米菜食プレートランチ 1,000円(別途)
 予約&詳細:https://reserva.be/hyggenatura/reserve


ついでに、ヒュッゲナチュラさんのサロンで始まった
「よもぎ蒸し」
先日体験させてもらったのですが、とっても良い!!!です。
半端なく汗をかくのですが、持続的にすっきりです(笑)
よもぎ蒸し&ヘナや、よもぎ蒸し&マッサージもメニューであるそうですよ。
かなりオススメです!!

私的には、よもぎ蒸し&マッサージかなー?
今、背中が凝ってるのでー。近々また行ってこようと思っています。


[PR]

by honeyant | 2016-10-12 18:40 | W.Sなど | Comments(0)
2016年 08月 31日

手仕事のW.S第1弾@アトリエパッチワーク

そんなことで、早速・・・手仕事第1弾の予定です。

『渋皮栗を作ろう!&栗の皮で草木染め』
秋の味覚といえば、栗。栗といえば、渋皮栗。そしてあの硬い栗の皮を頑張って剥いた後は、その皮で草木染め。
ということで、パッチワークさんとのコラボで開催することになりました◎

あぁ、とっても楽しみです。

毎年の渋皮栗の一人地道な作業をみんなでできるという楽しみ、しかもあの大量の苦労の賜物の皮まで再利用できるなんて・・・(涙)

ということで、きっと私が一番喜んでるかもしれませんが、ぜひ、一緒に作りましょう。

【内容】・渋皮栗作り
    栗の選び方、保存方法、作り方をお伝えします。
    鬼皮剥き→アク抜き→渋皮剥き→砂糖漬け(粗糖使用予定)
    小分けにして瓶詰めしてお持ち帰り。
    ・草木染め
    鬼皮をむいたものを染液にして、ハンカチをそれぞれ染めていただきます。
    ハンカチはお土産です。
    ・ランチ付き
【日時】2016/10/5 10:00~
【場所】アトリエパッチワーク
    京都市上京区河原町通今出川上る青龍町221-3
【参加費】3500円
・渋皮栗(お持ち帰り分含む)
      ・草木染めハンカチ
      ・ランチ 
        含む
【用具】エプロン、手拭きタオル
【ご予約・お問い合わせ】
     honeyant02☆me.com ☆→@に変更してください。

☆注意!!
今回の開催場所はHoney Antではなく、出町柳(河原町今出川上ル)のアトリエパッチワークになります。

皆様のご参加をお待ちしております。


[PR]

by honeyant | 2016-08-31 16:28 | W.Sなど | Comments(0)
2016年 08月 31日

縫い部nuinui第2弾「1日で自分にぴったりなズボンを作ろう」*報告*

8月29日(月)にアトリエパッチワークさんで開催された
「1日で自分にぴったりなズボンを作ろう」
が無事に終了しました。

私は用事で少し先に帰ったので、最後までみんなができたかどうか確認できてないのですが、
おそらくみんなできてるだろう。という感じです。
(もうほぼ終わってたし・・・)

私はお弁当を持ってお昼からの参加だったけど、小学生以来のほぼ初ミシンを使って!仕上げることができましたー♡

講師のレイコちゃんは、きれいに仕上げるポイントや、縫いやすいように教えてくれるのですが、
あまり気にしなくて良いことは、適当ー。という感じで教えてくれるので私にぴったり(笑)

なので、本当に簡単にズボンを縫うことができました。

さらに、ワイドにしたい、丈の幅をこうしたい、長さが・・・、ポケットが・・・、
生地の長さが・・・、などなど、その方にあったように即席アレンジで教えてもらえるので
自分だけの、自分の形にあったズボンを作ることができます。

今回は、ミシンを使ったからより早くできたのかもだけど、お家でもまた作ってみようと思っててその時は手縫い!
でも、できる気がするー。と思えるぐらい簡単なのです。

講師のレイコちゃんはパッチワークさんで毎月開催の
*nui-nui部、some-some部の縫い部を担当。縫ったり、染めたりの1日部活動です。
 9月12日(月) 
着たいけど、少しこの部分が気になる・・・。というような洋服のお直しのやり方を教えてもらったり、直してもらったりなどの活動です。着れない服を着れる服にする活動。
染めは、ラベンダー、玉ねぎ染めなどを予定されています。
この活動は、アトリエパッチワークさんで毎月の部活動として、手仕事を楽しむ活動の一環です。他にも、織物などもあって、私も10月頃から手仕事、保存食などなどを開催予定ですー。

あと、春と秋に毎年開催されている
*エプロン展 10月21日(金)〜24日(月)
も今年も開催ですー。
インド帰りのレイコさんが新たに作り出すあれこれが楽しめるかもです。

また、詳しく決まりましたらご連絡しますね。

そんなことで、
縫い部nui-nui第2弾「1日で自分にぴったりなズボンを作ろう」
も楽しく終了しました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
みんなで縫いって楽しい。

神戸からお越しくださった
玄米ご飯とお茶とお菓子・モモンガ」の村上さんが、素敵なご報告記事(日記の8/30)を書いてくださっています!
彼女は持参の布で作っていたのですが、それがとってもアフリカンで可愛い〜♡のです。
ぜひ、見てくださいねー。
神戸に行ったら、また行きたいお店が増えました。

次はワンピースを狙ってます(笑)
自分の着たい服が、心地よい布で心地よく作れるって本当に素敵です。
皆様もぜひご一緒に縫い縫いしましょうー!
b0057979_11521437.jpg
b0057979_11532166.jpg
b0057979_11532399.jpgb0057979_11531416.jpg


(左)一番乗りでしあがった方。
少し厚めのカディコットン。ざっくりした生地でとってもはき心地が良いです。

(右)すらっとした肌触りの良い生地。
細身の彼女にぴったりです。

















なぜか写真がうまく載せれないけど、
上部は、前回に作られた割烹着。
下のズボンは、今回作ったもの。















b0057979_11531745.jpg

私が選んだ厚めのカディ。
写真だとグレーっぽく写ってるけど、本当は緑です。

ざっくりとした感じでとてもはき心地が良い!

シンプルな形なので縫うのも簡単でした。












b0057979_11533005.jpg
b0057979_11532620.jpg

この日のランチ。
・パプリカのバルサミコ酢マリネ
・冬瓜とかぼちゃの南蛮漬け
・自家製野菜ゴーヤとズッキーニのチリパウダー炒め
・ささげと板麩の煮物
・オクラとモロヘイヤのカレー
・赤と緑の万願寺とうがらし焼き
・夏野菜のサラダ




そんなことで、とっても楽しい時間はあっという間に過ぎて行きました。
ご参加くださった方との交流も毎回楽しみで、本当に遠いとこからやあちこちからお越し下さってるのですが、
それぞれにどこかで繋がってたりして面白いなー。と思います。

また、縫い部が決まったら、お伝えしますねー

[PR]

by honeyant | 2016-08-31 12:06 | W.Sなど | Comments(0)
2016年 08月 08日

縫い部nuinui第2弾「1日で自分にぴったりなズボンを作ろう」

【縫い部nuinui@アトリエパッチワーク】

第2弾の縫い部は

*簡単ズボンを縫おう!*

です。


前回は、割烹着をそれぞれの好みに合わせて縫ってもらいました。

同じ割烹着を作る。でも、前開き、後ろ開き、両方使える、ボタンあり、なし、袖あり、なし、などなどの違いで皆さんの好みの割烹着に仕上げていただきました。


今回は、簡単ズボン。です。

綺麗なシルエットだけど、履くととっても楽で私もこのズボンを別の布で2本作ってもらっていますがどちらもお気に入りです。

パターンを変えること、長さなどを変えることなどなどでも雰囲気が変わりますが、布を変えるとまた全然違う雰囲気になりますので何枚あっても使えそうなズボンです。


今回はパターンを3種類の中から選んでもらいます。

①細身のズボンは綺麗なシルエットですので布を選べばエレガントな雰囲気でもラフな布でもラフすぎない形になります。

②少し幅広な感じはもう少しラフに。ゆったりと履けます。

③ワイドなズボンはガウチョパンツのような雰囲気になります。


ズボン丈の長さでまたそれぞれの感じが出るのでまたまた今回も楽しみですね。


前回は、カディ(インドの手紡ぎ手織り布)をびわの葉染めから始めましたが、今回は講師レイコさんがこの夏インドに行って厳選した布の中から選んでもらうこともできますし、ご自身の好きな布を持って来ていただくことも可能です。


今回は1回で仕上げ!予定です。

ご希望の方はミシンでも仕上げることができます。

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

一緒に縫い縫いしましょう◎


【開催日時】2016/8/29

開始時間(好みのパターンをそれぞれに相談していくので少しずつ時間をずらさせていただきます)

        10:00~

11:00~

13:00~

    終了予定時刻 16:00頃まで

  【場所】アトリエパッチワーク

    京都市上京区河原町通今出川上る青龍町221-3

【参加費】4000円(ランチ代込み)

【材料費】布代 実費(持ち込み可能 110cm幅×2M~2.5Mでお好みの布をお持ちください。)

【用具】基本的にこちらで準備しております。

    手縫い針1本 待ち針10本 指ぬき 糸切りハサミ

    ご自身のものをお使いになりたい場合はお持ちいただいても大丈夫ですが、針は上記の本数のみお持ちください。安全のため、最後に本数の確認をします。

【ご予約・お問い合わせ】 honeyant02☆me.com


   

写真は、イメージです。布や丈なの長さなどで雰囲気は変わりますのでご了承ください。

ご予約時にお好みのズボン幅をお教えてくださいね。

①細身のシルエット



②幅広ズボン

b0057979_12351432.jpg









































③ガウチョパンツ風ワイドズボン                                  



[PR]

by honeyant | 2016-08-08 12:48 | W.Sなど | Comments(0)
2016年 07月 01日

縫い部nui nui第1回目W.Sのご報告@アトリエパッチワーク

京都・出町柳にあるアトリエパッチワークさんではいろいろな部活動が開催されています!
みんなで集まっていろいろなお話をしたり、手仕事したり。
時々開催させてもらっている麹の基礎W.Sも7月開催です!
麹の基礎W.Sと同時に麹部の部活動もしたいなー。と考えています。その辺りはまた改めてご紹介しますね。

先日開催された縫い部のご報告です!

【縫い部nui nui第1回目W.Sのご報告@アトリエパッチワーク】

初の縫い部W.Sでは割烹着をつくりました。
①自分で生地を染める(草木染め・びわの葉)
②自分好みのパターンで裁断、縫いを開始
③どんどん縫う。
(④)補講ーで仕上げ。

という感じで進んでいました。

しつこく言いますが、私は本当に縫いものができなかったのですが、割烹着を仕上げることができたのですー!!ということで、初心者の方も大歓迎です。できるだけシンプルに、できるだけ簡単に作れるように教えてくださいます。

さらに、パターンをオリジナルで作ってもらえるので、ある程度の形はあるものの、(割烹着というくくりだけど・・・)
・後ろあき
・前開き
・ゴム入れる
・ボタンしめる
・長さなどはもちろん、襟ぐりの深さやなんと半袖まで!(笑)
・・・

などなど、とにかく自分好みにサクサクと縫っていくことができます。

もちろん、そのままの形で縫って、ステッチや刺繍などを入れてオリジナルを完成させるのも良しです。

次回の開催は8/29(月)予定です。
日常使いできるズボンを作る予定です。
好きな布を選び、自分サイズ、自分好みにカスタマイズで縫うことができます。

パッチワークさんの何があってもおかしくない不思議な空間で、それぞれのしたいことを進めていきます。
染める、縫うを目的とした手仕事好きな人たちがやってくるとっても優しい空間でのんびりと、じっくりと、いろいろなお話をしながら、手仕事を楽しみましょう。

ベテランの方も、超初心者の方も、ぜひご参加くださいね。誰でも参加できます。みんなで楽しみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎月1回、部活動も開催していますー。みんなでワイワイ染めたり、縫い縫いしたり。
楽しいです◎

*縫い部nui nui 染め部some someの部活動*
【活動日】毎月第3月曜日 (次は7月18日)
【時間】10時ごろ〜夕方まで (いつお越しいただいても大丈夫です)
【参加費】500円(お茶付き)
【部長より】
【nui-nui部】部長 れいこ
もったいない服はありませんか?
着ていないのだけど捨てられない、、
サイズがあわなくなった、、
デザインが古い、、
汚れてしまった、、
などなど、みんなで一緒にアイデアを考えて、自分で出来るところを
れいこ部長に教えてもらいながら、縫い縫いしませんか?
リフォームをうけたまわります。
内容、ご自身のできる範囲で金額が異なります。(一件1000円より)
お問い合わせください。

080-3108-8282 (ウチノウ)

【some some部】部長 Goda
季節にあわせた自然染を楽しむ会です。
絹 毛 綿など、さまざまな素材でチャレンジします。媒染剤もいろいろ。

どなたでも参加できます。
遊びにいらしてください。

eiko5050@gmail.com
090-3704-7791 ( ゴウダ)


[PR]

by honeyant | 2016-07-01 11:45 | W.Sなど | Comments(0)