Honey Ant

honeyant.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 29日

トマト農家星野さんのW.S

10月18日(土)にトマト農家の星野さんのW.Sを開催して下さいます。

トマト農家と言っても、星野さんのもう一つの本業は「農業資材の販売」。トマト専門で作ってらっしゃるけど、普通の農家さんと違うのはトマト本来の事を最優先に考えて作っているという事。

数年前に枝豆って夏場に出来るんだよね?って思ってたんだけど、実は秋だった。という事で衝撃!とか思っていた事があったのですが、今回のトマトの旬も本当に衝撃!!(笑)

京都では8月後半から10月にかけてが本来のトマトの生育からしたら旬になるそうです。
通常トマトの旬は?と聞かれたら7月〜8月かな?と思いそうですが、実はトマトの苗にしてみたら京都の夏はちょっと暑すぎるのだとか・・・。

高原だとちょうどその頃が良いみたいなのですが、日本の暑い夏はちょっと厳しいらしく、調べてみるとやはり5〜6月頃と、9〜10月頃が旬だという事らしいです。

枝豆も、ビールと共に!という事でなんとなく人間に合わせた旬が夏場になるようです。もちろん、品種もあるだろうけど。
稲も本来は6月頃に植えるはずが少し早めのG.Wだから5月初旬に植えるのも大型連休で人手が足るからという理由らしいし、9月前半に刈ってしまうのも台風が来たら困るからという事で早く成長する種類があるらしい。
食べたい時期、育てたい時期などを人間の都合に合わせて『旬』を決められていたとは・・・。

知ってるようで知らない野菜の旬。本当にトマトはびっくりでした。

では、トマトの立場からした本当の旬のトマトの味ってどんなんだろう?ととても興味深いです。
先日、星野さんのトマトのリコピン数値が通常のトマトより高いらしいという話しをチラリと聞いたのですが、きっとそんな事にも影響が出てるはずですよね。

そんな星野さんの作っている今が旬!?のトマトの試食と家庭菜園で活かせるお話などもお聞かせ下さいます。私は、星野さんのトマトを使ってランチを作らせて頂きます。トマトは数種類あるようです。
ぜひ、ご参加くださいね☆


【日時】2014/10/18(土)11:00~12:30
【参加費】2500円(トマトの試食、ランチ付き)

とっても美味しいトマトをこの機会にぜひご賞味くださいね。
楽しみです。

お問い合わせ・ご予約は
honeyant02☆me.com
☆→@に変更して下さい。
星野さんのアドレス
astgreen※ares.eonet.ne.jp(※→@に換えて下さい)





[PR]

by honeyant | 2014-09-29 22:05 | W.Sなど | Comments(0)


<< 伊勢神宮その②      伊勢神宮その① >>