Honey Ant

honeyant.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 25日

家のお料理をすること

お料理をする時に、あれこれと考えなくても美味しくできる方法は、
きっと、素材が全部美味しかったらできます(笑)

最近、土鍋に素材を入れてストーブの上に置いて放置。

このお料理と呼んで良いのかどうだかが、美味しくて簡単で本当に重宝しています。

ストーブや薪ストーブのお料理は、意外に難しく、火力調整ができない。
常に強火!薪ストーブになると、いきなり弱火(薪を入れ忘れてる時とか(笑))になります。

なので、弱火でコトコトとか、タイミングがどうとか、ストーブの前にずっといるわけでもないので大体は放置で昼から火にかけて夜食べる。そんな感じです。
途中であれこれ入れるの面倒なので、全部一緒に入れてしまうけど、大体美味しくできます。

・・・、お料理って一体なんなんだろうー??
って、そんな時にふと思うのだけど(笑)

何もしなくても、何も考えなくてもできるし、火加減も関係ない。

でも、日常の食ってきっとそんなことなんだろうなって思っています。

外食の時のような味わいを求めることもなく、
その土地で大切に作られた素材を気持ちよく購入することができて、
無理せず気持ちよくお料理できる。
後片付けも楽。

火の通り具合などはもちろん、考えますが、
例えば大根だったとしても大きさや硬さ、緻密さで変わったりもするので切りかたや、皮をむく、剥かないなどもその時によって変えています。
となると、やっぱり、お料理方法を知ることよりも、素材をしっかりと見ることの方が大事だし、近道なのではないかなー?って思います。
同じ大根でも、特徴が全然違う。
大きさも違うし、太さも違う。

なのに、レシピ本を見て、同じように作ってもやっぱり同じには作れないし、調味料の味(例えば、出来合いの合わせ調味料など)が同じだったら単一化してしまう。
地域によって、気候によって、食べる人の体質によって、
作り方は変わっていきます。

お料理教室とかをすると、どうしても手順や素材の分量を伝えがちだけど、なぜそれをするのか?なぜその順番なのか?
とか、違ったらどうなるのか?
などをできるだけお伝えしようと思っていて、
できるだけ、手順なく、分量なくお伝えしたいと思っています。

今は情報が多すぎて悩んでしまう。
目の前にある野菜や素材をしっかりと見て、味わって感じ取ってお料理することって大事だし、一番早いなって思う。

色々な農家さんのお野菜をずっとお料理させてもらっていて、
同じ野菜でも全然違うし、同じ農家さんのお野菜でも「出始め(走り)」と、「本当の旬(盛り)」と、「終わり(終い)」は違う。
同じ人参を同じようにお料理していたら、水分量や味わいが違うから、同じお料理にはならないです。

同じ味にする必要もないし、色々な具合を楽しむことができたら良いのだけど・・・。

農家さんによって、野菜の形態が全然違うなーっていうのは本当に思っています。
その方々の特徴がすごく滲み出てる気がする。
農家さんから直接購入させてもらっていると、その人柄と野菜が似てるなーって勝手に思ったり(笑)

綺麗な野菜のみを出荷する方もあれば、形はいびつだけどおいしいよ。と出荷される方もいるし、
包装にこだわる方もいらっしゃれば、できるだけ自然の形で持ってきてくださって野菜が新鮮さを保つようにしてくださったりも。

以前、マンションの綺麗なフロアーのおしゃれなキッチンで泥がついているお野菜を上げてしまうのは、困るだろうから土がついていた方が日持ちもするけど、綺麗に洗ってお届けしている。という話を農家さんがされていたことがあって、おぉー、農家さんでも違うなーって思いました。
あと、土つくりは農家さんにとってとても大事だから、土をつけずに畑に残すように命じられていたというのも聞いたことがあります。

なんか、色々な方面から伺っていると、ほんと、一つじゃないな、って思う。
でも、それが良いな。とも思う。

在来種の大根
どれだけ覚えてるか挑戦!(苦笑)

佐波賀大根(さばか) 舞鶴市
たまたま通りかかった道の駅だったかで見つけた大根。
葉っぱがとにかく大きくて広がった形。
葉っぱだけでも相当なボリュームがあって、大根も煮物にしたりで美味しかったです。
b0057979_16211624.jpg
方領大根(ほうりょう) 愛知県
耕し歌ふぁーむさん。 緻密で甘みの中にほろ苦さがありました。
b0057979_16172712.jpg
多分、宮繁大根だった気がする。。。

宮重大根 花gri耕房さん べったら漬けにしました。
美味しいと評判良かったです◎
b0057979_16143796.jpg
茎大根 京都市
漬物にも良いよ。と教えてもらいました。
b0057979_16153633.jpg
聖護院大根 京都 煮物にしたのだけど、甘くてジューシーな大根。
b0057979_16150056.jpeg
b0057979_16150935.jpg
源助大根 石川県(加賀野菜)

b0057979_16102483.jpg
大蔵大根 (東京・江戸野菜)
b0057979_16102176.jpg
青味大根 京都市
サクサクと生で食べれます。
サラダに。
そういえば、佐伯さん所にも青味大根売ってました。
(今まで勝手に辛いと思って買ったことなかったな・・・。知らなかったー)

b0057979_16101683.jpg



名前がかけてないところは思い出せない大根です。

だめだ・・・。思い出せない(涙)
今度、聞いておきます。

そんなことで大根でもたくさんの種類がありますね。
今度からはちゃんとメモしておこう。

他のお野菜もわからないものが多いけど、
一応写真は撮りました。
また、ご紹介しますねー。

[PR]

by honeyant | 2018-01-25 16:44 | 食に関する考え事 | Comments(0)


<< 味噌作りW.S@アトリエパッチワーク      在来種の野菜 >>