Honey Ant

honeyant.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 25日

12月の日記

毎年のことだけど、とにかく12月は忙しいですねー。
なんというか、、、

きっと、予定がなくてもイベントが目白押しで余裕があればすぐに予定を入れてしまうのだろうと、だから勝手に忙しくなって行くのだろうかと思い始めました。

11月ごろまでは花脊での山暮らしも、街中と大して変わらないかなー?って言ってたのですが・・・、
やはり12月に入ると
「全然違う」
です。
全然違う、まったく違う。さすが山!!!

1日のうちでも天候はコロコロ変化もするし、結構時雨れるし、
そして、寒さの質が違う。
本気で寒いです。。。


花脊はやっぱり特殊な地域で、京北ももちろん寒くて雪も降るのだけど、花脊は別格(苦笑)

まだ住んでいない頃に、京北在住の方に
「花脊はとにかく雪深い。すごいところ・・・」と苦笑いされたことを思い出しました。
まだまだ冬が始まったぐらいだけど、
「あぁ、これかーー」って思います。
花脊在住の方に、「天気予報は京都北部とかではなくて鳥取県、島根県とか見なあかんよ。」と言われました・・・

まだ、その雪の大変さを実感しているようなしていないような感じなので、今はただただ
自然の美しさに毎朝感動ですが、
今後、これが続くとどうなることやら・・・(汗)

でも、映画や写真集で見るような風景が目の前に現れて、本当に美しいです。
秋の紅葉の季節もそうだったけど、日々の移ろいが実感できるようにはっきりと見えて、というか、それしかないからか・・・?
とにかく美しい。

もちろん、晴れてても洗濯物は外に干せないし(雪解けでびちゃびちゃになる)雪の後、家のそばを歩くのが危険だし(雪がいきなりドサって落ちてくる)
そんな日常に暮らさないと気がつかないマイナス面もあるのだけど、
でも、日常に暮らさないと知らない美しさもあるんだなーって思っています。

さらに、花脊で素敵な活動をされている方がたくさんいらっしゃるので、本当になんか、毎回びっくりするぐらい楽しいイベントが目白押しです。個々の活動ももちろん、かなり興味深いのだけど、みんなの集まりも相当楽しいです。

12月はクリスマス会とこんにゃく作り体験に参加してきました。
他に、花脊の歴史のお話会とかもあったりで、行きたかったー・・・。
その土地の歴史や文化、またその土地ならではの知恵など、花脊も高齢化が進んでいて、今、まさに今何かしらの活動をしないとそういったことが全て失われてしまう岐路に立っています。

色々と考えさせられます。

昔が全て良いわけでもないし、今が全て悪いわけでもないので、昔のことを全て受け継ぎたいということではなく、その土地にあった、その土地のやり方を人間本位でなく、自然と共に共存できる生き方を知ることって大事なのではないかな?って思っています。

あと、京都大学の学生が「田舎に移住する人」をターゲットにした卒業論文を書くということで、うちにもお話を聞きにやってきてくれました。彼の目のつけたところも面白いなと思ったし、またお話もとても楽しかったのだけど、ふと、自分たちがここに移住したことをしっかりと話をしたことで、やっぱり軸が見えてきたというか、このタイミングでこの話をさせられるのかー?(笑)という感じでした。

その中で、大学生の彼から
「畑をしたいと思ったのに、なぜ悪条件の花背なのですか??」
と聞かれた時に、自分でも、「確かに・・・(苦笑)」って思ったのだけど、
わたし的には、農業をしたいのではなくて自分が食べるもの、作るもの、保存食の知恵などを含めた地域の知恵のようなものを実体験したいと思っているのだという話をしました。

もし、本当に畑ができない場所だったらきっと漁か、猟をすると言い出してるかも。

街の中で、整った野菜や綺麗にラッピングされてライトを当てられて販売されている素敵なオーガニックの八百屋さんたち。
とても買いやすいし、色々な場所から届けられるので品揃えも良いし、お料理をする際も形が整っているので扱いやすい。
そんな好条件で購入できる野菜たちに慣れてしまって少しでも形が悪かったり、生育が悪いと表面に出てこない、販売できない・・・というようなことも聞いたりもするし、もちろん、農家さんのそれぞれの考え方で形の悪いものは出したくないという方もいらっしゃるし。

綺麗で形の整ったものばかりを選ぶ食材をお料理することって、とても楽だし簡単にお料理できる。
でも、それではやっぱりわたし的には「畑の野菜」には遠くて、日常にいただくお野菜ではないような気がして。

自分で作った野菜でお料理したいという気持ちもあるし、日常に自分たちが食べるぶんぐらいの無理のない範囲の畑をすること、食を作り出すことをやってみたいと思っています。

今までいろいろな考え方の農家さんとお話をしていて、いろいろな考え方があるし、方針があるのだけど、いつもなんとなく
「消費者と農家さん」って遠いなーって思って話をしていました。
消費者の方は「野菜」に色々と注文をつけるし、情報過多でこの野菜は良い、悪い・・・と評価してしまうし、
農家さんは、その言葉や消費者が求めてるかも?のことを手探りで読み取ってるような・・・。

なんとなく、そんなことを思いながらも実際にわたしが畑をしないと、結局想像でしかない話になるなーって思って日常の畑をするということを強く思っています。

家庭菜園も増えているとは思うのだけど、街中で手にすることができる畑に関するもの。
ホームセンターで簡単に購入できるようになったるけど、毎回行くたびに大きく棚に並べられている
「除草剤」「害虫よけ」「肥料」などなど・・・。
たねの種類を見ても
「虫がつきにくい」「早く収穫できる」「大きく実がなる」・・・。
苗も・・・。

なんとなく、人間本位すぎるというか、でも、きっとこれを望んできてるんだろうなって思う。
でも、それは本当に畑や土から遠くなってしまってるからではないのかなー?とか思ったり。

八百屋さんやスーパーで並ぶ綺麗な野菜、大きな野菜を見て家庭菜園を実際に始めて見たら思ったより大きくならなかった。ってことにならないように、あれこれと求められてるんだろうな。

まぁ、そんなことで実際にやってみないとわからない!
頭で考えたり、情報をさぐるよりも体験していこうと思っています。

身の回りのものを使って、生活の中で小さなサイクルで循環できるような暮らしをしたいと思っています。大きな循環も大事だけど、自分の生活を根付かせてくれるような小さな循環をしっかりと持ちたいです。

まぁ、そんなことで、花脊にきたことを改めて考えさせられました(笑)

春に向けて、色々と準備中。
花脊という土地にせっかくご縁を頂いたのでその地のことを知っていただけたらなって思うし、
素晴らしいものがたくさん残っているのでそれらをご紹介できるようにお店という形を考えています。

また、この辺りはお店がないので良いもの、素敵なものを少しだけ扱わせてもらえるようなお店にもできたらなって思っています。
置きたい商品はもうほとんど決まっているので、入荷次第またご案内しますね。
オンラインショップでもご購入いただけます。

大雪の日。この日の雪は1週間経ってもまだ残ってます・・・。
b0057979_10434472.jpg
b0057979_10435201.jpg

家から駐車場に向けての小道。歩行分だけ雪かきで通れるように。

b0057979_10440522.jpg

数日後・・・。屋根の雪がずり下りてきました(笑)
で、時々バサって勢いよく落ちるので、かなり危険です!!
b0057979_10441526.jpg

晴れた日は本当に気持ちが良いです。
でも、外は極寒で「つらら」があちこちに・・・。
b0057979_10452048.jpg


b0057979_10452796.jpg
花背婦人会のこんにゃく作り体験会に参加させてもらいました。
以前、教えてもらったこんにゃく芋のすりおろしではなく、生の芋を湯がく(蒸す)で作る方法です。
色々な作り方がありますね。
弾力があって美味しかったです。
b0057979_10454018.jpg
b0057979_10453428.jpg
b0057979_10444507.jpg
「森のハッピークリスマスin花脊」
子供達もたくさん、大人もたくさん。
まさに老若男女それぞれが楽しくしてました。
ほんと、楽しかった&美味しかったです。

サンタクロースさんも来てくれました。子供達、大興奮!(笑)
b0057979_10443321.jpg
裏庭の荒地を少しずつ畑に移行計画。
ススキの根を「ツルハシ」で掘り起こし、梅の木の剪定をし、畝を作り、獣害対策もし・・・。
畑に植える前にやることたくさんです(汗)
畑を始めるということの大変さ・・・。
b0057979_10450626.jpg
その合間に大家さんからの差し入れ。
「栃餅」と、「よもぎ餅」。
栃も灰でアク抜きをし、ヨモギも積んで冷凍。小豆は大納言小豆で大家さんが育てたもの&選別し、餡にしてくれたもの。
本当に美味しかったしありがたいです。

栃のアク抜きは是非とも教えてもらおう。
まずは栃の木がどれかを教えてもらえねば・・・。です。
b0057979_10445860.jpg
今年最後になった新月便。
来年は年明け早々の満月なので、1回お休みさせてもらってまた次の1月17日山羊座の新月から始めます。
b0057979_10442644.jpg






[PR]

by honeyant | 2017-12-25 11:01 | 日々の日記 | Comments(0)


<< 今年もありがとうございました。      射手座新月便のお知らせ >>