Honey Ant

honeyant.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 23日

花背に来た理由の一つとして、
自分が食べるぶんぐらいの、もしできたら、それらで保存食とか作れるぐらいの、
農作物を育てることができたら良いなー。。
という思いがありました。

保存食とかを作ろうと思うのだけど、
街中にいると、お野菜を買ってくる。というのがとっても違和感で、しかも、保存しなくても周りにはたくさんのものが溢れてる・・・。

なんとなく、生き物って不要なことをしなくなるので、いつまでたってもイベントにしかならないなーって思い始めたのがきっかけです。
もっと、日常にしていきたい。必要だから作り続けたい。そんな思いがありました。

まぁ、そうは言っても田舎の人がみんなお味噌をつけてるかというと、そうでもないだろうし、なんなら宅配があるのでそっちの方が少量ずつで楽だからと選択している方は多いと思います。
実際、そうだろうな。とも思う。。。

昨年末にお餅つき大会が花背別所であった時にお越し下さったおばあちゃんが、
「お味噌は4年前までは作ってたけど、もう作るのはやめた。」とおっしゃってました。
樽も、もう使ってないと壊れてしまって修復できない。とも・・・。

家族がたくさんいて、何世帯もの家族が一緒に住んでいたらおばあちゃんがやめてもお母さん、娘さんが引き継いで作り続けることができるのだろうけど、一人や、二人だったら、と思うと、作ることをやめる選択って多いだろうなと思う。

お餅つきも、大家さんのところも、昔は搗いてたけど今は機械。っておっしゃってたし、もう機械でさえもなくて購入するほうが多いだろうしな。。実際に行事のお餅つきも食中毒の問題でだんだんとなくなっていくらしいしな。
寂しい気もするし、残念な気持ちもあるけど、
ご近所さんの暮らしを見ていると、やっぱり重労働だし、一人、二人の食事にそこまで手をかけられない、もっとすることがあったりもするんだろうなー。と思って見ています。

でも、やっぱり、知ることも残していくことも大事だし、作り続けることも大事なんだろうと思うし、できれば意味があっていてほしいなと思っています。

まぁ、そんなことで、できることやってみたいことを一つずつ。

花背には、どこの田舎でもあるように耕作放棄地がたくさんあります。
そして、放置された畑や田んぼは荒れ地になっていて、手入れが大変。
しかも、鹿や猪、この辺りは猿や熊まで出没するそうで、獣害対策も必須。

冬は豪雪地帯でほとんど野菜はできず、雪解けから初冬までの短い期間にお野菜を作られています。
今、私の周りの農家さんももうお野菜ないからとお休みに入られていたりもしています。

少し前に上京区でお世話になっていた「京やさい佐伯」さんのところに行ったら、
びっくりするぐらいやさいが並んでいてテンションUP!!(笑)
やっぱり全然違うんだなー・・・。
まぁ、この近郊でも山を降りれば野菜はたくさんあります。

スーパーを見ていると、きっと農家さんのお野菜を集めた八百屋さんの品揃えは少なく感じるだろうし、個人農家さんのお野菜の種類がより少なく感じるだろうし、さらに、さらに・・・。
と少なく感じるのだろうけど、それに慣れていくと、野菜が出てきた時の、できた時の嬉しさが倍増!です!

少なくで喜び、豊かな気持ちになります◎

そんなことで、畑をすることが目的ではないけど、畑が近くにある、日常にあることを目的としてこの地にやってきました。

そういうことなので、
裏庭をお借りし、この荒れ地をどうしたものか・・・。ということで春までに少しでもと色々と頑張ってくれました。
まずは獣害対策。
あるものでぐるりと囲ってくれました。

こんな廃材がそこらにあるのもすごいと思うけど、これらを駆使して使ってくれたのもすごい。

獣害対策のものを購入してたりしたら、すごい金額になると思う。。。

そして、ススキの根っこを地道に「ツルハシ」で掘り起こしたり、放置されていた梅の木をバッサリ剪定したり。

畑は小さいけど、3段あるので、一番下の畑で私はハーブを育てたい。
ハーブティを作りたい。ふふふー。

上2段は彼に任せて野菜を植える予定。

畑の形になっていない荒れ地が、今後どうなるのか・・・。
私たちも諦めてしまうかもだけど、今はまだやってないので夢は膨らむ一方(笑)

春になるまであれこれと妄想しながら楽しみますー。。。

まだ手をつけ始めの頃。
大家さんには、「開墾」ではなくて、「開拓」やで。と言われました・・・無理無理ーって。。。
b0057979_14085027.jpg
b0057979_14085734.jpg
確かに、ものすごいひどい状態です。荒れ放題。
人間が何かをして(おそらく獣害対策)あれこれして放置。

以前貸し農園をお借りしていた時も思ったけど、
前に作物を育てられていた方のだと思うけど、分解できない色々なものが中から出てきました。
気をつけていてもどうしても残ってしまうのだろうな。。
まぁ、ここの場所はとにかく荒れ地。
b0057979_14090222.jpg
b0057979_14095160.jpg
秋ぐらいの写真だけど、とにかくススキが凄まじかったようで、背丈以上のススキを頑張って草刈り。
そこから根っこと「ツルハシ」で一つずつ引っこ抜いていきます。気が遠くなる作業ーー。。

とりあえず、少しずつ畝を作る。
b0057979_14103561.jpg
作ったら、何かを植えたくなる。
もうすでに12月に入っていたので、雪の中、いちごどうかなー?って植えてみたのだけど、
あっさり、鹿に食べられる(涙)
b0057979_14111628.jpg
まぁ、こんな感じで入り放題なので仕方なし。
そんなことで、まずは獣害対策から始めることに。

b0057979_14104439.jpg
そこらにあった木を拾ってきて杭を打って、打ちきれない部分は石で固めて。。。
b0057979_14112505.jpg
足元にこれまたそこらに落ちていた鉄板を立てかけて(笑)
b0057979_14113110.jpg

前住人が残してくれたネットを張る。
なんかすごい(笑)
そんなことで、とりあえず春から中で作業ができるようになりました。
わーい!

とは言っても、もちろん荒れ地のままなので「開拓」から始めます。
b0057979_14114871.jpg
b0057979_14115294.jpg




[PR]

by honeyant | 2018-01-23 14:22 | 日々の日記 | Comments(0)


<< 在来種の野菜      獅子座満月(月食)便のご案内 >>